ホンダの代名詞である軽自動車「Nシリーズ」の歴史と特徴を改めて振り返ろう!

ホンダの代名詞である軽自動車「Nシリーズ」の歴史と特徴を改めて振り返ろう!
[PR by Ibarakiken Honda cars]

もはや日本を代表する軽自動車と言っても過言ではないホンダ・N-BOXを始め、N-WGN、N-ONEといったユニークな軽自動車が勢揃いのホンダ・Nシリーズ。

今回はそんなNシリーズNシリーズのラインアップである3車種を改めて振り返るとともに、Nシリーズの歴史を辿っていきましょう。

性能と価格を両立した革新的ベストセラー、N360

Nシリーズの歴史は今から51年前、1967年に発売されたホンダ初の市販軽自動車N360から始まります。

当時の日本は東京オリンピック直後の好景気の時期。自動車はクーラー、カラーテレビとともに「新・三種の神器」と呼ばれ、一般家庭にとって憧れの電化製品でした。

そんな中で発売されたN360は、かわいらしい見た目を持ちつつも、FF駆動方式を採用して広い室内空間を確保。また当時としては高出力のエンジンを搭載するなど、革新的な性能を持ち、軽自動車らしからぬ高性能をウリに登場します。さらに、値段も一般家庭の手の届く価格に収まっており、高性能と廉価を両立したクルマとして一躍ベストセラーとなりました。

N360は1968年から5年間もの間、トップセールスを走り続けていましたが、1972年に残念ながら発売を終了。NシリーズもN-BOXまで途絶えることとなります。

Nシリーズの「N」って何の略?

carteacher

ニュース・コラムカテゴリの最新記事