納車待ちもようやく解消、軽自動車界のNSX=ホンダ・S660!最新のカスタム・チューニングパーツをチェック!!

納車待ちもようやく解消、軽自動車界のNSX=ホンダ・S660!最新のカスタム・チューニングパーツをチェック!!
     
   

出典元:http://www.honda.co.jp/S660/modulox/

S660のスペック・特徴をおさらい

出典元:http://www.honda.co.jp/S660/webcatalog/styling/design/

納車待ちが解消し、落ち着いてきた軽自動車のホンダ・S660ですが、まだまだ人気を集めています。

軽自動車界のNSXと呼ばれることもある、コンパクトなスポーツカーです。先日マイナーチェンジしたばかりのS660の魅力に迫ってみましょう。

S660の標準グレードと特別仕様車、無限から発売された限定車とは?

出典元:https://www.caranddriver.com/reviews/2015-honda-s660-mid-engine-roadster-first-drive-review

β

βがS660の最もスタンダードなモデルとなっています。とは言っても車両本体価格だけで約200万円です。

軽自動車ですが、S660はスポーツカーです。ただの軽自動車では無いので仕方ないでしょう。

その分、プッシュエンジン、LEDヘッドライト、スポーツスイッチなど、初期装備は十分備わっています。

カラーはプレミアムスターホワイト・パール、アドミラルグレー・メタリック、ナイトホークブラック・パールの3種類です。

α

βの上位モデルとなるのがαです。車両本体価格はβより約20万円ほど高くなります。

βよりも色の選択が4色増えています。βでは単調な色しかありませんでしたが、こちらだと好みの色が見つけられるかもしれません。

αにはクルーズコントロール、スポーツペダルなどが導入されています。より高級で、スポーティーな要素を感じることが出来ます。

Modulo X

ステップワゴン、N-BOXなどで既に搭載されてきたホンダ車の上位グレードであるModulo XがS660にも追加されました

とにかく走りに特化したモデルなので、車両本体価格を見ただけで他の2つのモデルとは全く違うものであることが分かる思います。

黒いアルミホイールの先に見える、赤いブレーキキャリパーが非常にカッコイイです。

シンプルだった内装はボルドーレッド×ブラックの内装へと変わり、更にスポーティーさが増し、上質な印象へと変わりました。

他のユーザーと差を付けたい方にModulo Xをオススメします。

コンセプトエディション

コンセプトエディションは限定車として発売されました。台数はS660の車名にちなんで660台です。

色はプレミアムスターホワイト・パールのみですが、ブラックだったトップの色がボルドーレッドになるので、一目で限定車仕様であることが分かります。

販売開始が2015年3月なので新車で購入することは不可能ですが、既に中古車市場にも流れているようなので、どうしてもコンセプトエディションが良いという方は中古車を探してみると良いでしょう。

新車情報カテゴリの最新記事