ポルシェのEVスポーツカー、ミッションE改めタイカンに正式名称決定!2019年より発売予定、気になるサイズや価格は?

ポルシェのEVスポーツカー、ミッションE改めタイカンに正式名称決定!2019年より発売予定、気になるサイズや価格は?
     
   

出典元:https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?pool=japan&id=2018-06-09-01&lang=jp

ポルシェのEVスポーツカー、ミッションE改めタイカンとはどんな車?

出典元:https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/?pool=japan&id=2018-06-09-01&lang=jp

ポルシェ・ミッションEとして2015年にコンセプトカー発表

遂にポルシェ初となるピュアEV車が登場、その名も「タイカン」と2018年6月8日にアナウンスされました。

6月8日はポルシェにとって記念すべき日。70年前の1948年のこの日、ポルシェのスポーツカーの起源ともいえる初代のポルシェ356”No.1ロードスター”が登録されました。

ポルシェのスポーツカーの70周年の歴史を記念する場で発表されたタイカン、新しい時代の幕開けを感じさせますね。

タイカンは2015年にフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされたコンセプトカー「ミッションE」の量産化モデルです。

ミッションEはコンセプトカーという位置づけで出品されましたが、当初から市販化を念頭において開発してきたという経緯があります。

これからの時代、スポーツカーの世界においてもEV化の波は避けられないと時代を読んだ判断だったのでしょう。生産開始は2019年、日本国内での販売開始は2020年になると発表されています。

ル・マン24時間レースで優勝した919ハイブリッドの技術を活用

919ハイブリッドは世界3大レースの内の一つ、歴史あるル・マン24時間耐久レースに参加するために開発されたレーシングマシン。

1923年から続く歴史あるこの大会で優勝した919ハイブリッドの高電圧パワートレインの技術は今回のミッションE=タイカンの開発にも活用されており、919ハイブリッドがあったからこそタイカンが生まれたといっても過言ではないでしょう

サーキットにおいてもトップクラスの性能を誇る技術を市販車に落とし込んだタイカンの走りには注目が集まります。

2つのモーターによるAWD機構

タイカンには919ハイブリッドに使用されたものと同タイプの永久磁石シンクロナスモーターが2基搭載されるとのこと。

前後に配置されたデュアルモーターによるAWD機構となっています。

911と同じ後輪操舵システム(リアアクスルステアリング)採用

911GT3などに搭載されているスポーツチューニングが施されたリアアスクルステアリングを搭載し、コーナリングなどで安定した走りを実現。その優れた応答性がドライバビリティを向上させています。

スポーツカーのポルシェが誇るこの技術は、ポルシェ全モデルの中でも限られたモデルにしか装備されていません。

広い室内空間、最新のインフォテイメントシステム

インテリアに関してはまだあまり情報がありませんが、アイ・トラッキングシステムが採用されドライバーに合わせてステアリングの位置を調整できるようになっているようです。

EV化したことによって居住空間を確保、パナメーラに迫る室内空間の広さを目指しました。特に狭くなりがちな後部座席の足元スペースに余裕を持たせたということです。

またこれから発売される新型車には無くてはならないインフォテイメントシステムももちろん搭載されるでしょう。ポルシェ・カーコネクトはもちろんその他にも何らかの機能が追加されると見ていいのではないでしょうか。

新車情報カテゴリの最新記事