fbpx

オイルフィルターの交換はどれぐらいで必要?サイズの適合確認方法や交換費用、おすすめのメーカーは?

オイルフィルターの交換はどれぐらいで必要?サイズの適合確認方法や交換費用、おすすめのメーカーは?
     
   

あなたはオイル交換と一緒にオイルフィルターを交換していますか?

「オイル交換をしたことは覚えているけど、オイルフィルターを交換した覚えがない」「そもそも、どれぐらいの頻度で交換すれ良いのかわからない」このような疑問をお持ちではないでしょうか。今回はそんなオイルフィルターの「構造」「種類」「交換頻度」などの基礎知識から、高性能社外オイルフィルターの情報までご紹介していきます。

 

オイルフィルターとは?

オイルフィルターの構造

オイルフィルターにも様々なタイプのものが存在します。ここでは最もポピュラーなフルフロータイプの構造を例に挙げて説明していきます。

 

【構成部品】

・ろ紙(エレメント)

エンジンオイルの不純物を取り除いている部品で、形状はオイルフィルター内でひだ状に折られています。これは表面積を増やしてろ過能力を向上させるためです。

・リリーフバルブ

ろ紙(エレメント)が目詰まりを起こした時に開く逃がし弁になります。

・アチドレーン弁

エンジン運転中にオイルフィルター内のオイルの逆流を防ぐための部品です。

・サポートスプリング

オイルフィルター内のろ紙がエンジンの振動や油圧により、動かないように押し当てています。

・ガスケット

エンジンのシリンダーブロックまたは、オイルパンに取り付けられているオイルフィルターからエンジンオイルが漏れないように気密性を保つ役割を果たしています。

 

このようにオイルフィルターは幾つもの部品で構成されていて、一つでも正しく機能しなくなるとエンジントラブの原因に繋がります。

 

オイルフィルターの種類

フルフロータイプのオイルフィルター

前述でもオイルフィルターの構造でご紹介したタイプになります。現在ではガソリンエンジン車に最も多く使われていて、ろ紙の抵抗が少なく適切な油圧を確保し、エンジン内部で発生したスラッジなどの汚れを効率良く取り除いてくれます。

フルフロー・バイパス併用型のオイルフィルター

フルフロータイプで取り除くことが出来なかった汚れを除去するために、バイパスフィルターを設けたタイプです。バイパスフィルターはフルフローフィルターよりもろ材の目が細かく、時間をかけて小さな汚れも取り除きます。

コンビネーション型のオイルフィルター

フルフロー・バイパス併用型の構造を一つのフィルター内に詰め込んだものが、コンビネーション型になります。内部の構造は3種類の中で一番複雑になりが、小スペースでろ過能力が高いことがメリットです。

 

カートリッジタイプ(スピンオン形式)とエレメント交換式

オイルフィルターにもカートリッジ式(スピンオン形式)と呼ばれるフィルターのケースごと交換するタイプと、エレメント式と呼ばれるフィルターの中身、ろ材とガスケットにみを交換するタイプが存在します。

オイルフィルターの交換はどれぐらいで必要?交換の費用は?

オイルフィルターの交換時期は?

オイルフィルターの交換時期は車種や使用状況にも異なりますが、一般的な交換目安が下記になります。

 

・オイル交換2回に1回

・走行距離1万kmに1回

 

オイルフィルターの交換をしないままにしておくと、汚れたオイルがエンジン内部に回りエンジントラブルの原因になることもあります。少なくとも上記の交換サイクルを守っていただければ問題ないでしょう。

関連記事:記事タイトル(リンク)

オイルフィルターのサイズ適合確認方法は?

オイルフィルターにも車種ごとに使われているサイズや形状が異なります。「自分で交換する場合に、どのサイズのオイルフィルターを交換すれば良いのかわからない」という人もいるのではないでしょうか。ご自身の車に適合したオイルフィルターの確認方法は、車検証の型式から調べることが可能です。オイルフィルターを販売しているメーカーのホームページであれば、メーカー・型式別の適合表が用意さていますので確認してみましょう。

オイルフィルターの交換費用は?

