これで安心! 冬場にありがちな自動車トラブル回避法、教えます

これで安心! 冬場にありがちな自動車トラブル回避法、教えます

いよいよ冬本番。年末年始の準備などで慌ただしくなる時期ですが、クルマのコンディションは気にしていますか?私たち同様、クルマも冬支度が必要です。ここでは、冬にありがちなクルマのトラブルと、その対処法についてまとめていきます。「タイヤはもう交換したから、大丈夫だよ」という方も、今一度抜けがないか見ていきましょう。特にこの冬帰省や旅行をクルマでなさる方は、クルマのセルフチェックはマストです。ここでしっかりマスターしてくださいね。

最低限タイヤは交換しておこう

クルマの冬用装備といって真っ先に思い浮かぶのが、タイヤではないでしょうか。スタッドレスタイヤなどを代表する冬用タイヤは、柔らかいゴムが凍った路面に密着することで駆動力を生み出しています。また、細かい「サイプ」と呼ばれる溝で水の膜をかき出す役割も持っているのが特徴です。いずれも夏用タイヤにはない機能ですので、降雪地帯を走る場合は必ずスタッドレスタイヤに交換してから出かけるようにしましょう。

冬場の道路の渋滞を作り出す原因の上位は、ほとんどと言っていいほどこのタイヤ交換を怠っていたことによる車両の立ち往生です。ほかのクルマに迷惑をかけないためにも、最低限のマナーとして守って頂きたいと思います。

冬用タイヤにも賞味期限があります

ではスタッドレスタイヤなら大丈夫なのか、というと必ずしもそうではなく、もしかしたらそのタイヤ、賞味期限が過ぎているかもしれません。極端に溝が減っていたり、接地面のゴムが硬くなっていたり、ひび割れていたら冬用タイヤとしての機能を発揮することはできません。交換する前に何シーズン使ったか、残り溝は大丈夫か(新品時から50%以上摩耗すると冬用タイヤとしての機能がなくなり、使用限界となります)などを確認しておきましょう。もちろん空気圧の点検は、夏タイヤと同じく月に一度が基本です。

エンジンがかからない! この部品は特に重要

凍てつくような寒い朝。いつものようにエンジンをかけようとキーをひねったり、スターターボタンを押してもクルマはウンともスンともいわない…こんな時は、バッテリーの調子を疑ってみましょう。気温が低くなるとエンジンオイルが硬くなるため、スターターなどに負担がかかり、始動に夏以上の力を必要とします。仮に新品のバッテリーでも常温時の始動性を100とする場合、外気温が0度になると80、マイナス20度になると50まで低下してしまいます。古いバッテリーだと、さらに始動性が下がるのは容易に想像がつきますね。

簡単にできる! バッテリーのチェック方法とは?

ニュース・コラムカテゴリの最新記事