What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

スバルアイサイトの安全性と特徴、評価、購入するタイミングは?

2018.02.09
新車購入キャンペーン

1月31日は何の日だったかご存知でしょうか?

「1月の最終日」「香取慎吾の誕生日」「皆既月食があったような。。」色々ありますが1月31日は「愛妻の日」です。

普段、忙しく働く皆さんも家に帰って家事や育児をしてくれている奥様に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

 

ところで、1月31日の10時は 1(アイ)月 31(サイ)日 10(ト)時でアイサイト!

今回は、アイサイトに関して性能や評価、アイサイト搭載車を購入するタイミングなどをお伝えしていきます。

 

事故防止!スバルアイサイトの性能とは?

photo by subaru

アイサイトの特徴は人が目視しているかのようなカメラ機能があります。

人の目と同じように左右2つのカメラで立体的に環境を把握。自分が運転する車と相手の車との車間距離、相手の車の速度、形状はもちろんのこと、先行車以外でも歩行者や自転車、車線も認識してくれます。

なのでスバルのアイサイトは高い認識度があるといえます。

 

スバル以外の自動車メーカーはレーダーやレーダーとカメラなどで先行行を認識しますが、スバルは全車速追従機能付きクルーズコントロール(ACC)、アクティブレーンキープ機能、誤発進抑制機能、歩行者対応自動ブレーキなどをステレオカメラ単体ですべて制御することができました。

 

衝突被害軽減ブレーキで、同乗者も安全

photo by subaru

車を運転するにあたって、「つい」や「うっかり」という事があってはいけません。ですが、何かに気をとられていたなんて事もあるでしょう。

そんな時にあって安心の「プリクラッシュブレーキ」です。

このプリクラッシュブレーキは、自らのブレーキで回避操作があった場合に制動力を発生させます。

 

また衝突の危険がある場合に、ドライバーに注意を呼びかけます。

そして、回避操作が行われなかった場合自動でブレーキ制御をおこないます。更には、自動的に停止や、減速をはかります。

停止後は停止状態を保持し、一定時間以上の停止を確認すると電動パーキングブレーキをかけます。

 

他にもAT誤発進、後進抑制制御がついているので、後方や前方の障害物が検知されると警告表示や警報音で注意を呼び掛けてくれます。

また同時にエンジンの出力をおさえ、発進時をゆるやかにしてくれます。

 

同乗している奥様やお子様、家族を安全に乗せる事ができます。

 

 

新車購入キャンペーン

進化の歴史と車種ごとの特徴

 

スバルアイサイトの研究が始まったのが1988年になります。

その3年後の1991年の第29回東京モーターショーにてADA(アクティブドライビングアシスト)を公開しました。

 

そして1999年遂に製品化を果たしました。「レガシィランカスターADA」

世界で初めてADAを搭載した車になります。特徴は車間距離警報、車線逸脱警報、車間距離制御クルーズコントロール、シフトダウン制御、地図データ参照によいカーブ警報を実現化されていました。今と比べると、カメラの感度や解像度も画像処理技術も未発達でした。

 

更に4年後にはADAを補うためにミリ波レーダーと搭載しました。「レガシィツーリングワゴン3.0R ADA」

ADAの更なる進化のためにレーザーレーダー方式やレーダー方式にもチャレンジしました。

お互いの欠点を補うシステムにチャレンジした結果、車間距離警報、車線逸脱警報、車間距離制御クルーズコントロール、ふらつき警報、グリップモニター、追従モニター、前車発信モニター、VDCプレビューモニターを実現することができました。

ですが車体価格にプラスしてオプションをつけなければならなく、更には高額なオプションなため大きな問題となりました。

 

ですが、スバルが目指しているのは「交通事故0」です。お金を持っている人にだけ搭載できるというのは本意ではありませんでした。そこで高価なミリ波レーダーは使わずステレオカメラのみで全ての機能を実現できるように転換しました。

 

そして2008年 アイサイトが誕生しました。「レガシィEyeSight」

ステレオカメラへ換装すうことによって衝突ブレーキがついに実現することができましたが、2008年の時点では最大減速Gが0.4Gと制限されていたため、衝突を回避することは不可能でした。

