スバルアイサイトの安全性と特徴、評価、購入するタイミングは?

スバルアイサイトの安全性と特徴、評価、購入するタイミングは?

1月31日は何の日だったかご存知でしょうか?

「1月の最終日」「香取慎吾の誕生日」「皆既月食があったような。。」色々ありますが1月31日は「愛妻の日」です。

普段、忙しく働く皆さんも家に帰って家事や育児をしてくれている奥様に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

ところで、1月31日の10時は 1(アイ)月 31(サイ)日 10(ト)時でアイサイト!

今回は、アイサイトに関して性能や評価、アイサイト搭載車を購入するタイミングなどをお伝えしていきます。

事故防止!スバルアイサイトの性能とは?

photo by subaru

アイサイトの特徴は人が目視しているかのようなカメラ機能があります。

人の目と同じように左右2つのカメラで立体的に環境を把握。自分が運転する車と相手の車との車間距離、相手の車の速度、形状はもちろんのこと、先行車以外でも歩行者や自転車、車線も認識してくれます。

なのでスバルのアイサイトは高い認識度があるといえます。

スバル以外の自動車メーカーはレーダーやレーダーとカメラなどで先行行を認識しますが、スバルは全車速追従機能付きクルーズコントロール(ACC)、アクティブレーンキープ機能、誤発進抑制機能、歩行者対応自動ブレーキなどをステレオカメラ単体ですべて制御することができました。

衝突被害軽減ブレーキで、同乗者も安全

photo by subaru

車を運転するにあたって、「つい」や「うっかり」という事があってはいけません。ですが、何かに気をとられていたなんて事もあるでしょう。

そんな時にあって安心の「プリクラッシュブレーキ」です。

このプリクラッシュブレーキは、自らのブレーキで回避操作があった場合に制動力を発生させます。

また衝突の危険がある場合に、ドライバーに注意を呼びかけます。

そして、回避操作が行われなかった場合自動でブレーキ制御をおこないます。更には、自動的に停止や、減速をはかります。

停止後は停止状態を保持し、一定時間以上の停止を確認すると電動パーキングブレーキをかけます。

他にもAT誤発進、後進抑制制御がついているので、後方や前方の障害物が検知されると警告表示や警報音で注意を呼び掛けてくれます。

また同時にエンジンの出力をおさえ、発進時をゆるやかにしてくれます。

同乗している奥様やお子様、家族を安全に乗せる事ができます。

進化の歴史と車種ごとの特徴

スバルアイサイトの研究が始まったのが1988年になります。

その3年後の1991年の第29回東京モーターショーにてADA(アクティブドライビングアシスト)を公開しました。

評価レビューカテゴリの最新記事