紹介経由の新車購入が一番安い?新車購入の前に知っておきたい事

紹介経由の新車購入が一番安い?新車購入の前に知っておきたい事
     
   

20代も後半を過ぎると人生でも大きな出来事が増えてきますよね。転職して引っ越しをしたり、結婚して子供が出来たり…ライフスタイルに大きな変化が起こる出来事が20代後半からはどんどん増えてきます。

こういった自分の生活環境が大きく変わる機会に「よし、車を買うか!」と新車の購入を決断する方もいるのではないでしょうか?

地域によっては車を持っていた方が何かと便利なところもありますし、子供が出来たらバスや電車で移動するよりファミリーカーを持っていた方が色んな所に出かけられますし、安心ですよね?

そんなライフスタイルの変化をきっかけに「新車を買おう!」と決断された方にぜひともお伝えしたい「ローン」のことと、出来るだけ安く新車を買う「値引き」のことについてお伝えしたいと思います!

新車購入ローンって本当に組めるの?

生活の環境が変わると何かとお金がかかりますよね。何かあった時にある程度の貯蓄が必要なので、新車の購入資金を全額用意することは難しいです。そのため、新車購入にあたって多くの人がローンを利用します。

ですが、ローンを組むためには審査に通る必要があり、条件によってはローンを利用することが出来ない!ということが起きる可能性があるのです。

このローンという仕組みですが、要するに金融機関やローン会社、信販会社銀行から新車の購入費用を払ってもらい、後から時間をかけて代金と金利を返済していくという仕組みなので、会社側はローンを組む人がちゃんと返済できる人であるか、「信用出来る人であるか」を審査する必要があります。

では、新車購入ローンが通らない人の条件にはどのようなものがあるのでしょうか?

新車購入ローンが通らない人の特徴とは?

新車購入ローンを組む間に、ローンやクレジットカードなどの利用経歴や借入額、返済状況などが記録されたで「信用情報」というものが調査されます。

この信用情報に、支払いの延滞や自己破産といった金融事故の記録や、他社から多額の借り入れの記録、多額のリボ払い利用での返済金額の記録などが見つかると、「この人はちょっと危ないぞ」ということでローンを組むことは難しくなってきます。

日常生活で気をつけたいのが、実は「スマホの端末代」ですね。今はスマホの端末も利用料金と合わせて分割で払うことが多いですが、実は端末代はローンと同じ扱いになります。過去にうっかり支払いを延滞してしまった!ということがあれば、その情報は信用情報に記録されているので注意しておきましょう。

新車情報カテゴリの最新記事