「Veni,Vidi,Vici(来た、見た、勝った)」、F1黎明期のホンダは世界とどう戦ったのか?

「Veni,Vidi,Vici(来た、見た、勝った)」、F1黎明期のホンダは世界とどう戦ったのか?
     
   

今シーズンのF1はヨーロッパラウンドを迎え、フェラーリvsメルセデスの一騎打ちの様相を早くも呈しています。そんな中、唯一の日本製エンジンとして気を吐くのがホンダです。ご存知のとおり、ホンダのF1活動には非常に長い歴史があります。そこで今回は、いわゆる「第一期(1964~1968年)」と呼ばれる時代にフォーカスして特集。日本人がまだよくF1というものを知らなかった時代、彼らはどのようにして戦ったのでしょうか。

 1960年代の F1 とはどんなものだったのか

ここでホンダのF1活動の話に入る前に、1960年代のF1全体の状況について見ておきましょう。いわゆるF1世界選手権は発足から10年以上が経過、マシンはクーパーによってもたらされた「ミッドシップ革命」を終えていた時期となります。空力性能が重視されつつあったのもこの時代で、ホンダ第一期の後期のマシンではその片鱗をうかがうことができます。しかし、何より大きな変革があったのはエンジンです。1961年から1.5L時代となりましたが、1966年にはすぐに3L規定に移行。この3L規定で猛威を振るったのが、現在も名機として語られるフォード・コスワースDFVエンジンとなります。これらのエンジンを搭載する英国のコンストラクターが勢力を増し、実力を蓄えていた……そんな時代でした。

 一方的な「婚約破棄」からの出発

マン島TTレース。1959年にこの国際的な二輪イベントに初参戦し、1961年には悲願の優勝を果たしたホンダ。すでに世界的な二輪メーカーとしての地位を確立しており、市販車ではスーパーカブが好調な販売を記録していました。誰もが四輪進出を信じていましたが、日本国内では自動車メーカーの新規参入を制限する「特振法」という壁が立ちはだかります。しかしホンダは四輪進出を目指すべく、さらに困難な道を選びます。それこそが「F1参戦」だったのです。

本田技術研究所は型落ちのクーパーT53を手に入れ、F1とは何かを学ぶことから始めました。エンジンは二輪で実績のあったマルチシリンダーとし、V型12気筒、しかもそれを横置きするという非常に斬新なアイデアでまとめられました。エンジンを搭載してもらえるコンストラクターはブラバム、クーパー、ロータスに絞られ、1963年の秋にはロータスに決まりかけていました。しかし1964年に入り、ロータスの創設者コーリン・チャップマンより「お付き合いできなくなった。あしからず」という電報が入り、事態は急変。一方的な「婚約破棄」を告げられたホンダは参戦を諦めるか、自社でシャシーをつくり参戦するかという選択を迫られましたが、結局は後者を選択。急きょ、シャシーの自社開発が始まりました。ちなみにチャップマンがホンダエンジンを断ったのは、コベントリー・クライマックスとのエンジン契約の関係があったからとされていますが、真相はわかっていません。

 【1964年】RA270、疾(はし)る。そして、スターティンググリッドへ

ホンダは1963年にはエンジンをすでに完成させており、次は走行テストを待つのみでした。クーパーT53を改良してテスト車両にする構想もありましたが、当時のホンダが持つ「隙あらば新しいことをやってみたい」という企業風土がそうさせたのか、シャシーを自前で製作してしまうのです。こうして出来上がったRA270は、荒川の河川敷にあったテストコースや当時出来上がったばかりの鈴鹿サーキットで精力的にテストをこなします。しかし前述のようにロータスから突然エンジン供給キャンセルの連絡が入ると、ホンダは自前でレース用シャシーを製作することを決意。RA270のデータをもとにして製作される予定だったRA271が、エンジンテスト用ではなく実戦用のシャシーとして設計されることになりました。

RA271のデビュー戦は、1964年8月に行われたドイツGP。その前月にはシェイクダウンをすでに済ませていたということなので、わずか5か月という超短期間で製作されたことになります。東洋の小さな島国から参戦したこのマシンは大きな注目を浴び、あのチャップマンさえも熱心に観察していたといわれています。

RA271は、この後も同年のイタリアGP、アメリカGPに参戦。オーバーヒートに悩まされますが、この3戦を通して対策の洗い出しに成功し、翌年に活かされることになります。

 【1965年】1.5L時代最後のレースでホンダ初優勝

わずか3レースの参戦、トラブル続出に終わった1964年の雪辱を果たすべく製作されたマシンがRA272です。1966年からは3L化が発表されていたため、RA271の改良版で臨むという位置づけでした。車重の低減、信頼性の向上などがメインテーマとなり、エンジンパワーも230hpへと引き上げられました。軽量化に貢献したのはエンジンで、構造材の変更(マグネシウム合金)などが図られています。また、この年大きく変わったのはドライバー体制でした。前年より起用していたロニー・バックナムに加え、開発能力に優れたリッチー・ギンサーを新たに迎え入れたのです。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事