ホンダ・ヴェゼルvsトヨタ・C-HR、流行クロスオーバーSUV徹底比較!

ホンダ・ヴェゼルvsトヨタ・C-HR、流行クロスオーバーSUV徹底比較!
photo by 本田技研工業株式会社
C-HRphoto byトヨタ自動車株式会社

2016年末、鳴り物入りでデビューしたトヨタ・C-HR。これを迎え撃つは、3年連続SUV販売台数No.1を誇るホンダ・ヴェゼルです。今回はこのC-HRとヴェゼルを徹底比較し、どちらが本当に優れたクルマなのかを検証することにしました。いま大流行のクロスオーバーSUV対決、勝利の栄冠を手にするのは果たしてC-HRか、それともヴェゼルか。最後まで目が離せない、注目の5番勝負のスタートです。

【エクステリア】ボディサイズについてはヴェゼルが勝る

撮影協力 ホンダカーズ茨城北 県庁前店

まずは、エクステリアのデザインについて見ていきましょう。C-HRは金属の塊を削り出したようなダイナミックさと、スピード感あふれるデザインがひとつのポイントとなっています。

遠目で見ると、3ドアハッチバックのようにも見えるのが印象的です。対するヴェゼルは比較的オーソドックスで、幅広い年齢層に受け入れられるデザインといえるでしょう。奇をてらった部分がなく、飽きがこないという点では長く付き合えそうです。

ボディサイズは、ヴェゼルが全長4,295mm×全幅1,770mm×全高1,605mm、C-HRが全長4,360mm×全幅1,795mm×全高1,550mmとなっており、コンパクトさという点ではヴェゼルが優位となります。ただし、実際に運転する時に気になる最小回転半径は、ヴェゼルが5.3m、C-HRが5.2m。僅差ですが、C-HRの方が小回り性能は優れている点は見逃せません。

デザインについては好みが大きく分かれるところですが、タワーパーキングに停車できるなどの実用面ではヴェゼルがわずかに勝っているといえるでしょう。

【インテリア】視界、乗降性に優れたヴェゼル

ヴェゼル C-HR 比較photo by トヨタ自動車株式会社,本田技研工業株式会社

インテリアに目をやると、C-HRのデザインはとても都会的でスマートな感じがあります。上質な感じをまとっているな、ということがひと目でわかります。操作性についてもナビや空調のパネルはドライバーに向かって傾斜しており、運転しながらでも扱いやすくなっているのが好印象です。そして何よりスポーティ。タイトにまとまったコクピットは若々しく、躍動感が感じられます。

シートのホールド性も特筆すべきものがあり、背中をしっかりと支えてくれる点は安心感が得られます。体格によっては少し狭い印象も持ってしまいますが、全体的なパッケージングとしてはキャラクターに合っているとも思えるでしょう。ドライバーとしては運転に集中でき、好ましい環境といえます。一方のヴェゼルはインテリアに開放感があり、乗る人全員を優しく包み込んでくれる点がC-HRと大きく異なります。

操作性という点では両車ともシンプルな構成で、運転しながらでもドライバーが確実に操作できます。ナビやエアコンの操作パネルについてはC-HRの方が若干上部にセットされているので、扱いやすいといえるでしょう。

評価レビューカテゴリの最新記事