アバルト・500/595シリーズの限定モデルに695リヴァーレ登場!フェラーリ・マセラティに続きクルーザーメーカーRIVAとコラボレーション!

アバルト・500/595シリーズの限定モデルに695リヴァーレ登場!フェラーリ・マセラティに続きクルーザーメーカーRIVAとコラボレーション!
     
   

出典元:https://motor-fan.jp/article/10006451

RIVAとコラボレーションしたアバルト・695/695Cリヴァーレ特徴は?

出典元:https://www.abarth.jp/limited/695_rivale/

56フィートのフライブリッジボート「リヴァーレ」をイメージした内外装

クルーザーメーカーRiva(リーヴァ)はイタリアらしいオシャレで上品なデザインを特徴としています。

同じくイタリアのカーメーカーAbarth(アバルト)とコラボした「アバルト・695/695Cリヴァーレ」が今回、リリースされることとなりました。

リーヴァはジョージ・クルーニーなど海外セレブにも人気のあるメーカーですが、中でもリヴァーレというモデルはメタリックな外装が弾丸のようなイメージを与える、かっこいいモデルです。

「アバルト・695/695Cリヴァーレ」はリヴァーレのデザインを強く意識したものとなっており、ボディーがツートンカラーになっているのが大きな特徴。

また、リヴァーレにならい、インパネなどの内装部分にはマホガニーが使われているのもポイントでしょう。

スタイリッシュでありながらもエレガントが感じられるデザインです。

「平日はオフィスへ向かい、週末はサーキットへ」というコンセプト一貫して掲げているアバルト。

フィアット車を手掛けるメーカーの中でもひときわ存在感がありますが、今回はどんなモデルをリリースしたのでしょうか。早速、スペックからチェックしていきましょう。

エンジンは595コンペティオーネと共通の180馬力仕様

デザインに関してはかなり個性的ですが、スペックはどうでしょうか?

エンジンは1.3L直列4気筒ターボエンジン搭載を搭載し、最高出力180ps/5,500rpm、最大トルク230Nm/3,000rpm。

これは既存モデル「595コンペティオーネ」と同じ仕様となっています。

後に詳しくご紹介しますが、「595コンペティオーネ」は既存のモデルの中でもパワフルさが特徴。

人気も高いモデルなので、スペックも採用したのでしょうか。

マフラーはレコードモンツァではなくアクラポビッチ採用

「595コンペティオーネ」と違い、マフラーはレコードモンツァではなく、アクラポビッチを採用。

力強い迫力のあるサウンドが魅力のレコードモンツァ。

それに対して、アクラポビッチは元々オートバイの世界で有名なエキゾースト・システムで、ドライなマフラーサウンドと美しい造形が魅力的。

海上を走るような軽快さを意識したのでしょうか。スポーティな走りが期待できそうです。

カブリオレの695Cリヴァーレも設定、国内限定150台

85台限定販売の「695」のほかに、「695Cリヴァーレ」というカブリオレタイプも同時発売され、こちらは65台限定販売です。

合わせて国内限定150台という貴重なものとなっています。

これまでの歴代限定モデルと比べても販売台数が少なめなので、早めに押さえておきたいですね。

「695/695Cリヴァーレ」のスペックなど基本情報をご紹介しました。

新車情報カテゴリの最新記事