「買う・乗る・語る」だけが車じゃない。高森勇旗だけが知っている助手席のエピソード

「買う・乗る・語る」だけが車じゃない。高森勇旗だけが知っている助手席のエピソード
     
   

月刊高森2

シリーズ月刊高森は、元横浜ベイスターズの高森勇旗氏がここでしか読めない野球×車のエピソードについて語る企画です。第2回の今回は、普段はなかなか注目されない助手席に関するエピソードです。

第1回:「プロ野球選手っぽくある」ことも意外と大変。元ベイスターズ高森 勇旗が語る野球×車 秘話

買う、乗る、語るだけが車じゃない。

助手席にもドラマはある!

と、いうことで、今回は、車の助手席に関するエピソードを2つご紹介します。

えっ、強引だって?そうです。強引なんです。

そういうの、好きなんです。

1つ目は、僕が助手席に乗っていたときの話。2つ目は、僕の運転する助手席に乗っていた人の話です。

ベンツに一目惚れした時の話

まずは、1つ目ですね。僕が「メルセデス好き」という話は前回ご紹介させていただいた通りですが、そもそも僕がメルセデスを知ったのは、高校3年生の頃でした。

母校である岐阜の中京高校の近くを、メルセデスGクラスが走って行ったんですね。

Gclass
Photo By Wikipedia※画像はイメージです

それを見て、

「なんだ、あの車は!?」

と、なったわけです。Gクラス特有の角が立ったフォルム、見るからに硬そうなサスペンションが、当時高校生だった僕の好奇心を振り切らせました。

そこからベンツが好きになり、車に関する知識が増えていったんですね。

ハマの番長、三浦さんの運転するベンツの助手席に乗った時の話

プロ野球選手でもベンツに乗っている人はたくさんいますが、僕が入団した時に一番衝撃だったのが、ハマの番長、三浦さんのベンツです。

Sclass
Photo By Wikipedia※画像はイメージです

ベンツの中でも最高峰の1つ、S65AMGのエンジン音を轟かせながら球場に入ってくる三浦さんがカッコよくてカッコよくて…

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事