トヨタが2019年から国内で定額乗り換えサービス、カーシェア事業をスタート!?英BMWや北米レクサスも導入するサブスクリプション方式とは?

トヨタが2019年から国内で定額乗り換えサービス、カーシェア事業をスタート!?英BMWや北米レクサスも導入するサブスクリプション方式とは?
     
   

出典元:https://www.photo-ac.com/

トヨタが2019年から導入する定額乗り換えサービス、カーシェア事業とは?

出典元:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

定額乗り換えサービスKINTO(キント)

従来のマイカーの導入手段としては現金一括購入かオートローンを利用しての購入、というのが一般的でした。

ところが近年ではカーリースやカーシェアなど、クルマを所有するのではない新しい活用方法が注目されるようになってきています。

その流れを象徴するのが、2019年にトヨタが開始する個人向け愛車サブスクリプションサービスのKINTOです。これはクルマに関する各種税金や保険料の支払い、メンテナンスなどの手続きをパッケージにした月額料金で好きなクルマを自由に楽しめるというサービス。

どの車種が利用できるのか、レクサスは含まれるのか、何車種までOKなのかといった詳細はこれから発表されるようですが、KINTOの導入はこれからの車の在り方に一石を投じることになるのは間違いなさそうです。

都内の直営店で試乗車をカーシェア

またトヨタは2019年の春ごろにはカーシェア事業を始めることも発表しています。これは2019年の4月にトヨタ東京販売ホールディングスと都内の販売会社4社(東京トヨタ自動車、トヨタ東京カローラ、東京トヨペット、ネッツトヨタ東京)との合併を機に新サービスとして開始されるようです。

カーシェア事業には試乗車を活用。試乗車は週末にニーズが集中し、平日はあまり稼働していない傾向があるそうで、全国の販売店で約4万台ある試乗車をカーシェア事業に流用するということです。

斬新な考えだとは思いますが、ということは今後平日に試乗しに行っても試乗車は出払っている……ということもあり得るのかもしれませんね。そうなると逆に販売のチャンスを逃してしまうのでは、と心配してしまいますがそのあたりは何らかの対策を立てているのでしょう。

現在では予約なしで試乗できるディーラーがほとんどですが、今後こうしたサービスが浸透していくと新車購入時の試乗は予約必須、という時代になっていくのかもしれませんね。

海外で導入が相次ぐサブスクリプション方式とは?

サブスクリプション方式とは?

”サブスクリプション”とは、もともとは英語で「予約購読(年間購読)」を意味する言葉です。そこから派生して特定の”モノ”を所有するのではなく、利用期間に応じた金額を支払う方式のことを指すようになりました。

皆さんに良く馴染みのあるサブスクリプション方式のサービスといえば動画配信サービスのHuluや音楽配信サービスのSpotifyなどがありますね。どちらのサービスも一定の月額使用料を支払えば見放題、聴き放題になるサービスです。

こういったサービスが登場するまではソフトごとにその代金を支払い購入、すなわち所有しなければなりませんでした。HuluやSpotifyなどのサブスクリプションサービスでは所有ではなく”利用”するという新しいモノの導入方式です。

近年あらゆる業界でこのサブスクリプション方式が導入されるようになってきつつあり、従来からのモノの在り方についての考え方に変化が訪れているといえるでしょう。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事