真のサーキットの狼だった!ホンダ・シビック タイプR、FF最速ラップを更新の実力に迫る!

真のサーキットの狼だった!ホンダ・シビック タイプR、FF最速ラップを更新の実力に迫る!
     
   

出典元:https://hondanews.eu/eu/en/cars/search/results?searchtype=0&searchtext=type%2Br%2Bchallenge%2B2018&status=0&searchbydate=0&sortby=0

真のサーキットの狼だった!ホンダ・シビック タイプR、FF最速ラップを更新の実力に迫る!

出典元:https://hondanews.eu/eu/en/cars/search/results?searchtype=0&searchtext=type%2Br%2Bchallenge%2B2018&status=0&searchbydate=0&sortby=0

昨年2017年の9月にシビックが再び日本に登場しました。初代シビックは1972年に登場、ホンダの基幹車種として人気を博していましたが2010年、惜しまれながらも日本での販売を終了します

7年の時を経て再び日本に蘇ったシビックは大きな話題となりましたね。ホンダファンにとっては感慨深い出来事であったのではないでしょうか。

そのシビックの中でも高い人気を誇るのがタイプR。タイプRはホンダ車のスポーツモデルの最上級グレードに与えられる名称で、ホンダの象徴ともいえる存在でもあります。

シビックにおいても、2010年の日本販売終了後もタイプRのみが限定販売されてきました。

シビック タイプRの登場は1997年。シビックシリーズの登場から25年後のことになります。新型はタイプRとしては5代目。先代の販売終了から約1年半後、満を持しての登場となりました。

新型シビック タイプRは新開発された2.0L直4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し最大出力は320ps、最大トルクは400Nm。0-100㎞/h加速は5.7秒というエンジンスペックです。

「タイプRチャレンジ2018」は、ホンダのシビックタイプRの実力を世に示すべく欧州にある有名サーキットでタイムアタックを繰り広げたもの。先代シビック タイプRが残した記録の更新に挑みました。

フランスのマニクールサーキット

出典元:https://hondanews.eu/eu/en/cars/search/results?searchtype=0&searchtext=type%2Br%2Bchallenge%2B2018&status=0&searchbydate=0&sortby=0

まず最初に行われたのはフランスにあるマニクール・サーキット。全長4,411m 、1991年から2008年まではF1フランスグランプリがこのサーキットで開催されていました。

あのミヒャエル・シューマッハがこのコースで8勝を上げており、彼のF1キャリアの中で最も勝ったコースでもあります。

このコースのドライバーを担当したのはエステバン・グエリエリ選手。彼はWTCRで活躍しています。

今回のタイムアタックで叩き出したラップタイムは2分01秒51、先代のシビック タイプRのタイム5秒も短縮した形になりました。

市販FF車最速をマーク、シビック タイプRの誇りは守られました。

ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキット

出典元:https://hondanews.eu/eu/en/cars/search/results?searchtype=0&searchtext=type%2Br%2Bchallenge%2B2018&status=0&searchbydate=0&sortby=0

第1戦の興奮も冷めやらぬままに突入した第2戦は、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットでの開催となりました。

運転するのはスーパーGTで活躍するベルギー人ドライバー、ベルトラン・バケット選手です。

全長7,000m超とずば抜けて長いコースが特徴。激しいアップダウン、高速コーナーが連続する上天候が変わりやすく、難コースとしても有名です。

その歴史は古く、1924年には第1回スパ24時間レースが開催されました。

タイムは2分53秒72。ここでも先代の記録を3秒以上も上回り堂々とした記録を残しています。

イギリスのシルバーストンサーキット

出典元:https://hondanews.eu/eu/en/cars/search/results?searchtype=0&searchtext=type%2Br%2Bchallenge%2B2018&status=0&searchbydate=0&sortby=0

第3戦はイギリス・シルバーストン・サーキットにて行われました。

第二次世界大戦ではイギリス空軍の飛行場として使用されていた場所に設置され、滑走路がそのままコースとして使用されています。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事