日産自動車、EVのバッテリーを再利用する新たなプロジェクト「THE REBORN LIGHT」をスタート!

日産自動車、EVのバッテリーを再利用する新たなプロジェクト「THE REBORN LIGHT」をスタート!

2018年3月22日に日産自動車は、電気自動車である日産『リーフ』のバッテリーを再利用して製作された外灯を設置するプロジェクトを発表しました。

車に使われているバッテリーが再利用されて作られた外灯は、東日本大震災の被害にあった福島県浪江町に設置されます。

ソーラーパネルと使用済みバッテリーで作られた外灯は、非常に画期的で注目を集めています。

では、このプロジェクトは一体どのようなものなのか、日産・リーフの歴史ととものご紹介します。

THE REBORN LIGHTプロジェクットってなに?

日産自動車とその関連会社である「フォーアールエナジー株式会社」が協力して行われるプロジェクトです。

これは、電気自動車である日産・リーフの使用済みバッテリーを使い、外灯を作ります。

今後、世界的にも電気自動車が主流になると言われており、現在ある車の多くは電気自動車へシフトしていきます。

これに伴って、車のバッテリーも多く生産され、消費されていくこととなってしまいます。

大量に生産されたバッテリーは、大量に消費され、廃棄されることで直面する大きな問題が「バッテリーの大量廃棄」です。

使用済みのバッテリーを外灯に再利用することで、大量廃棄問題を解決することが可能となり、今回のプロジェクトが発足されました。

carteacher

ニュース・コラムカテゴリの最新記事