レクサスの新型クロスオーバーSUV、UXは今冬発売!ハイブリッドとガソリンモデルの二本立て、ベースとなるトヨタ・C-HRとエンジン・サイズなどの違いを徹底比較!

レクサスの新型クロスオーバーSUV、UXは今冬発売!ハイブリッドとガソリンモデルの二本立て、ベースとなるトヨタ・C-HRとエンジン・サイズなどの違いを徹底比較!
     
   

出典元:https://lexus.jp/models/ux/

レクサスの最小クロスオーバーSUVとなるUXが今冬に日本でも発売!新型モデルの特徴は?

出典元:https://lexus.jp/models/ux/

トヨタ・C-HRと共通のプラットフォーム

発売前から大評判となっているレクサス・UX。レクサスにはすでにRX、NXなどのSUVがラインナップされていますが、新しく登場するUXはその中でも一番コンパクトなサイズになります。

近年車市場はコンパクトSUVが大流行。その流れを逃さず絶妙のタイミングで投入してくるあたり、さすがですね。特に日本の道路事情においては取り回しやすいサイズ感となっているので、大きな注目を集めています。

プラットフォームにはTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のGA-Cプラットフォームを使用、これはトヨタの大人気車種C-HRと共通の最新世代のプラットフォームです。

徹底的に研究しつくされたこのプラットフォームは、低重心化、軽量化、高剛性化を実現し、走りの質感や快適性も格段に向上しています。

今年登場して大きな話題を呼んだカローラスポーツもこのプラットフォームを使用しているんですよ。

ハイブリッドモデルのUX250hと2リッター直噴エンジンのUX200

ラインナップは2種類。新開発のハイブリッドシステムを搭載したUX250hと、同じくこちらも新開発となったガソリンエンジンを搭載したUX200 というシンプルなラインナップです。

ハイブリッドシステムはよりコンパクトになり、燃費性能もアップしていると期待されます。またUX250hにはGA-Cプラットフォーム専用に開発された4WDシステムの「E-Four」が搭載されたことにも注目ですね。

UX200は直噴2.0L4気筒ガソリンエンジン。トランスミッションは「ダイレクトシフトCVT」が組み合わされます。

レクサスならではのアイコンとSUVらしいエクステリア

UXのコンセプトは「Creative Urban Explorer」。都会派のSUVとして登場するわけですが、レクサスならではの形状を備えたフロントグリルが大きな存在感を放っていますね。

コンパクトながらも重量感とタフさを感じさせ、SUVとしての迫力を感じさせると同時にレクサスが持つ気品、上質さを失わないスタイリングとなっています。

刺し子をモチーフとしたキルティングシートなど和テイストを取り入れたインテリア

出典元:https://lexus.jp/models/ux/

インテリアの大きな特徴となるのが、日本の刺し子をモチーフとしたキルティングシートと和紙の質感を取り入れたインパネです。

日本独自の素材や技法を取り入れて、ライバル車種に差をつけようという狙いもあるのかもしれません。日本ブランドであるということを強く感じさせる仕上がりになっています。

取り入れたのは日本の伝統だけではありません。ワイヤレス給電技術によって発光するエアコンレジスターノブを世界初採用、先進性と伝統が息づいたレクサスの美意識の高さが窺えます。

新車情報カテゴリの最新記事