【今さら聞けないクルマの基礎知識】タイヤにはどんな種類がある?サイズ表示の見方や交換する際は何を基準に選べばよい?

【今さら聞けないクルマの基礎知識】タイヤにはどんな種類がある?サイズ表示の見方や交換する際は何を基準に選べばよい?

出典元:https://www.photo-ac.com

タイヤの種類はどんなものがある?サマータイヤは夏に履くタイヤ?

出典元:https://www.photo-ac.com

ラジアルタイヤ(サマータイヤ)

通常使用している一般的なタイヤがラジアルタイヤ、またの名をサマータイヤといいます。

これは冬場によく使用される冬用タイヤに対してサマータイヤといわれるのであり夏限定でしか使用しない、というわけではありません。

現在では多くの乗用車にこのラジアルタイヤが使用されています。

冬場でも雪が積もることはほとんどないような地域に住んでいる場合は一年中このラジアルタイヤで過ごすことも可能です。その性質上ノーマルタイヤと呼ばれることもあります。

操縦性や安定性、耐摩耗性や燃費性能など、非常にバランスの取れたタイヤです。

スタッドレスタイヤ

今では冬用タイヤの代名詞となったスタッドレスタイヤですが、少し前まではスパイクタイヤという種類のタイヤが冬用タイヤとしては主流でした。

タイヤの表面にスタッドをつけて雪道での走行性能をアップさせるといった仕組みのものでした。

地面のアスファルトなども削り取ってしまい粉塵公害の原因になるとして現在では法律によって規制されています。

その他に雪道を走る手段としては通常のタイヤにチェーンを巻くという方法が一般的でした。

しかし冬場のチェーン装着作用は寒さで辛い上、それなりに手間もかかり慣れてない方は戸惑ってしまうという問題点もありました。

そこで開発されたのがスタッドレスタイヤです。研究されたタイヤ素材と特殊な溝の構造で低温下においてもゴムのしなやかさを失わず、路面とタイヤを密着させるよう働きます。

またスリップの原因となる水膜にとらわれないよう工夫が施されました。

ただしスタッドレスタイヤは雪道に万能というわけではなく、かなりの深い雪になるとやはりチェーンが必要となります。過信せずに使用することも大切です。

オールシーズンタイヤ

サマータイヤと冬用タイヤの中間に位置する構造を持つタイヤで、軽い雪道から真夏まで一年を通して季節を問わず使用できることからこの名がつけられました。

タイヤの素材は雪道にも対応できるようにサマータイヤよりもしなやかな素材が用いられているため、逆に夏場においては燃費性能などで劣ってしまう面もあります。

またサマータイヤでは対応できない雪道にも使用できますがスタッドレスほどの性能はないので、路面が凍結した状態では走行できません。スリップの可能性があり非常に危険です。

オールシーズンタイヤで雪道を走る際は注意深く路面の状態を観察し、慎重に運転することが求められます。

一年を通して使用できると聞けばタイヤを変える手間が省けて確かに楽ですが、タイヤの特性をしっかりと理解して使用しないと危険を伴う可能性もあります。

日本は四季がはっきりしているので現在ではそれほど普及していないようですが、海外での需要は一定量あるようです。

オールテレーンタイヤ

これまでのタイヤは季節に合わせてのものでしたが、このオールテレーンタイヤは路面の状況に着目したタイヤです。

近年主流になりつつあるSUVやクロスカントリー車などに用いられ、オフロードでの走行を念頭に置きながらも一般道でもある程度快適に走ることも視野に入れて開発されています。

オフローダーなどに使用される悪路走破性をより高めたマッドテレーンやさらにそれに雪道での走行も可能にしたタイプもあります。

carteacher

カスタム&パーツカテゴリの最新記事