USDM・JDM仕様で乗りたいちょい古なホンダ車10選!USDM・JDM仕様のカスタム事例をピックアップ!

USDM・JDM仕様で乗りたいちょい古なホンダ車10選!USDM・JDM仕様のカスタム事例をピックアップ!
     
   

出典元:http://motorbikes-passion.info

そもそもUSDM・JDMとは?

USDMカスタム

出典元:https://www.stancenation.com

USDMとは、United States Domestic Market(ユナイテッド・ステイツ・ドメスティック・マーケット)の略。米国の国内市場のことです。

北米仕様の車両をそのまま並行輸入したり、現地で供給されている純正部品やアフターマーケットのパーツを取り寄せて愛車をドレスアップするのがUSDMカスタム。日本車をカスタムベースにする場合も、北米で一般的に流通している車種が主な対象となります。

具体的なカスタムの方向性は、ローライダーやラグジュアリー、スポーツコンパクト(スポコン)といったもの。目につきやすい前後バンパー灯火類はもちろん、ドアミラーエンブレム類、さらにはサイドモールサンバイザーといった細かいパーツの仕様にこだわる愛好者も少なくありません。

JDMカスタム

出典元:https://wallpaper-house.com

JDMは、Japanese Domestic Marketの略。日本国内で流通している車両や純正部品、アフターマーケットパーツがカスタムの対象になります。

海外で「日本の走り屋」風のスタイルを模すのがJDMカスタムの主流。近年はドリフトマシンのようなビジュアル、セッティングを施している例も目立つことから、日本生まれのモータースポーツで北米でも開催されているD1グランプリの影響が見られます。

主役はホンダ車!

アキュラの存在

出典元:https://www.as-web.jp

1973年に輸出開始したシビックで米国市場に食い込んだホンダは1982年、日本車メーカーでいち早く現地生産を始めます。1986年からは米国で高級車ブランドのACURA(アキュラ)を展開し、インテグラレジェンドを販売。その優れた性能と上級かつタフな品質は、モータリゼーション大国の人々の心をつかみました。

F1GPをはじめ、世界のレースでも活躍するホンダ、アキュラ。北米では1990年、世界の高級スポーツカーと肩を並べるNSXをアキュラブランドでリリース。ホンダ、アキュラは北米で特別な存在感を持つ日本車ブランドとして定着しました。

日本未導入が生んだ日本人の憧れ

アキュラはホンダのブランドでありながら、日本国内では展開されていません。その希少性が、日本人にアキュラへの憧れを抱かせたのは確か。日本のホンダ車ユーザーの中に、愛車の「H」マークのエンブレムをアキュラのものに付け替える例が見受けられるのも納得できます。

映画「ワイルドスピード」のインパクト

日本車のスポーツコンパクトが続々

出典元:https://bizamurai.com

2001年に初公開された米国映画「ワイルドスピード」では、数多くの日本車が登場します。とりわけ第1作では、当時流行したスポーツコンパクト(スポコン)に属する車種が目白押しです。

現地生産の歴史の長さもあり、北米の多くの若者にとって最もポピュラーな日本車ブランドといえばホンダ。「ワイルドスピード」に登場する日本車で目立ったのも、やはりホンダのスポコンでした。S2000、インテグラ、シビック、シビッククーペアコードといったカスタムカーが、スクリーンを彩っています。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事