規格外のインパクト・・・!世界のエクストリーム車が凄すぎた

規格外のインパクト・・・!世界のエクストリーム車が凄すぎた
     
   

皆さんは「エクストリーム車」と聞くと、どんな車を想像しますか?

エクストリームとは訳すと過激、極端、究極となります。今回はそんなエクストリームと呼ぶにふさわしいクルマ12種をまとめてご紹介します。

ブガッティ シロン

まずは超高級車メーカーとして名高いブガッティから。世界最速の市販車として一世を風靡したヴェイロン、その後継車種としてさらに過激なパフォーマンスを手に入れたブガッティ シロンは、世界最速の市販車となるべくして誕生が予定されています。

ブガッティ ヴェイロン

%e3%83%96%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%83%b3

photo by M93(CC BY 3.0)

ブガッティ シロン

%e3%83%96%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3-%e3%82%b7%e3%83%ad%e3%83%b3

photo by carscoops

1,500馬力を発生させるエンジンによりその0-100加速は2.5秒未満、最高速は420kmにも達します。価格は世界最速の市販車にふさわしく3億円!エクストリームと呼ぶにふさわしい究極の市販車です。

ランボルギーニ ウルス

エクストリームという単語には、どんな悪路でも走破できるという意味合いが含まれていることも。悪路走破性も考えるなら、ランボルギーニが送り出す高級SUVウルスはエクストリーム車と呼ぶのにふさわしい車ではないでしょうか。

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%83%8b-%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%82%b9

photo by AUTOCAR

スーパーカーをそのままリフトアップしてSUVに仕立てたようなデザインは、SUVから想像できるイメージとはあまりにかけ離れています。最高出力600馬力のV8ハイブリッドエンジンを搭載し、スペックもランボルギーニらしい過激な内容です。

G63AMG 6×6

悪路走破性に特化した市販モデルなら、メルセデスベンツのG63AMG 6×6は外せないでしょう。なんといってもその特徴は6WD 、つまり6輪もタイヤがついているのです。

g63amg-6x6

photo by Milhouse35(CC BY 3.0)

備えたデフロックはなんと5つ、全長が約6メートルにもなる、まさにエクストリームな1台です。アジア地区では日本のみ5台限定でデリバリー、約8,000万円で販売されたスペシャルモデルです。

メルセデスベンツ  CLK-GTR

1990年代のレースには「レース仕様車以外に、市販用ロードカーを1台生産すれば公認を与える」というレギュレーションが存在し、レースの優勝を目指す各自動車メーカーからはほとんどレースカーそのままの市販車が限定販売されました。CLK-GTRもそんなレギュレーションから生まれたスペシャルモデルの1つ、1997年のFIA-GT選手権へ参戦するために25台だけ生産されました。

%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%84-clk-gtr

photo by Simon Davison(CC BY 2.0)

612馬力を発生する6.9L V12エンジンをレースカーそのままに見えるボディに搭載し、価格は2億5,000万円。レースに勝つために生み出されたという販売経緯も含め、エクストリームにふさわしい車です。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事