旧車やバイクのキャブレターとは?キャブ車の調整・セッティングや清掃、オーバーホールの方法を大公開!

旧車やバイクのキャブレターとは?キャブ車の調整・セッティングや清掃、オーバーホールの方法を大公開!
     
   

「キャブレター」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?少し車に詳しい方や40代以上の方は一度くらいは耳にしたことがあるかもしれません。

今回はそんなキャブレターについて、様々な観点から詳しくご紹介していきます。

キャブレターとは?

では、まず初めにそもそもキャブレターとはどのような部品で、数ある車やバイクのなかでいったいどのような仕事をしている部品なのかについてご説明します。

電子インジェクション普及前の燃料供給装置

キャブレターが仕事をしているのはエンジンルームの中、エンジンの燃焼室に燃料を送っている装置です。

車やバイクのエンジンに代表されるいわゆる「内燃機関」の多くは、燃料であるガソリンや軽油を空気と混ぜ合わせた状態で燃焼させ、その爆発の力を回転の力に変えることで動力を得ています。

その時、エンジンの内部で混ぜ合わせる空気と燃料の割合は、そのエンジンの大きさや回転数、得ようとする力の大きさによって細かく調整されます。この空気と燃料の混ざった気体を混合気と呼び、混合気をコントロールしている部品こそがキャブレターというわけです。

しかし、現在ではキャブレターを使用して混合気を作り出す内燃機関は減少しています。そんの代わりに普及が進んでいるのが「EFI(エレクトリック・フューエル・インジェクション)」と呼ばれる、電子制御式の燃料供給システムです。ではなぜキャブレター方式の内燃機関は減少してしまったのでしょうか?

キャブレターの構造

キャブレター方式の内燃機関減少の理由の一つに、キャブレターの構造が関係しています。

 

引用元:4ミニnet

キャブレターはEFIと比べると部品の数も少なく、一見すると簡単に製造できると思われがちです。

しかし、少ない部品点数ではあるものの、すべての部品が微細な隙間を作り出すために非常に高精度に加工されている他、組み立てに要する技術もある種の職人の勘に頼った部分があります。

その為、自動車やバイクのように同じ性能の機械をたくさん製造する必要のある生産現場では、電子部品の塊であるEFIの方が扱いが簡便であるため、キャブレターは徐々に搭載される機会が少なくなっていきました。

中でも走行中に活躍するニードルジェットと呼ばれる針状の部品は、その性質上極めて高い加工精度が要求されるパーツです。

季節や標高によってセッティングの調整が必要

また、キャブレターはエンジンの回転によって得られる負圧のみを利用してエンジンの内部に霧状の燃料を供給しています。その仕組みはよくある「霧吹き」と同じなのですが、一般的な霧吹きとの最大の差はその一回毎の噴霧量などが極めて正確に噴出される点です。

それを可能にしているのが、前項でも話題にした部品の加工精度です。しかし、やっかいなことにキャブレターの作動原理がエンジンの回転によって生じる負圧である事と、その発生した負圧を使い正確に噴霧量を調整するためには様々な個別の調整が必要となります。

もっともキャブレターの作動に影響があるとされているのが、「気圧」です。エンジンの発する負圧のみが動力であるキャブレターにとって、周囲の気圧の変化はそのまま噴霧量や混合気の混合割合の変化として現れます。

その為、キャブレターは使用環境によって適宜調整を行う必要があり、その点においてもそういった調整の不要なEFIがもてはやされる原因の一つとなっています。

キャブレターの魅力とは?

では、キャブレターはもう過去の遺産なのでしょうか?

実は、そうばかりとは限りません。確かに現在では新車として発売される自動車やバイクにキャブレター方式が採用されるのは非常に稀です。しかし、レースや一部の自動車好きの間では今でもEFIよりもキャブレター方式が好んで使用されているのも事実です。

中には純正ではEFI方式の車であったものを、あえてキャブレター方式に変更してしますといった、コアなユーザーも存在します。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事