fbpx

【なんでコレ?ww】まじでイケてない車やクソ車!…それでも愛される世界のクルマたち

【なんでコレ?ww】まじでイケてない車やクソ車!…それでも愛される世界のクルマたち
     
   

三菱・デボネアAMG

%e4%b8%89%e8%8f%b1%e3%80%80%e3%83%87%e3%83%9c%e3%83%8d%e3%82%a2amg

photo by Tennen-Gas(CC BY 3.0)

三菱自動車のデボネアとは、FFベースにV6エンジンを搭載した、クラウンなどをライバルに想定したいわゆる高級セダンです。FFベースということで高級感がすでに損なわれており、販売面で成功したとは言えないデボネアに、なぜかあのAMGがチューニングを施したクルマが今回取り上げるデボネアAMGです。

AMGといえば、メルセデスベンツのチューニング部門として有名ですが、その名を冠しているにもかかわらずデボネアのチューニング内容は外装のみ。実態はAMGというブランドイメージには似つかわしくない平凡な仕上がりとなっている残念なクルマなのです、

トヨタ・サイノス

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e3%80%80%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%82%b9

次はトヨタ サイノス。トヨタが1991年に販売した2ドアクーペです。クソ車の理由はずばり見た目にそぐわないその性能です。最大1.5LのDOHCエンジンを搭載し、街乗りでは十分な性能だったのですが、スポーツとなるとシルビアやシビックには太刀打ちできません。

運転しているとロールの大きさや剛性感からベース車であるカローラの名残が感じられます。とりあえず感でトヨタが製造したような没個性な性能がクソ車とよばれる所以です。それでも愛される理由はその希少性。発売から20年以上がたった現在、元々販売台数自体が少なかったこともあり、街中で見かける機会もほとんどなくなりました。

マツダ・3代目NC型ロードスター

%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%803%e4%bb%a3%e7%9b%aenc%e5%9e%8b%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

photo by steve lyon(CC BY 2.0)

2.0Lエンジンと大きく重くなったボディをそなえて登場した3代目ロードスターは、軽量でコンパクトなそれまでのロードスターが好きだった人にとってはクソ車と呼べるクルマでした。反面足回りやロールケージなど基本的なところをいじればサーキットなどでタイムが狙える車だったので、マニアックな競技車として愛せる部分がでてきています。

次ページ ホンダ・FK2型シビックタイプR、ヒュンダイ・ソナタ、光岡・ヌエラ

カスタム&パーツカテゴリの最新記事