オイルフィルターの交換をカー用品店やディーラーで交換をお願いした場合、1,500円から3,000円になります。価格差に関しては、車を購入した自動車ディーラーで作業をお願いするとサービス価格の工賃になるなど、状況によって大きく開きがあるようです。

純正以外のオイルフィルターのおすすめメーカーと価格は?(価格はRX-8用、CX-5用、86用を例示)

純正オイルフィルターと社外オイルフィルターの違い

純正オイルフィルターと社外オイルフィルターの違いは、エンジンオイルのろ過性能の違いです。純正のオイルフィルターよりもろ紙に(エレメント)に低抵抗で効率の良い素材や形状を使用していたり、中にはマグネットを使って鉄粉などの除去をしていたりするものも存在します。

PIAA・ツインパワー

荒いろ紙と細かいろ紙を組み合わせた2層構造を採用することで、オイル流量を高めたPIAAの高性能オイルフィルターになります。性能と価格のバランスが良いこともあり、ロングセラー商品となっています。

RX–8用の1,800円。

BOSCH・オイルフィルター(輸入車用/国産車用タイプR)

世界的に信頼のあるBOSCHが販売するオイルフィルタータイプRは、基本性能を抑えた設計になっています。低価格で必要十分な性能がありますので、特別こだわりがない方にもおすすめなオイルフィルターです。

CX-5用の価格700円。

クスコ・スポーツオイルフィルター

高効率なろ紙と変形を防ぐ金属製のネットが採用。また強力なマグネットも搭載しているので、エンジン内部で発生した金属粉なども効率的に取り除いてくれます。街乗りでの使用はもちろん、サーキット走行などエンジンに負荷をかかる使用をする方にもおすすめのオイルフィルターです。

マツダRX-8用2,700円

HKS・オイルフィルター

超高効率のろ紙(エレメント)と強力なネオジウム磁石により、ろ過能力を大幅に向上させたオイルフィルターです。スポーツ走行メインでの走行する方は、こちらを選んでみてはいかがでしょうか。

参考価格:トヨタ FT86用2,200円

オイルフィルターを自分で交換することは可能?

オイルフィルターの交換方法

DIYでオイルフィルターを交換する前に、事前にオイルフィルターの取り付け位置を確認しておきましょう。最近の車ではアンダーカバー装着している車が多く、装着されている車両に関しては取り外さないとオイルフィルターの交換はできません。またオイルフィルターの取り外し、取り付けには専用のオイルフィルターレンチが必要になるので、交換しようとしているオイルフィルターのサイズにあったフィルターレンチを用意しましょう。

【オイルフィルター交換の手順】

1、オイルパンのドレンボルトを取り外し、エンジンオイルを抜く

2、ドレンボルトのワッシャーを新品交換して、ドレンボルトを規定のトルクで締付ける

3、オイルフィルターのガスケットにオイルを塗り、規定のトルクまたは、3/4回転で締める

4、エンジンオイルを入れ、一度エンジンを掛けた後にオイル量を点検する。

 

オイルフィルター交換時の注意点

オイルフィルター交換時の注意点としては、エンジン側に古いガスケットが残っていないか確認する必要があります。もし古いガスケットが残っている状態で新品のオイルフィルターを取り付けてしまうと、オイル漏れの原因になるので必ず確認してください。

またオイルフィルター交換時は新品のオイルフィルター内にオイルが充填されていない状態なので、必ずその分のエンジンオイルを考慮してオイルを入れる必要があります。

 

関連記事:今さら聞けないCVTの仕組みとは?CVTのフルード交換(オイル交換)などメンテナンスの走行目安はどれくらい?

カスタム&パーツカテゴリの最新記事