fbpx

新型メルセデスベンツ・AクラスにAMG A35 4マチック登場!2リッターターボで300馬力超え、ライバルのCセグメントホットハッチとスペックを徹底比較!

新型メルセデスベンツ・AクラスにAMG A35 4マチック登場!2リッターターボで300馬力超え、ライバルのCセグメントホットハッチとスペックを徹底比較!
     
   

出典元:https://www.mercedes-benz.com/en/mercedes-benz/vehicles/passenger-cars/a-class/mercedes-amg-a-35-4matic/

新型メルセデスベンツ・AクラスのAMG A35 4マチックはどんなモデル?

出典元:https://www.mercedes-benz.com/en/mercedes-benz/vehicles/passenger-cars/a-class/mercedes-amg-a-35-4matic/

新型A250の2リッター直4ターボエンジンをチューニング

Aクラスはメルセデスベンツのエントリークラスにあたる存在のコンパクトハッチバック。初代の登場は1997年です。日本には1998年に導入されました。

今回の新型Aクラスは4代目。今回その新型AクラスにメルセデスのハイパフォーマンスモデルであるAMGモデルがラインナップされることが明らかになりました。

もちろん先代のAクラスにもAMG A45 4マチックというAMGモデルがありましたが、今回はA35 4マチックとなりました。AMG A45 4マチックに次ぐ位置付けとされるようです。

先に発表されるのがAMG A35 4マチックとなりましたが、メルセデスベンツはAMG A45 4マッチックも同時に開発しているとの情報もあります。

新たに誕生するAMG A35 4マチックは、新型A250に搭載されるM260型2.0L直4気筒ガソリンターボエンジンをAMG仕様にチューンナップしたエンジンを搭載。

ツインスクロールターボチャージャーやカムトロニック(可変バルブコントロール)、マルチスーパークイグニッションなどを採用しました。またメルセデスベンツの特許技術であるCONICSHAPE加工をエンジンの摩耗低減対策として使用したということ。

このエンジンは最高出力310ps、最大トルク400Nm、0-100㎞/h加速は4.7秒、最高速度は250㎞/h(リミッター作動)という数値をマークします。

【全国どこでも!】メルセデスベンツのAクラスを買うならイキクルが優遇ディーラーをご紹介!

7速DCTと4WDの組み合わせ

トランスミッションにはAMG専用の7速デュアルクラッチ「AMGスピードシフトDCT7G」が組み合わされました。これは先代から変更ありません。

後に9速がラインナップに加わる可能性もあるとか。

4WDシステムはメルセデスベンツの4WD システム「4マチック」がAMGパフォーマンス仕様にチューンナップされています

専用の強化サスペンションやブレーキ

足回りやブレーキにももちろん手が加えられました。ブレーキにはフロントに新開発された4ピストンモノブロック固定キャリバーでディスク径350㎜のもの、リアには1ピストンスライドキャリバー、ディスク径330㎜のものが採用。豪華ですね。

キャリバーはシルバー塗装、AMGのロゴがあしらわれます。

またフロントサスはマクファーソンストラット、リアサスはトレーディングアーム方式のAMGライドコントロールサスペンションを使用

AMGらしいリニアなハンドリング、安定した走りを実現します。

AMG専用の内外装、AMGトラックペースもオプションで装備

出典元:https://www.mercedes-benz.com/en/mercedes-benz/vehicles/passenger-cars/a-class/mercedes-amg-a-35-4matic/

エクステリアには2本のルーバーが印象的な専用フロントグリル、カナード付きのAMG仕様のフロントバンパーや大型エアインテーク、フロントリップスポイラー、サイドシルパンネルが用意されました。

リアはブラック塗装されたディフューザー付き専用バンパー、大型のリアウイングなどが装備されています。

内装もAMGらしいレーシーなイメージのものに。室内はブラックで統一され、ステッチやシートベルトにアクセントカラーのレッドが施されました。AMGステアリングホイールが大きな存在感を放っています。

オプションではAMGトラックペースに注目したいところ。これはサーキット走行時にラップタイムや加速度、ブレーキなどの情報を記録してくれるシステム。ニュルブルクリンクなどの世界的に有名なサーキットはすでにシステムに情報が収録されているそうですが、それ以外のサーキットの情報も追加が可能。

さらに登録されたコースマップから最も適したレーシングラインを計算し、ヘッドアップディスプレイに表示してくれるという優れものです。

サーキット走行を考えている方は是非取り入れたいオプションですね。

本国では発売済の新型メルセデスベンツ・Aクラス、AMG A35 4マチック以外にどんなモデルがある?

