新型BMW・3シリーズ(G20)がワールドプレミア!FRセダンのベンチマーク、初代E21から懐かしの六本木カローラE30、先代F30までの歴代モデルを振り返る!

新型BMW・3シリーズ(G20)がワールドプレミア!FRセダンのベンチマーク、初代E21から懐かしの六本木カローラE30、先代F30までの歴代モデルを振り返る!
     
   

出典元:https://bmw.jpn.org

新型BMW・3シリーズ(G20)の特徴は?旧型と比べてどこが進化した?

ボディサイズは拡大、ボディ剛性、空力性能とも向上

出典元:https://motor-fan.jp

2018年10月2日に開幕したパリモーターショーで、2012年以来およそ7年ぶりのフルモデルチェンジとなる7代目の新型BMW・3シリーズのセダンが初めて公開されました。

キープコンセプトのフォルムながら、現行型(F30)と比べて全長、全幅、全高、ホイールベースがすべて拡大された新型3シリーズのボディ。プラットフォームは7シリーズ、5シリーズと共通のCLARを採用しており、ホイールベースはクラス最長です。

ワイド感が強調されスポーティさが増したボディは細部の構造もリファインし、空気抵抗係数(Cd値)は現行型の0.26から0.23に低減。ボディ剛性も50%アップしています。

  全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) ホイールベース(mm)
G20 4,709 1,827  1,442 2,851
F30 4,624 1,800(日本仕様)  1,440 2,810

【全国OK!】BMW G20でもどんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

最新テクノロジーを惜しみなく投入

先進のエクステリア

出典元:https://bmw.jpn.org

BMWの主力モデルとして君臨する3シリーズ。世界におけるFRセダンのベンチマークでもある3シリーズには、最新テクノロジーが惜しみなく投入されてきました。

新型3シリーズの外観の特徴は大型化されたキドニーグリルと、ハイビーム時は530メートル先までレーザーライトを照射できるフルLEDのツインヘッドランプ。立体的なテールランプと併せ、重厚感と高級感を増したボディにマッチするデザインです。

デジタル化されたインパネ「ライブ コクピット プロフェッショナル」

出典元:https://www.press.bmwgroup.com

BMWが誇る最新技術の1つがライブ コクピット プロフェッショナル。新型3シリーズには、フルデジタル化された新世代の表示・操作システムであるBMWオペレーティングシステム7.0の採用が発表されています。

ドライバーが知りたい情報を直感的な操作で選択でき、好みにカスタマイズした形で表示できる仕組み。メーターパネルにはナビゲーションのマップに加え、ドライバーが任意で選んだ情報を複数表示できます。

オーディオや空調などはAIスピーカーに話し掛けるだけで操作することも可能。スマートフォンでドアを解錠できるデジタルキーも初めて採用されました。

車線逸脱警報装置と緊急自動ブレーキをはじめとする、安全運転支援システムも充実。アクティブクルーズコントロール(ACC)、レーンキーピングアシストも装備できます。

ガソリンエンジンは直列4気筒、ディーゼルもラインナップ

出典元:https://carsmeet.getnavi.jp

新型BMW・3シリーズは発売当初、2.0リットルの直列4気筒のガソリン、ディーゼルエンジンと、3.0リットル直列6気筒のディーゼルエンジンを設定。いずれもユーロ6の厳しい自動車排出ガス規制をクリアしています。

新開発のガソリンエンジンは、直列4気筒の常識を超える最高出力257psのハイスペック。最高時速はリミッター作動時で250kmに達するというから驚きです。欧州仕様のグレードのラインナップと、それぞれのスペックは次の表の通りです。

新車情報カテゴリの最新記事