歴史に感動!柴犬まるの郡山ツーリズム第2弾(後編)

歴史に感動!柴犬まるの郡山ツーリズム第2弾(後編)

柴犬まるのツーリズムin郡山第2弾(後編)だよ!

今日は先週のイキクルに引き続き、郡山の旅の後編をお届けするね~。

雪景色に鯉料理・張り子づくり!柴犬まるの郡山ツーリズム第2弾

今回も盛りだくさんだから、早速いくよ!

郡山での夜は早めに寝ちゃったから、朝は早く目が覚めたんだ~。パパを起こしてみたけどぜんぜん起きてくれないから、ママを起こして朝の5時半過ぎにお散歩に出たよ!

さ~て、どこに行こうかなあ?

近くに河原みたいなのがあるから、そこを歩こうかねえ~?今日はどんな旅が待ち受けてるか楽しみだな!

実は昨日、パパとママが「明日のお昼ごはんはここのドッグカフェに行ってみよっか!」なんて話してたの聞いてたんだよね~。早くお昼にならないかなぁ!

朱色の鳥居がたくさん!郡山市のパワースポット・高屋敷稲荷神社

この日まるたちが向かったのは、郡山市にある高屋敷稲荷神社


ここは普通に運転していても、ハッ!ってなるぐらい、田園風景の中で朱色が映える神社なんだ~。

この参道の朱鳥居は、崇敬者の人たちが願掛け成就で奉納した奉納鳥居なんだって。

約150本もあるのもびっくりだけど、なんと戦前の最盛期には約4,000本もあったんだって!この数字すごくない??

本殿までは階段石段を登っていくんだ~。えっほ!えっほ!

おお~!稲荷神社だから、狛犬じゃなくて狛狐さんが控えているね~。しかもなんだか筋肉質で、強そうだね!

登りきったところから見ると、こんなかんじだよ!

この高屋敷稲荷神社は正徳3(1713)年に建立された神社なんだ~。

江戸時代の飢饉のとき、3年のあいだ年貢を免除してもらったことに感謝した住人たちが、五穀の神として名高い京都の「伏見稲荷大社」の御分霊をもらって祀ったのが起源とされているそうな……。

願掛成就、五穀豊穣、商売繁盛のご利益があるとされているんだって!

拝ませてもらっていたら、神社の神主さんが来てくれたんだ。「まるも稲荷神社に来させてもらってわんがと~」って、ママとお礼を言ったの!

ほら、よく「キツネさんとわんこは仲が悪い」とかなんとか聞くでしょう?

そしたらね、神主さんが「稲荷神社のキツネは神さまの使者なので、キツネがご神体ではありません。稲荷神さまに仕えている身なんです。それにキツネといいましても野生のキツネではありませんので、柴犬とはなんの因果もありませんよ」って話してくれたの!

「どうぞ一緒にお参りしてくださいね」って、ちょーやさしいんだ!

ちなみに稲荷神さまというのは、もともとは農業の神さまなんだって!キツネさんは穀物を食い荒らすネズミさんを追っ払う役目があるのと、キツネさんの色や尻尾の形が実った稲穂に似ていることからも、稲荷神さまの使いに位置づけられたんだそうだよ~。

ここにはペットのお守りもあってね、健康長寿と交通安全って書いてたよ~!いいよね!

お話を聞かせてくれたそのあとは、一緒に社務所の裏にある御神石のところに案内してくれたんだ~。

ここのキツネさんは、さっきの子たちよりはふっくらしてるねえ!

この御神石は願いが叶う磐座(いわくら)として信仰されていて、石に触れると霊力をいただけるらしいんだ。だから、まるも早速……。

社殿のほうに戻ると、社務所から女将さんが「中でお茶でもどうぞ」と声をかけてくれたんだ~。

パパもママもこんな風に社務所にあがらせてもらって、温かいおもてなしをいただいたのは初めてだって驚いてたよ!

そうしたら女将さんが急に、「今ちょうど龍神さまいらっしゃっていますよ」って言うの!

なんのことかと思ったら、本殿まで連れて行ってくれて龍神さまを見せてくれたんだ!

考えたことなかったけれど、ろうそくの溶け方って日によって違いがあるんだってね~。

こんなふうに、ろうそくが魚の「うろこ」のような溶け方をするときは、一説によれば龍神さまのご加護を得られている証拠なんだって!

さっきの御神石に触れたからかなあ?だってさ、女将さんにおいしい玉子ももらったし、御神田で収穫された古代米(赤米)の「おさがり」ももらったし、龍神さまにも会えたし!

carteacher

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事