出典元:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/a-class/a-class-hatchback/explore/concept-W177.module.html

1.4リッターのA180、2リッターのA250、ディーゼルのA180d

新型Aクラスには、AMG A35 4マチック以外には3つのエンジンが用意されました。

ますA180は直4気筒1.4ガソリンターボ。最高出力は162ps、0-100㎞/h加速は8秒です。

A250は直4気筒2.0Lガソリンターボ。最高出力224ps、0-100㎞/h加速は6.2秒。AMG A35 4マチックのベースとなったエンジンです。

ディーゼルモデルのA180dには直4気筒1.5Lディーゼルターボ。このエンジンはルノー日産製ということ。

最高出力は115ps、0-100㎞/h加速は10.5秒となっています。

セダンモデルも発表

新型Aクラスにはセダンモデルも登場することが明らかになっています。まずは1.3Lガソリンエンジンと 1.5Lディーゼルエンジンというラインナップの予定のようですが、今後増える可能性もあるということ。

外装・内装は、ボディ形状以外のデザインはハッチバックとほぼ変わらないそうです。

アウディ・A3やBMW2シリーズ グランクーペに対抗するものと思われます。

【無料紹介】メルセデスベンツのどんな車種でもOK!イキクルが優遇ディーラーをご紹介!

新型AMG A35 4マチックとライバルのCセグメントホットハッチとスペックを徹底比較!

BMW・M140i

出典元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/1-series/5-door/2017/m-performance.html

BMW・1シリーズの中では最もハイスペックなこのモデル。搭載しているのは3.0L直4気筒ツインスクロールターボエンジンです。べーシックモデルの2倍にあたる排気量のエンジンとなっています。

気軽にスポーツ走行が楽しめるモデルとして定評があります。内装もベーシックモデルに比べれば若干スポーツ仕様であることを感じさせますが、新型AMG A35 4マチックほどレーシーではないので普段使いがしやすい印象です。

関連記事:BMWのエントリーモデル、1シリーズのグレード体系変更!限定モデルだったMスポーツ エディションシャドーとファショニスタがレギュラー化!

アウディ・S3スポーツバック

 

出典元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/s3_sportback.html#

ベースモデルは1996年にデビューしたA3。「小さな貴婦人」がコンセプトのこのモデルにサーキット走行も可能な走行性能を持たせたハイパフォーマンスモデルです。

先進安全機能も充実、実用性も充分。2.0Lターボエンジンとアウディ自慢の4WDシステム「クアトロ」がコンパクトながら驚くような走りをもたらします。

フォルクスワーゲン・ゴルフR

出典元:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golfr.html

大人気車種であるフォルクスワーゲン・ゴルフにもハイステックモデルが存在します。それがこのゴルフRです。

通常走行でも問題なく快適、でも飛ばすとなると豹変する、そんなイメージ。スポーティな走りを追求しながらも普段使いしやすいように考えられているモデルです。シートアレンジなどもベースモデルと同じように可能。乗る人を選ばないハイパフォーマンスモデルといった印象です。

それではそれぞれのスペックを比較してみましょう。

  最高出力(kW[PS]/rpm) 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)
AMG A35 4マチック 228[310]/5,800-6,100 400[40.8]/3,000-4,000
BMW・M140i 250[340]/5,500 500[51.0]/1,520-4,500
アウディ・S3スポーツバック 213[290]/5,400-6,500 380[38.8]/1,850-5,300
フォルクスワーゲン・ゴルフR 228[310]/5,800-6,500 380[38.7]/1,850-5,700

AMG A35 4マチックとフォルクスワーゲン・ゴルフRはトルクの差が少しありますが、ほぼ同じスペックですね。また、トルクの数値はBMWがずば抜けて高いものとなっています。

新型メルセデスベンツ・Aクラスの国内発売はいつ?

出典元:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/a-class/a-class-hatchback/explore/nba-all-models-models.module.html

2018年10月18日に発売開始

新型メルセデスベンツ・Aクラスは2018年10月18日に日本導入が発表され、同日受注開始されました。今回日本に導入されたのは1.4LガソリンターボエンジンのA180のみ。2.0Lガソリンターボやディーゼルモデルは導入されませんでした。

AMG A35 4マチックの導入についてはまだ情報がありません。ただ、新型Aクラスの日本導入も海外に比べるとかなりタイムラグがあったので、AMG A35 4マチックも日本導入までにはそれなりに時間がかかることが予想されます。

AMG A35 4マチックはもちろん、違うタイプの新型Aクラスの登場も期待したいところですね!

【30,000円プレゼント】メルセデスベンツの車種ご検討ならイキクルが優遇ディーラーをご紹介!

新車情報カテゴリの最新記事