新型ポルシェ・911カレラがついに公開!8代目となる992型のカレラSは450馬力、モデルコード別の歴代モデルのスペックをおさらい!

新型ポルシェ・911カレラがついに公開!8代目となる992型のカレラSは450馬力、モデルコード別の歴代モデルのスペックをおさらい!
     
   

出典元:https://www.porsche.com/international/aboutporsche/pressreleases/pag/?pool=international-de&id=521012

ポルシェ・911(992型)カレラがついに公開!新型の特徴やスペックは?

出典元:https://www.porsche.com/international/aboutporsche/pressreleases/pag/?pool=international-de&id=521012

水平対向6気筒ターボエンジンはパワーアップ

ポルシェの不動のフラッグシップモデルとして君臨する911。その最新型となる第8世代の911(992型)が2018年11月のロサンゼルスオートショーで披露されました。現行モデルとなる第7世代(991型)の登場が2011年ですから、7年ぶりの新型となりますね。

911は非常に豊かなバリエーションを誇るモデルですが、まず先陣を切って登場したのはカレラSとカレラ4S

搭載されるエンジンは先代と同じ3.0L水平対向6気筒ターボエンジンをさらにパワーアップしたものになっており、最高出力は先代モデルから30psアップの450ps、最大トルクはこれも先代モデルから30Nmアップの530Nm。

トランスミッションも新開発となる8速のデュアルクラッチ式が採用され、0-100㎞加速はカレラSで3.6秒、カレラ4Sで3.7秒を叩き出します。

オプションに用意されたスポーツクロノパッケージを搭載すると、従来よりも速くなったこの新型911の加速タイムをさらに0.2秒短縮することも可能ということ。

とことんまで新型911のパフォーマンスを突き詰めてみたい方は、装着してみてはいかがでしょうか。

アルミニウムを主に採用した軽量・ワイドボディ

新型911のフロント・リアセクションを除くボディにはアルミニウムが採用され、従来モデルよりも軽量化されました。フロントは45㎜ワイドになり、これまで以上に安定感を感じさせる仕上がりになっています。

エクステリアで目を引くのはワイルドなホイールアーチ。そしてフロントは20インチ、リアは21インチと異径ホイールの採用となりました。

大型センタースクリーン搭載で内装デザインは一新

出典元:https://www.porsche.com/international/aboutporsche/pressreleases/pag/?pool=international-de&id=521012

インテリアは1970年代の911を彷彿とさせる意匠ながらも最新の技術を搭載し、現代的なものへと進化しました。

ダッシュボードには標準装備されている最新のインフォテイメントシステム「ポルシェ・コミュニケーション・マネジメントシステム」(PCM)の為の10.9インチの大型タッチスクリーンを搭載

新世代のコックピットとなり、使いやすさとデザイン性を兼ね備えた洗練されたインテリアとなっています。

ウェットモードを標準搭載、オプションの先進安全装備も拡充

また今回の新型911には、世界初となる新開発のウェットモードを標準搭載しています。これは路面の水をシステムが検知し、その結果に基づいてコントロールシステムを調整してドライバーに注意喚起し、ドライバーはスイッチの操作によって安全な設定へと切り替えることが可能になるシステムです。

歩行者などの動く物体の衝突の危険を察知して警告するウォーニング、また必要な場合には非常ブレーキを作動させるブレーキアシストシステムも標準装備されます。

オプションでは、スタート/ストップ機能やリバーシブルオキュパントプロテクション、自動エマージェンシーアシスト機能、オートマチックディスタンスコントロールを含む最新式のアダプティブクルーズコントロールや、911では初となる熱感知カメラを使用したナイトビジョンアシストなど、充実した安全装備が揃います。

歴代ポルシェ・911のモデルコード別のベーシックモデルの進化をたどる!【空冷エンジン編】

911/911S(901型ナロー)のスペック

新車情報カテゴリの最新記事