fbpx

納車待ちもようやく解消、軽自動車界のNSX=ホンダ・S660!最新のカスタム・チューニングパーツをチェック!!

納車待ちもようやく解消、軽自動車界のNSX=ホンダ・S660!最新のカスタム・チューニングパーツをチェック!!
     
   

出典元:http://www.honda.co.jp/S660/modulox/

S660のスペック・特徴をおさらい

出典元:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/styling/design/

納車待ちが解消し、落ち着いてきた軽自動車のホンダ・S660ですが、まだまだ人気を集めています。

軽自動車界のNSXと呼ばれることもある、コンパクトなスポーツカーです。先日マイナーチェンジしたばかりのS660の魅力に迫ってみましょう。

S660の標準グレードと特別仕様車、無限から発売された限定車とは?

出典元:https://www.caranddriver.com/reviews/2015-honda-s660-mid-engine-roadster-first-drive-review

β

βがS660の最もスタンダードなモデルとなっています。とは言っても車両本体価格だけで約200万円です。

軽自動車ですが、S660はスポーツカーです。ただの軽自動車では無いので仕方ないでしょう。

その分、プッシュエンジン、LEDヘッドライト、スポーツスイッチなど、初期装備は十分備わっています。

カラーはプレミアムスターホワイト・パール、アドミラルグレー・メタリック、ナイトホークブラック・パールの3種類です。

α

βの上位モデルとなるのがαです。車両本体価格はβより約20万円ほど高くなります。

βよりも色の選択が4色増えています。βでは単調な色しかありませんでしたが、こちらだと好みの色が見つけられるかもしれません。

αにはクルーズコントロール、スポーツペダルなどが導入されています。より高級で、スポーティーな要素を感じることが出来ます。

Modulo X

ステップワゴン、N-BOXなどで既に搭載されてきたホンダ車の上位グレードであるModulo XがS660にも追加されました

とにかく走りに特化したモデルなので、車両本体価格を見ただけで他の2つのモデルとは全く違うものであることが分かる思います。

黒いアルミホイールの先に見える、赤いブレーキキャリパーが非常にカッコイイです。

シンプルだった内装はボルドーレッド×ブラックの内装へと変わり、更にスポーティーさが増し、上質な印象へと変わりました。

他のユーザーと差を付けたい方にModulo Xをオススメします。

関連記事:ホンダ・S660にメーカー純正カスタム仕様のモデューロX登場!専用サスにタイプRを髣髴とさせるチタンシフトノブなど、そのコンプリート価格は?

コンセプトエディション

コンセプトエディションは限定車として発売されました。台数はS660の車名にちなんで660台です。

色はプレミアムスターホワイト・パールのみですが、ブラックだったトップの色がボルドーレッドになるので、一目で限定車仕様であることが分かります。

販売開始が2015年3月なので新車で購入することは不可能ですが、既に中古車市場にも流れているようなので、どうしてもコンセプトエディションが良いという方は中古車を探してみると良いでしょう。

ブルーノレザーエディション

ブルーノレザーエディションだと、特別カラーのベルベットマルーン・メタリックを選択することが出来ます。若い人よりも渋い男性に似合う車だと思います。

内装やアルミホイールの色も特別仕様となっているので、コンセプトエディションよりも特別感が得られるでしょう。

#コモレビエディション

#コモレビエディションも特別車で、限定800台の生産となりました。βがモデルとなっているので、リーズナブルな価格で販売されました。

こちらも特別色が用意されており、ヒダマリアイボリー・パールを選択することが出来ます。クリーム系の可愛らしい色なので、女性向けともいえるでしょう。

無限RA

無限からコンプリートカーとして、S660 無限RAが販売されました。こちらも660台の限定車です。

独自のチューニングを施した車で、これまで紹介した3つの限定車とは全く違う存在、走り心地といえるでしょう。

サスペンションをはじめとする足回りが大きく強化されました。

全体的に赤が基調となっており、その見た目から車好きに受けが良さそうな仕様です。

車両価格

  価格
β 1980720円
α 2185920円
Modulo X 2850120円
コンセプトエディション 2380000円
ブルーノレザーエディション 2280000円
#コモレビエディション 2080000円
無限RA 2890000円
 
