チンスポ・バーフェン・ダックテール、街道レーサー&ワークススタイルが似合う旧車10選!

チンスポ・バーフェン・ダックテール、街道レーサー&ワークススタイルが似合う旧車10選!
     
   

出典元:http://blog.livedoor.jp

街道レーサー&ワークススタイルとは?

街道レーサー

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp

街道レーサーとは、1970年代に登場した自動車カスタム。街道(公道)を走るクルマを、レース車両のような外観に仕上げる手法です。1990年代に盛んになった、いわゆる「走り屋」のルーツであると同時に、暴走族が好んで取り入れたスタイルでもありました。

クルマの見た目だけではなく、エンジンにも改造が加えられます。「ソレックス」の高性能キャブレター(燃料噴射装置)に「タコ足」(非等長の高性能エキゾーストマニホールド)を装着するのが定番でした。

ワークススタイル

出典元:https://motorz.jp

1970年代以降、国内のトップカテゴリーレースは、富士スピードウェイを舞台にした富士グランチャンピオンレース(グラチャン)。1971年から1989年まで開催されました。

当時の若者に人気があったのは、グラチャンのサポートレースで火花を散らしていたグループ5カテゴリーのシルエットフォーミュラ。市販車ベースとはいえ、エンジンはレース専用設計。600馬力近いパワーを絞り出すモンスターマシンがアフターファイアを噴き出しながら、サーキットを暴れ回っていたのです。

空力性能を高めるための巨大なチンスポイラーリアウイング、極太タイヤを収める幅広のオーバーフェンダーブリスターフェンダー。マシンのエクステリアの改造レギュレーションも、ほぼ無制限でした。

見た目も走りも過激なシルエットフォーミュラのレースに参戦していたのは、国内外の自動車メーカー。つまり、ワークスと呼ばれるチームでした。シルエットフォーミュラは、メーカーの威信を懸けた戦いの象徴でもあったのです。

「チバラギ仕様」なるカスタム

シルエットフォーミュラがベース

出典元:http://gasoku.livedoor.biz

出っ歯のように前方に延びた巨大チンスポイラーと、槍(やり)のように突き出たマフラー。いわゆる「竹槍出っ歯」という言葉に代表される極端なカスタムが「チバラギ仕様」。ローカルエリアの千葉、茨城で多く見受けられたことから、その呼称が広まりました。

もともとはシルエットフォーミュラのマシンをストリートで真似たスタイルであることは一目瞭然。ただし、シルエットフォーミュラの特徴があまりにもエスカレートした形で取り入れられ、走行性能の向上とは無関係なカスタムであることも分かります。

リアルなレーシングカーではあり得ないコンバーチブルへのカスタム、ボンネットなどから天に突き出た「煙突マフラー」は、その最たる例。本物のレース車両を超えるほどのド派手なボディペイントも、「チバラギ仕様」のマシンには欠かせませんでした。

街道レーサー&ワークススタイルが似合う旧車(トヨタ編)

マークⅡ/チェイサー/クレスタ

出典元:https://www.visiteiffel.com

単眼2灯式で愛嬌のあるヘッドライトから、通称「ブタ目」と呼ばれた兄弟車のマークⅡチェイサー。小型の上級車で、チェイサーは日産スカイラインをライバルに想定した若者向けのモデルでした。

2ドアハードトップを擁していたマークⅡとチェイサーが、街道レーサーのカスタムベースとなったのは当然の成り行き。写真のクルマを見ても、ワイドなブリスターフェンダーと、もはや座敷のようなチンスポイラーはインパクト抜群です。

1980年にクレスタが加わったマークⅡ3兄弟は、スポーティなスタイリングが若者にも受け入れられて好セールスを記録。1982年のマイナーチェンジで、ツインカム24バルブエンジンが搭載されます。もちろん、街道レーサーのカスタムベースとしても人気を集めました。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事