今、流行のダウンサイジング・ターボエンジン。その魅力を徹底分析!

今、流行のダウンサイジング・ターボエンジン。その魅力を徹底分析!

今や世界の潮流となっているエンジンのダウンサイジング。少なくなった排気量により、失ったパワ―を補うのがターボチャージャーによる過給とモーターパワーによるハイブリッドです。

国内ではダウンサイジングという言葉が出る以前に、ハイブリッドによる低燃費技術が普及していました。そのため、コンパクトカーからミドルサイズセダンやミニバンまで、ハイブリッド車が主流になっています。一方、海外ではダウンサイジングターボエンジンが主役となっており、日本とは異なるラインナップです。

このところ国内でも、海外市場向けのダウンサイジングされたターボエンジン車が発売されたり、新機種に搭載されたりしていますが、まだハイブリッドに取って代わるほどの支持は受けていないのが現状です。

そこで、あらためてダウンサイジングターボエンジンの良さと、同エンジンを搭載する国産車を紹介し、今なぜターボなのかを解説します。

トヨタ・オーリスの場合:これが日本市場の縮図だ

コンパクトハッチであり、1.2Lのターボ以外に、1.5L、1.8L、そしてハイブリッドというラインナップがあるオーリスは、ダウンサイジングターボエンジン車の現状を知る上で、絶好のモデルとなります。

トヨタ・オーリス120T 
車両本体価格:259万0037円
JC08モード燃費:19.4km/L

オーリス1.5L
車両本体価格:208万5382円~
JC08モード燃費:18.2km/L

オーリス1.8LRS
車両本体価格:246万0437円
JC08モード燃費:14.4km/L

オーリス ハイブリッド
車両本体価格:262万0473円~
JC08モード燃費:30.4km/L

2015年4月のマイナーチェンジにおいて、トヨタでは初となる1.2L直噴ターボエンジン「8NR-FTS型」を搭載した新グレード「120T」が追加新設。185N・mという1.8Lを上回る最大トルクを1,500~4,000rpmの幅広い回転域で発生させることができます。また、ターボエンジンの特性を引き出す新制御を採用したSuper CVT-iとの組み合わせなどにより、アクセル操作に対する瞬時のレスポンスや滑らかで爽快な走りと、JC08モード19.4km/Lの低燃費も実現しています。

1.8LのスポーツモデルであるRSをしのぐトルクを誇り、さらに1.5Lを上回る低燃費性能と、ダウンサイジングターボの利点であるパワフルな走りと低燃費を実現したスペックです。

しかし、問題はやはり価格。1.8L車との約14万円の差額は納得できても、1.5L車との約51万円の差額は、燃費の僅かな差ではとても許容できません。さらに、車両価格が262万円台からで、30.4㎞/Lの低燃費のハイブリッド車が追加設定されたことにより、その存在価値は1.8Lに取って代わるという限られたものになっています。

次ページ トヨタ・クラウンアスリートの場合:市場に受け入れられ、成功した事例

carteacher

ニュース・コラムカテゴリの最新記事