 
 

S660の最新のカスタム・チューニングパーツ

出典元:http://www.noblesse-japan.com/NOBLESSE_S660_PM.html

軽自動車とはいえスポーツカーですから、カスタムや、チューニングを行いたいと思っている方も多いはずです。

移動手段として使用するだけではもったいない車ですから、考えてみてはいかがでしょうか?

チューンアップしてみたいけど何を弄れば良いのか分からないという人もいると思うので、是非参考にしてみて下さい。

ハードトップ

最初にカスタムしたいと思う箇所といえば、やはりトップでしょう。

標準だとソフトトップしか設けていないので、ハードトップはありません

車の中にいると、何かあった時に守ってくれるという安心感があるはずですが、ソフトトップだと何かと不安に感じてしまう人もいるでしょう。

オープンにして走るつもりが全く無いのであれば、ハードトップに変えてしまえば不安要素無く、ドライブを楽しめるでしょう

無限製のハードトップだと、約23万円で購入することが可能です。

アルミホイール

アルミホイールはS660のみならず、カスタムしたいと考える人が多いはずです。

1インチサイズが変わるだけでも車の印象は大きく変わります

純正ではなくでもBBS、TWS、レイズ、ワーク、エンケイなど、アルミホイールには沢山のメーカー、種類があるので気に入ったデザインを選ぶのが良いでしょう。

デザインのみならず、性能にも力を入れているModuloのアルミホイールもオススメです。

エアロパーツ

S660は軽自動車ですが、エアロパーツを変えると車体を大きく見せることが出来たり、力強い印象を与えることが出来ます

無限以外にも、ガレージ・ベリー、ブリッツ、シルクブレイズ、リバティウォークなどのメーカーがあります。

フロントスポイラー、リアスポイラー、リアウィングなど、同じメーカーで統一してカスタムするのも、スタイリッシュで格好良いのでオススメです。

サスペンション(車高調)

見た目以外でも、乗り心地を重視したいという方はサスペンションをチューニングするのが良いでしょう。

快適な乗り心地を重視するのか、スポーティーな走りを求めるのか、サーキット仕様にしたいのか。様々な用途に合わせて変更にするのが良いでしょう。

マフラー

音でも他のS660と違いを出したいと感じている方はマフラーを交換してみましょう。乗り心地だけでなく、耳からもスポーツカーを体感したいものです。

主要なメーカーは無限の他に、HKS、ブリッツ、柿本、藤壺、トラストなどがあります。

うるさくなりすぎると迷惑になるので、マフラーの交換はあくまで自己責任です。

 
 
 

S660の中古車市場の動向は?

出典元:https://www.photo-ac.com/

S660の中古車はカーセンサー、グーネットで調べた結果、どちらも300台を超える台数が掲載されていました。(2018年6月現在)

人気車種なだけあって、新車価格からあまり落ちていないのが現状です。

納車待ちの期間も短くなり、他の車と変わらない程度の期間で納車出来るようになってきているので、新車で購入する方が賢い選択といえるのではないでしょうか。

ただ、今回紹介した限定車は新車購入が出来ないので、中古車市場で探すしかないようです。

 
 
 

まとめ

出典元:http://motorz.jp/garage/21990/

今回はホンダ・S660について紹介させて頂きました。

小さいながらもユーザーを飽きさせないスポーツカーとして長く愛されている一台です。

スポーツカーに憧れているけど、環境や車庫の関係で大きな車を購入出来ない方もいるでしょう。

そんな方にオススメしたい一台がS660です。一度検討してみてはいかがでしょうか?

新車情報カテゴリの最新記事