中国新鋭の電動車専門ブランド“LYNK&CO”が日本で新型セダンLYNK&CO 03を発表!ボルボと親会社のジーリーが共同開発!

中国新鋭の電動車専門ブランド“LYNK&CO”が日本で新型セダンLYNK&CO 03を発表!ボルボと親会社のジーリーが共同開発!
     
   

出典元:http://www.hdcarwallpapers.com/lynkco_03_tcr_2019_4k_3-wallpapers.html

中国新鋭の電動車専門ブランド“LYNK&CO(リンク&コー)”とは?

出典元:http://en.wheelsage.org/lynk_co/03/lynk_co_03/pictures/vfgi6w/

車のシステムをインターネットに接続し、車からのデータ発信やそのデータを分析した結果必要と思われる情報の受信を行う「コネクテッドカー」。リアルタイムで情報のインプット・アウトプットを行うことによる渋滞緩和や事故防止などが期待されています。

こうしたコネクテッドカー市場の牽引役として注目されているのが、中国の自動車メーカー・ジーリーオートモービル(吉利汽車)の新ブランド“LYNK&CO”です。

中国の民営自動車メーカーの中でも大手のジーリー(吉利汽車)と傘下のボルボが共同設立

国営メーカーに逼迫する勢いで成長を続ける中国民間自動車メーカー大手ジーリー(吉利汽車)。様々な自動車メーカーの株式を保有し、2010年にはフォード傘下だったボルボ・カーズを買収しています。

そして6年後の2016年、ジーリーとその傘下となったボルボが手を組んで“LYNK&CO”を設立しました(出資比率は7:3)。LYNK&CO本社は中国国内にありますが、自動車開発自体はボルボのお膝元であるスウェーデンをメインに行われています。

オープンデジタルプラットフォームを採用したコネクテッドカー

LYNK&COのコネクテッドカーのプログラムは、オープンデジタルプラットフォームをベースにして開発がなされています。その中で特筆すべきは「カーシェアリングアプリ」です。

スマホにカーシェアリング専用のアプリをインストールすると、車を使用しない間は他者とシェアすることが可能です。アプリそのものがデジタルキーとして機能するため、ショップでの鍵の受け渡しなど面倒な手続きが必要がありません。

カーシェアリングに引き続き、今後も斬新なアプリケーションが開発されていくのではないでしょうか。

全車ハイブリッドカーもしくはプラグインハイブリッドカー

LYNK&COの車は全てハイブリッド・プラグインハイブリッド化されています。昨今ではハイブリッド化は決して珍しいことではありませんが、各社が市場の需要を鑑みて踏み切れずにいる「全車種ハイブリッド」の先手を打ったのがLYNK&COだといえるでしょう。

今後厳しくなっていくことが予想される排ガス規制や低燃費カーの需要など、「今」よりも「未来」に目を向けているのがLYNK&COの大きな特徴ですね。

サブスクリプション方式での販売やホームデリバリーサービス

LYNK&COの販売形式はサブスクリプション方式が採用されています。こればボルボ傘下のポールスターでも行われており、LYNK&COでは1ヶ月〜3年の中でオーナーが自由に期間を決めることができます。

サブスクリプション方式は動画配信サービスや音楽配信サービスなどに採用されており、特にスマホ世代と呼ばれる若い世代には身近な決済方式ではないでしょうか。

最小限の初期投資で最大限のサービスが享受できるサブスクリプション方式の需要は高く、スマホアプリやPCソフトなど、様々なサービスの決済で採用されるようになってきました。

日本では若い世代の車離れが叫ばれていますが、サブスクリプション方式なら初期費用や維持費が低く抑えられますし、カーシェアやレンタカーとは異なり車の所有者として登録されるため、所有欲も満たされます。

新車情報カテゴリの最新記事