手に汗握らないスポーツカー。Mercedes-AMG GT Sの魅力は【走りの安定感】にあり

手に汗握らないスポーツカー。Mercedes-AMG GT Sの魅力は【走りの安定感】にあり
     
   

AMG GTは、生産終了を発表した大人気モデル『SLS AMG』に続くメルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカーの第2弾である。

特徴はなんといってもその安定感。500馬力以上のスペックを持ちながらも、その操作性は素直

どんなに加速をしても手に汗握ることのない安心感、それは一体どこから来るのだろうか。今回はその理由を探ってみた。

走りの安定感4つの秘密

1.エンジン

エンジン
Photo By Yahya S.

第1の理由は新設計されたエンジンにある。

搭載エンジンはAMG4.0リットルV8直噴ツインターボエンジン。特にGT Sはパワーウエイトレシオ3.08、0-100km/h加速3.8秒を実現しており、最新テクノロジーが生み出す最高傑作と言えるだろう。

また、強固なクランクケースと鍛造ピストンが、優れたパフォーマンスと安定性をもたらす。さらに、フリクションロスを低減するためにシリンダー内壁は革新的なナノスライドコーティングが施されている。

シリンダー
Photo By Youtube

ドライサンプ潤滑システムも忘れてはいけない。これによりこのフロントミッドシップエンジンにとって、従来のオイルパンは不要な存在となった。

これらが総合され、エンジンの小型化が成され、低重心化を実現。それすなわち、ドライビングダイナミクスの大幅な向上と高い横加速度を可能にしたことを意味する。

ターボ
Photo By Youtube

おっと、忘れてはいけないのがターボチャージャーの存在だ。吸気経路を最適化し優れたエンジンレスポンスを生み出すことに一役買っている。

この結果、今までにないレスポンシブなドライビング体験を得られるようになった。

2.理想的な前後重量配分

前後有料配分
Photo By 公式サイト

前後重量配分の理想はいくつだろうか?

Mercedes-AMG GT Sは47:53という答えを出した。

ボディには、アルミニウムを中心とする素材を適材適所に配置することで、軽量でありながら高い強度を実現したアルミニウムスペースフレームを採用。

評価レビューカテゴリの最新記事