人気のホンダNSX (2016) 評価レビュー

人気のホンダNSX (2016) 評価レビュー
     
   

・待望のホンダNSXの二代目を試乗

・ツインターボV型6気筒、3モーター、4WD

・565bhp, 1725kg, 3秒で0-62mph加速、£120,000

これまでFerrari458 イタリアやPorsche911 ターボ、Model T フォードと比較してベンチマークとされて長いが、ホンダの21世紀のNSXが証明出来ることは多い。オリジナルは純粋に革命的なものであった。無数の実用的な欠点は許さないスーパーカーだ。見掛けなくなるようなスーパーカーは今や殆どないのだから、灯油手当(Fuel Allowance)を受けているのであれば、早くかつ安心してフランスを横断するくらい走ってしまうことだ。

1989年NSXのアルミニウムを使った設計は革新的だった一方、オリジナルは基本的には非常にシンプルなものだった。2シートのミッドエンジンクーペ、マニュアル式ギアーボックス、バランスの良さ、そして紙面の仕様を凌ぐ乗りやすさ。3モーター、ツインターボ、トルクベクタリング、そして少なくとも10の独立したパワートレインクーラーを搭載し、新型ホンダNSXの素晴らしさは長引く開発サイクルが示唆しているより他ならない。

しかし、NSXは待つに値する車だとプロジェクトリーダーのテッド・クラウス氏は語る。「Porsche 918やLaFerrariに似た技術をずっと低い価格で提供している。少し時間が掛かってしまったのは、完璧を求めたためだ。」

BMW i8のようなハイブリッドよりも寧ろPorsche 918のようなハイブリッド?

その通り。価格はBMW i8に近いが、NSXはプラグインハイブリッドではない。ロタリードライブモードのコントローラーではQuietモードを選択し、(他のオプションにはSport、Sport+、Track、それぞれにスロットルレスポンスの設定付き、ステアリング、ダンピングレート、パワートレイン、キャビンの音響)ほぼ無音に近いEVになるまでV6を起動する前に約1.5マイルをマネージする。

いや、NSXのミックスドメディアのパワートレインは改善されたパフォーマンス性を提供している。トルクのベクタリングのケーパビリティにより、スタンディンススタートから自由自在に走行可能だ。プロジェクトチーフのクラウス氏によると、「システムはドライバーの要求を理解し、理想にどれだけ応えられているのかを見ています。何か誤差が生じている場合、それぞれ後方の車輪をスローにしたり、もしくは各フロントモーターのおかげで前方車輪のトルクを上げたり下げたりすることが可能です。静かに各車輪の力を落としますが、ドライバーの方でもラインを調整をすることが可能です。また、コーナーの非常に早い段階で推進力をつけることも出来ます。」

3秒以内で62mphというのは楽観的か?

photo by carmagazine.co.uk
photo bycarmagazine.co.uk

恐らく。しかし、エンジンと、後方の車軸と2つの独立したフロントモーター(それぞれ36bhp)に500bhp以上かけるリア―モーターを搭載し、新型NSXは効率的に完成された四輪車であると言える。

ホンダは、そのクラスの車はどれも、現実的なローンチリクエストを目の眩むようなスタンディングスタートの加速に変えることは出来ないと主張する。また、停車状態からの発車の仕方も実に迫力がある。車体の低いクーペがそこまでトラクションコントロールライトを点滅させず、執拗にスピードを加速させる。

ギアにコントロールを置いておくのが仕事だが、密接にスタックするのが割合だ。(トランスミッションは9レベルのスピードでCDTツインクラッチアフェア。1番目がローンチ向けで9番目がリラックスしたモーターウェイクルージング向けだ。)凶暴性を感じるまでの最初のスタートの後には、NSXのどっしりとした1725㎏の縁石すれすれの車体を非難するだろうが、それでも楽々と早く疾駆出来る車なのだ。

評価レビューカテゴリの最新記事