fbpx

今や常識となったキーレスエントリー、意外と知らない電池交換のやり方や紛失時の対処、複製費用や後付け方法は?

今や常識となったキーレスエントリー、意外と知らない電池交換のやり方や紛失時の対処、複製費用や後付け方法は?
     
   

今では常識となっているキーレスエントリー。名前の通り、車のキーシリンダーに鍵を差し込まなくてもボタン一つでドアロックを解錠・施錠できる機能のことになります。

現在では、日本国内を走っている車の中からキーレスエントリーが備わっていない車を探す方が難しいくらいです。また、最近ではボタンすら押す必要のない、スマートキータイプの車も増えてきています。

今回は、そんなキーレスエントリーの基礎知識から、スマートキーとの違いなどについてご紹介していきます。

キーレスエントリーとは?

キーレスエントリーとは、キーシリンダーに鍵を差し込むことなく、解錠することができる機能のことです。ここでは、キーレスエントリーの歴史とスマートキーの違いについてご紹介していきます。

キーレスエントリーが初めて導入された車は?

今や常識のキーレスエントリーが初めて導入された車をご存知でしょうか?

以外にも日本が世界に誇るホンダが1985年に発売した「アコード」がキーレスエントリー導入の第1号機になります。自動車文化の発祥とされるヨーロッパなどの外国車ではなく、国産車が初めてと聞いて驚いた人もいるのではないでしょうか。

 

キーレスエントリーとスマートキーとの違いは?

キーレスエントリーとスマートキーの違いがお分かりになりますか?

キーレスエントリーは、ドアロックの施錠をキーレスのボタン操作により遠隔で行える機能を言います。

スマートキーは、キーレスエントリーで必要なボタン操作も必要ありません。ポケットやカバンの中など、身に付けてさえいれば、車両のドアノブのスイッチに触れるだけで解錠・施錠が行える機能になります。

キーレスエントリーを更に進化させたものが、スマートキーです。

 

キーレスエントリーが電池切れした場合の対処方法

キーシリンダー鍵を差し込むことなく解錠することができるキーレスーやスマートキー。便利な反面、電池が切れると使えないというデメリットもあります。ここでは、電池交換方法やスマートキーの電池切れた時の対処法についてご紹介していきます。

 

キーレスエントリーの電池交換方法

メーカーにもよりますが、小さなプラスのネジでケースが止められているものが多いです。また電池に関してはボタン電池が使用されており、自動車ディーラーなどでも販売していますが、コンビニや家電量販店などでも購入することができます。

 

スマートキーが電池切れした場合は?

「スマートキーの電池が切れたら、車の鍵を開けられなくなるのでは?」このような心配をされる人もいるのではないでしょうか。ですが安心してください。スマートキーの車にもキーシリンダー鍵穴はあります。スマートキーの中にエマージエンシーキー(緊急用のメカキー)が入っていますので、そちらを使えば電池切れを起こした時でも鍵を開けることが可能です。

 

キーレスエントリーを紛失した場合の対処方法

「キーレスエントリーキーやスマートキーを紛失した場合そうすれば良いの?」このような不安を感じていませんか?また、「キーレスエントリキーを増やしたいけど複製できるの?」などの疑問も。ここでは、これらについてご紹介していきます。

 

キーレスエントリーの複製は可能?

「新車購入時にキーレスキーが一つしかついてこなかった」、「社用車などで他の人も車を使うので一つだけでは不便」このように感じている人であればキーレスキーを複製したい(増やしたい)と思いますよね。キーレスキーを複製することは可能です。新しいキーレスキーは登録する必要がありますので、自動車ディーラーで購入すれば登録作業も一緒に行ってくれます。メーカーにもよりますが、4〜5個のキーレスキーを持つことが可能です。

 

スマートキーを紛失した場合は?

スマートキーを紛失した場合、自動車ディーラーにて新たなスマートキーとメカキーを作る必要があります。キーレスキー同様にスマートキーも登録作業が必要になりますので、車自体を自動車ディーラーに持ち込む必要です。最悪の場合、ロードサービスを利用して車を運んでもらう必要があるかもしれません。

 

キーレスエントリーが故障した場合の対処方法

「キーレスエントリーは便利な機能だけど、故障した時の交換する高額な費用になるんじゃないの?」このような心配ありますよね。また、「スマートキーが故障したらエンジンが掛かられなくなるのでは?」という疑問も。ここでは、これらについてご紹介していきます。

キーレスエントリーの交換費用は?

キーレスエントリーが効かない原因として考えられることは、キーレスキーの故障もしくは、キーレスエントリーシステムの故障です。前者の場合は10,000万円前後で新たなキーレスキーを購入すれば直りますが、後者の場合はユニット自体の交換になるので30,000万円以上になることもあります。

 

スマートキーが故障した場合は?

スマートキーが故障した時にあなたは「エンジンがかけられなくなる!」このようにお考えではないでしょうか?しかし、スマートキーにはそのような時のために、スタートスイッチにスマートキーをかざすとエンジンの始動することができるセーフティー機能が備わっています。スマートキーの故障や電池切れの時のために、オーナーズマニュアル(取扱説明書)は必ず読んでおきましょう。

キーレスエントリーを後付けすることは可能?  

    

低年式車にはキーレスエントリー機能が備わっていないこともあります。また、備わっていたとしても故障していて機能しないなんてこともありますよね。この場合は修理したいけど部品が販売中止になっているので、諦めているという人も。しかし、このような車でもキーレスエントリー機能後付けできる社外品があります。下記の内容で取り付け費用などをご紹介していきます。

 

キーレスエントリーの後付け費用は?

社外のキーレスエントリーユニット自体は、カー用品店などで10,000万円〜15,000円ほどで販売されていますが、キーレスエントリーキットを取り付ける車の、ドアロックの機能によって取り付け工賃が違ってきます。

元々キーレスエントリーと集中ドアロックが備わっている車の場合、10,000万円前後。この場合は元の配線やドアロックモーターを利用して社外のキットを取り付けます。

集中ドアロック機能ありで、ドアロックモーターが付いていない車両の場合、15,000円前後。社外のドアロックモーターなどの取り付けが必要になります。

集中ドアロックもドアロックモーターも付いていない場合、20,000円前後。集中ドアロックの配線やドアロックモーターなどの設置が必要になります。

このように取り付けるベース車両によって取り付け費用が違ってくるのです。

 

関連記事:【車のトラブル対処方法】バッテリーが上がってしまった!バッテリー上がりした際のジャンピングなどの対処方法や防止方法は?

カスタム&パーツカテゴリの最新記事