しかし、上記で紹介した内容のほかにAT誤発進抑制制御や前車速追従昨日月クルーズコントロールなどさまざまな機能を実現させました。

 

更に2018年の今でもアイサイトは進化を続けています。

 

 

アイサイトツーリングアシストとは?

photo by  subaru(レヴォーグ)

アイサイトツーリングアシストとは「レヴォーグ」と「WRX S4」に最初に搭載された機能です。

 

ブレーキ、アクセル、ステアリングシステムを自動アシストしてくれ、アクセルペダルを踏み続けなくても、設定した速度を一定に保ち走行することが出来るシステムになります。長時間運転時の渋滞のストレス軽減などに役立ちます。

 

アイサイトツーリングアシストは車速域がver3よりも拡大されています。

 

スバル アイサイトの搭載車種は?

スバル アイサイトの搭載されている車種は下記となります。(2018年2月8日時点)

                                                  photo by subaru

 

レガシィB4 (ver3)

レガシィoutback (ver3)

LEVORG (ver3)

WRX S4 (ver3)

IMPREZA sports (ver3)

IMPREZA G4 (ver3)

SUBARU XV (ver3)

SUBARU XV HYBRID (ver2)

FORESTER (ver2)

EXIGA CROSSOVER7 (ver2)

 

上記の10車種になります。

 

アイサイト搭載車に乗車した人の評価は?

 

アイサイトに乗ってみた人、乗っている人のほとんどが楽と言っています。

高速を運転する時が一番らくなんだそうですよ。

命はお金で買えないので、事故を防げたと言うのは非常に重要だと思います。

 

家族でドライブや旅行へ行ったときでも夫婦で順番に運転することができるといった事や、安心して運転をまかせられるといった声もあります。

 

スバルアイサイト搭載車を購入するタイミングは?

スバルのアイサイト搭載車の購入を考えている方へ、買うタイミングをおさえておきましょう。

 

車のオススメの購入時期は2月か3月

2月3月は安く手にいれられるという事と値引きが出来るのでこの月の購入をおすすめします。

何故なら自動車メーカーや販売会社が決算時期という場合が多いからです。各販売会社ではそれに伴い値引き戦争が繰り広げられているといえます。

SUBARUの決算月も3月期となります!

 

更にお得な購入方法

「購入時期以外では、車は安く買えないの?」とがっかりしているかもしれませんが、実は他にも車を安く買う方法が存在します

キャンペーン」を利用することで労力をかけずに車体値引きが出来ます!ディーラーもよく広告やCMでキャンペーンをアピールしていることがありますが、それは自動車購入の際のオプションを割引くことで車体の値引きはほとんど出来ないです。

 

お住まいから一番安く希望の新車を購入できる店舗(ディーラー)を全国どこでもご紹介できます。

更に、イキクルが展開している新車購入お祝い金キャンペーンは新車を購入されたら、3万円必ず貰えます

 

新車を最安価格値で買う方法

 

新車を購入する際にはかならず、応募は必須ですよ。

もちろん応募は無料です!

❊こちらのキャンペーンは期間限定の物なので、いつまで続くか分からないです。

急に終了することもあるので、要注意です。

 

 


文:イキクル編集部

carteacher
新車購入キャンペーン

ranking

  • スーパーカーから旧車まで勢揃い!2018年のクルマイベントまとめ

  • 今更人に聞けない……。メルセデス・ベンツのクラス分けの違いや特徴は?【特別連載・第2回】

  • 乗ってる車で丸わかり!「結婚相手に向いている男」診断

  • 渋滞中もワイワイ盛り上げ!車内の暇つぶしゲーム12選【遊び方の解説付き】

  • 【地元の人も噂する】茨城県のヤバすぎる心霊スポット8選

  • 【築地より美味しい!?】とれたての魚が食べられるお店がある地方漁港20選-全国版

  • ディズニー映画「カーズ」に出てくるキャラクターのモデル車総まとめ

  • 【ありがとう・気をつけろ・バカ野郎】知らないと恥ずかしいパッシングの6つの意味

  • 【20種類】ベンツSSK〜FIATまで!ルパン三世の愛車の遍歴まとめ

  • 日本一安く新車が買える!最安価格 × MAX値引き × お祝い金3万円プレゼント!!

Follow on twitter