稀勢の里横綱昇進記念! 日本で走っていた珍しいオープンカーを大特集!

稀勢の里横綱昇進記念! 日本で走っていた珍しいオープンカーを大特集!

先月の大相撲初場所を制し、晴れて18年ぶりに日本人として横綱に昇進した茨城県出身力士の稀勢の里関。優勝パレードで彼が乗っていたクルマは、アウディ・A5カブリオレでした。今回は稀勢の里昇進記念と題して、昨年4月にも取り上げたオープンカーについて再び特集。今ではめったに見ることのできない珍しいモデルも紹介していきます。皆さんの記憶に残るオープンカーは何台あるでしょうか。

茨城県出身の新横綱、 稀勢の里 のプロフィール

稀勢の里photo by 江戸村のとくぞう(CC 表示-継承 4.0)

さて、まずは今回の主役である稀勢の里関のプロフィールについて見ていきましょう。彼は1986年7月3日に兵庫県芦屋市で生まれ、2歳の時に茨城県竜ケ崎市に転入しています。

幼少期から相撲が好きでテレビでよく見ていた一方、小学4年生から野球を始めており、キャッチャー(中学時代からはピッチャー)を務めていました。地元の強豪校である常総学院からの誘いもありましたが、中学卒業後は鳴門部屋に入門。

その後17歳9か月で十両に昇進、18歳3か月で新入幕を果たします。そして2011年には大関に昇進、2017年には念願の初優勝。待望の横綱の称号を手にしたのです。

優勝パレードで活躍した、アウディ・A5とは?

オープンカーphoto by 公式サイト

1月22日、大相撲初場所千秋楽。結びの一番で横綱白鵬関を下して優勝した稀勢の里関は、優勝パレードに臨みました。使用されたクルマは、アウディ・A5カブリオレ。実はアウディ車を日本で取り扱うアウディジャパンと日本相撲協会は深い関係にあり、2013年より優勝パレードにはA5カブリオレが用いられています。

これは相撲の本来持つ不屈のチャレンジ精神と、アウディが掲げる先進のブランドコンセプトが互いに共感したことで実現したコラボレーションということです。日本仕様のA5カブリオレは、本国ではオプション扱いとなる耐候性に優れたアコースティックソフトトップを標準装備。「TFSI」と呼ばれる直噴ターボエンジンに、ダイレクトなドライブフィールが魅力の7速Sトロニックを組み合わせ、優雅で力強い走りを実現しています。

まだまだこんなにある! 日本を走っていた オープンカー

前回の特集では比較的メジャーなオープンカーを取り上げていきましたが、まだまだ魅力的なオープンカーはたくさんあります。ここからは、そんな魅力にあふれたモデルをまとめてみました。中古車選びの参考にもいかがでしょうか。

軽自動車の本格スポーツ、スズキ・カプチーノ

photo by wikipedia

軽自動車のオープンカーとして、未だに人気の高いクルマがスズキ・カプチーノです。1991年に登場し、軽自動車初のダブルウィッシュボーンサスペンションが採用されて注目を集めました。また当時の軽乗用車としては珍しいFR方式とし、走りに振った軽自動車として多くのクルマ好きに好まれました。51:49という、理想的な前後重量配分も魅力です。

アメリカンテイストの強い、スズキ・カルタスコンバーチブル

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事