fbpx

ビート・カプチーノ・AZ-1、当時特徴的だった軽スポーツ紹介

ビート・カプチーノ・AZ-1、当時特徴的だった軽スポーツ紹介
     
   

1990年代の初めごろに、ほぼ同時に登場した軽自動車規格スポーツカーといえば、「ホンダ・ビート」、「スズキ・カプチーノ」、「マツダ・AZ-1」ではないでしょうか。この3モデルは、軽スポーツカーとして旋回性が良くキビキビ走るのを特徴にしています。それぞれの個性が活かされたスタイルや設計は、当時の各メーカーの持っている技術をふんだんに盛り込んでいるといえます。ここでは、当時の最高技術を盛り込んだ3モデルをご紹介していきます。

①ホンダ・ビート

引用:https://www.honda.co.jp/hondafan/meisha/

発売開始 1991年5月

ビートは、軽自動車初のミッドシップレイアウトを採用したモデルです。これに2シーター・フルオープンボディを採用し、スポーティに仕上げています。エクステリアや内装は、キュートな雰囲気に仕上げていますが、パワートレインはスポーツ走行に適した仕様になっています。

パワートレインは、新開発された水冷直列3気筒SOHC12バルブエンジンを搭載し、最高出力は64psとなっています。このエンジンは、F1からフィードバックされた多連スロットルが搭載され、シャープで切れのあるレスポンスが魅力です。

サスペンションは、4輪独立ストラット方式を採用しています。ブレーキシステムは、軽自動車では初めてとなる4輪ディスクブレーキを搭載し、ブレーキ性能をアップすることで走行性能も上がるシステムです。

SRSエアバックやサイドインパクトビームが採用され走行性能を向上させただけでなく、安全面の装備もアップさせています。

主要諸元等

  • ボディサイズ 全長×全幅×全高(㎜)= 3,295×1,395×1,175(㎜)
  • 乗員定員 2名
  • 型式 E-PP1
  • エンジン型式 E07A
  • 最高出力 64ps/8100rpm
  • エンジン種別 水冷直列3気筒SOHC12バルブ 656㏄
  • タイヤサイズ フロント155/65R13・リア165/60R14
  • 発売当初の車両価格 1,388,000円

ホンダ・ビートは、当時の軽自動車では初採用の装備が盛り沢山で、さらにミッドシップエンジンリア駆動のスポーツカーであるといえます。

②スズキ・カプチーノ

引用:https://www.suzuki.co.jp/about/museum/1990s/

販売開始 1991年11月

軽自動車規格の範囲で、フロントエンジンリアドライブを採用した軽スポーツカーです。パワートレインは、当時アルトワークスに搭載されたF6A型水冷直列三気筒3DOHCインタークーラーターボエンジンを搭載し、最高出力は64psです。エンジンは、縦置きを採用しフロントアクスルよりも内側にインストールしたことで重量配分を最適な50対50に近づく51対49になっています。

サスペンション形式は、軽自動車で初となる4輪ダブルウィッシュボーンが搭載されています。サスペンションの形状やボディ剛性確保のために、車内容積は、非常に少ない状況であると表現されたこともあったようです。

ルーフは、3ピース構成で脱着可能となっているのが特徴です。フルオープン、タルガトップ、Tトップの3ルーフ形状を楽しむことができます。車内容積が少ない分、ルーフ構成で楽しむことを可能にしたともいえるでしょう。

主要諸元等

  • ボディサイズ 全長×全幅×全高(㎜)=3,295×1,395×1,185(㎜)
  • 乗員定員 2名
  • 型式 E-EA11R
  • エンジン型式 F6A
  • 最高出力 64ps/6500rpm
  • エンジン種別 水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ 657㏄
  • タイヤサイズ フロント165/65R14・リア165/65R14
  • 販売当時の車両価格 1,458,000円

スズキ・カプチーノは、軽ピュアスポーツとして誕生したのではないでしょうか。縦置きエンジンのFRレイアウトという軽規格ではなかなか難しい方式と、軽自動車初の4輪ダブルウィッシュボーンのサスペンションなどがピュアスポーツをさらにアピールしています。

③マツダ(オートザム)・AZ1

引用:https://www2.mazda.com/ja/100th/

販売開始 1992年10月

AZ-1は、当時マツダが多チャンネル化した時代に生まれたモデルです。マツダのチャンネルの中で、オートザム系列で販売されています。1989年に開催された東京モーターショーで出展されたAZ550 スポーツを市販化したモデルです。

AZ-1最大の特徴は、軽自動車で唯一となるガルウィングドアを採用している点です。スポーツカーをエクステリアデザインで演出しています。外装パネルをFRPで作成することで軽量化も達成させています。

パワートレインは、スズキからエンジンをOEM供給を受けています。これをミッドシップにマウントする方式にすることでスポーツ性能を高めてた仕様です。スズキは、あくまでもエンジンだけを供給し、開発はマツダ(オートザム)で行っています。後にスズキは、このAZ-1をOEMで供給を受けています(車名は、キャラ)。

主要諸元等

  • ボディサイズ 全長×全幅×全高(㎜)=3,295×1,395×1,150㎜
  • 乗員定員 2名
  • 型式 E-PG6SA
  • エンジン型式 F6A
  • 最高出力 64ps/6500rpm
  • エンジン種別 水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ 657㏄
  • タイヤサイズ フロント155/65R13・リア155/65R13
  • 販売当時の車両価格 1,498,000円

まとめ

ビート・カプチーノ・AZ-1、当時特徴的だった軽スポーツ紹介をまとめると

  • 3メーカーが、軽初の装備を各モデルに与えた特徴のあるスポーツカー達です。
  • 居住空間は狭いですが、軽自動車規格に多くのスポーツマインドが盛り込まれています。

現在、ダイハツコペンやホンダS660などの軽スポーツモデルが販売されています。これらの先駆けとなったのが、ビート、カプチーノ、AZ-1であるといえます。これから軽スポーツカーが豊富に設定されても面白いのではないでしょうか。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事