21年ぶりのフルモデルチェンジ、新型トヨタ・センチュリー発売!レクサスLSを上回る価格で日本車のショーファーリムジンの頂点に!

21年ぶりのフルモデルチェンジ、新型トヨタ・センチュリー発売!レクサスLSを上回る価格で日本車のショーファーリムジンの頂点に!
     
   

出典元:https://www.garaz.cz/clanek/japonska-toyota-century-se-stale-drzi-klasickych-tvaru-1407

日本の最高級車、新型トヨタ・センチュリーの特徴は?

出典元:https://response.jp/article/2017/10/25/301542.html

日本の高級車といえばどんな車を思い浮かべますか?今の時代だとトヨタブランドのレクサスは高級なイメージが染み付いていると思います。それ以外にもフーガ、マークX、レジェンドなどが浮かんだ方も多いと思います。私は様々な場面で活躍しているクラウンを想像しました。

それでも外車の最高級車と比較すると叶わないかもしれませんが、今回紹介するトヨタ・センチュリーは外車にも負けない日本が誇る最高級車の一つです。

今回は2018年6月にフルモデルチェンジを遂げ話題となったセンチュリーを紹介します。

几帳面の技法を活かした伝統のフォルムと匠の手作業による塗装

センチュリーでは、ショルダー部のキャラクターラインに「几帳面」と呼ばれる特殊な技法が駆使されています。塗装にもトヨタの伝統的な一面が見られ、全て匠による手作業で行われています。

塗装の方法はトヨタよりもレクサスの方が工数が多く時間もかかっているのですが、センチュリーは特別でレクサスよりも手間をかけて職人が手作業で行なっているので、塗装一つを取るだけでトヨタの中でセンチュリーがどれだけ高く位置付けられているのかが分かると思います。

センチュリーの代表的なカラーである黒は神威(かむい)と呼ばれており、その呼び方にも日本らしい特別感が感じられます。他にも精華(せいか)、摩周(ましゅう)、飛鳥(あすか)などの呼称が付けられているようです。

リアルウッドパネルとリアシートは走るコンサートホール

センチュリーでは沢山のウッドパネルが使用されていますが、これは木目調ではなくリアルウッドパネルです。タモ材の貴重な部分のみを使用しており、ウッドパネル一つからもトヨタのこだわりが感じられます。

オーディオ環境も抜群で12chオーディオアンプと20個のスピーカーが搭載されています。後部座席にはディスプレイも設置されているので、快適なリアシートでゆっくり寛ぎながら最高の音質と映像を楽しむことが出来るその姿は、走るコンサートホールと言っても過言ではないでしょう。

ディティールに用いられる七宝文様や紗綾形崩しなどの造形

ウッドパネルやオーディオ類は気になる方も多いでしょう。ですが、センチュリーではそこまで凝らなくても良いのではないかと思ってしまうほど細部まで日本人らしい心が宿っています。それが七宝文様や紗綾形崩しなどの造形です。

あまり聞き慣れない言葉ですがどちらも日本古来の造形で、七宝文様は後部座席に設置されている時計の縁、紗綾形崩しは後部座席の天井を彩っています。まるで和室にいるような感覚すら覚えてしまうかもしれません。

V12エンジンからV8ハイブリッドエンジンへ

インテリア、エクステリア以外にももちろん大きな変更があり、その一つがV12エンジンの廃止、V8ハイブリッドエンジンへの変更でしょう。

日本でV12エンジンが搭載された車種はセンチュリーのみなので、それが無くなってしまうのは悲しい気持ちもありますが時代の流れを見ても仕方ないでしょう。燃費性能が良くない分、高級車が活躍する場面でも敬遠されがちだったかもしれません。

今はまだ外車が目立つ大きな舞台でも、ハイブリッド化によって今後はセンチュリーを眺められる時がくるかもしれませんよ。

新車情報カテゴリの最新記事