東京モーターフェスで歴代CTRを展示したルーフ(RUF)!オリジナルボディとなったCTR2017や最新コンプリートカーを紹介!

東京モーターフェスで歴代CTRを展示したルーフ(RUF)!オリジナルボディとなったCTR2017や最新コンプリートカーを紹介!
     
   

出典元:https://www.ruf-web.co.jp/com/ctr2017/

ルーフ(RUF)とは?

出典元:https://www.ruf-web.co.jp/

ルーフとはポルシェの車両をベースにしてルーフならではの独自の車両づくりを行うメーカーです。ただのチューンナップメーカーとは違い、外見はポルシェでもパワートレインやその他の中身はルーフ独自のパーツ、技術で仕上げられ、全くポルシェとは異なる車に仕上がっているのが特徴です。

ドイツでは自動車工業会に所属が認められています。1939年に創業、来年で創業80年を迎える歴史あるメーカーです。

【全国OK!】どんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

フラッグシップモデルとなる歴代ルーフ・CTR

930カレラをベースにフェラーリF40の最高速記録を破った初代CTR

出典元:https://rufautomobiles.com/portfolio/ctr-1987/

CTRはカレラ・ターボ・ルーフの頭文字。その名の通り930型のポルシェ911カレラをベースに開発されたモデルです。

1987年に登場。プロトタイプが鮮やかなイエローだったため、イエローバードと呼ばれるようになったようです。

当時史上最速市販車であったフェラーリ・F40の最速記録を塗り替え、339.8㎞/hを記録。一躍ルーフの名を世界中に知らしめたモデルです。

ニュルブルクリング北コースでも当時のラップレコードを何度か更新しているということです。

993ターボをベースに350km/h以上の最高速を誇るCTR2

出典元:https://rufautomobiles.com/car-design/

1995年に登場したのが933型911ターボをベースに使用した2代目CTRのCTR2です。

3.6L空冷式水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力527ps、最大トルク685Nmを発揮します。最高速度は約354km/hを誇り、1995年当時このCTR2は世界で最も早い量産車でした。0-100㎞/h加速は約3.6秒。

今から20年以上前の技術でこの性能です。ルーフの技術力はかなりのものであることが窺えますね。

997/991ベースに独自開発エンジンをミッドシップに搭載したCTR3

ニュース・コラムカテゴリの最新記事