2017年7月度新車販売台数ランキングを読み解く

2017年7月度新車販売台数ランキングを読み解く
     
   

自販連(日本自動車販売協会連合会)と軽自協(全国軽自動車協会連合会)は今月5日、7月度の新車販売台数ランキングを発表しました。そこで、その結果から見えてくる各車の動向を読み解いていきましょう。

それによると、7月の車名別国内新車販売台数は、ホンダのN-BOXが前年同月比11.4%増の14,5031台で4カ月ぶりの首位。フルモデルチェンジの情報がすでに出回っているのにもかかわらず、いまだに好調な販売を続けています。

日産自動車のノートが12,431台で2位、3位も12,137台 で日産の「デイズ」となり、日産車の好調ぶりが目立つ結果となりました。4位はトヨタのプリウスですが56.9%減の102,057台にとどまり、5位は同じくトヨタのアクアでやはり23.8%減の 12,005台と低迷。6位には、6月にマイナーチェンジされたホンダのフィットが 11,908台で久々のベスト10入りをはたしました。

新車販売台数ベスト10

順位 車名 メーカー 当月台数(台) 前年比(%)
1 N-BOX ホンダ 14,503 111.4
2 ノート 日産 12,431 128.0
3 デイズ 日産 12,137 161.4 
4 プリウス トヨタ 12,057 43.1
5 アクア トヨタ 12,005 76.2
6 フィット ホンダ 11,908 124.1
7 タント ダイハツ 11,710 91.6
8 ミラ ダイハツ 11,670 194.9
9 ワゴンR スズキ 10,609 152.2
10 ムーヴ ダイハツ 9,735 136.8 

登録乗用車 ノート4か月ぶりの首位

photo by 日産自動車株式会社
トップは2017年3月以来の日産ノート。6月、7月と、各車のマイナーチェンジが相次ぎ、それぞれ順位を上げていますが、ノートは順位が変動しながらも、「e-POWER」の評価が浸透してきた結果、前月比、前年比とも確実に上げ、プリウスやアクアの失速もあって首位に返り咲いたことになります。

ラインナップを充実させたアクアやフェイスリフトを果たしたフィットなど、相変わらず激戦となっているコンパクトカークラスでは、不振が続いていたフィットがマイナーチェンジ後に販売台数を大きく伸ばし、アクアに僅差までせまっています。マイナーチェンジでは見た目の変化は少ないものの、「ホンダセンシング」に代表される安全性能を充実したことをユーザーに訴求した結果の好成績になりました。

この安全性能を充実させて販売が好調に転じた例としては、SUBARUのインプレッサやマツダのCX-3が同じように台数を伸ばしています。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事