ポルシェ911の歴史と購入価格や評価について

ポルシェ911の歴史と購入価格や評価について
     
   

ポルシェ911の歴史

いまなお引き継がれる911の基本コンセプト

ドイツの偉大な技術者であるフェルディナント・ポルシェ博士が1930年に立ち上げたデザイン会社「PORSCHE」。

そのフラッグシップとして1964年に生産が開始されたスポーツカーであるポルシェ911は、21世紀となった現在もいまだに生産が続けられています。

フロントではなくリアにエンジンを搭載し、後輪を駆動させるというRR方式を初代モデルから一貫して守り続け、その基本コンセプトは7代目の現行モデルにも受け継がれています。

初代:1964-1974年(タイプ901)356の後継として誕生

ポルシェが自動車メーカーとして初めて生産したのは1948年に登場したポルシェ356ですが、こちらは2シーターだったため後席を確保するために新しく開発されたのがポルシェ911でした。911というのは開発時のコードネームで、そのままモデル名として今も使われています。

1963年のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアが行なわれると、早くも翌年には生産をスタート。

エンジンはフラット6と呼ばれる水平対向式の6気筒エンジンを搭載し、これも現在のモデルまで守り抜かれています。

初代モデルはもともとのコードネームだった数字にちなみ「タイプ901」と呼ばれ、356よりもボディ幅が狭かったことから「ナロー」という愛称もついています。

2代目:1974-1989年(タイプ930) 911初のターボモデルが登場

1973年にホモロゲーション用(グループ4)として台数限定で生産された911カレラRSは当時のスーパーカーブームと相まってたちまち人気を博し、日本では「ナナサン」と呼ばれ現在も高値で取引されるコレクターカーとなっています(日本に正規輸入されたのは14台のみ)。

その翌年にはアメリカの連邦自動車安全基準を満たすためにフロントとリアに巨大なビッグバンパーを装着。

これにともなってコードネームも新たに「タイプ930」となりますが、モデル名は「ポルシェ911」のままとなっています。

1973年のジュネーブショーでポルシェ911では初となる911ターボが発表され、翌々年には発売されています。1984年にはNAモデルに本来はレーシングモデルにしか使われない「カレラ」の名前が使われることになり、911カレラと911ターボがポルシェの2大モデルとなります。

3代目:1989-1993年(タイプ964)ポルシェ初の4輪駆動モデルが登場

人気のあった2代目ポルシェ911(タイプ930)の4輪駆動モデルとしてデビューしたのが、3代目となるポルシェ911(タイプ964)。

RR方式のモデルと区別して、2輪駆動を「カレラ2」4輪駆動を「カレラ4」と呼ぶことになります。

930の特徴だったビッグバンパーがなくなりスムージングされ、外見は大きく変化しましたが、実際は多くのパーツが930から流用されています。

964はまずカレラ4が先行して発売され、その後にNAモデルも964へ移行し、1991年には964のターボも登場しています。またこの964ではMTのほかにティプロトニックというセミAT機構を搭載したモデルも登場しています。

4代目:1993年-1998年(タイプ993)最後の空冷と呼ばれる隠れた名車

初代からこの4代目となるタイプ993まで、ポルシェ911は空冷エンジンを守り続けてきましたが、この後に登場するタイプ996以降はすべて空冷エンジンをためて水冷エンジンを採用することになります。

そのためタイプ993は別名「最後の空冷」と呼ばれ、ポルシェ911ファンからの熱い視線を集めています。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事