What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

レジャーの前に要チェック!ドライブ中の紫外線対策、万全ですか?

2016.05.27

Man Driving Convertible Car On Road Trip

少しずつ日差しが強くなってくる今日このごろ。紫外線対策はしっかりできていますか?「まだ夏じゃないし…」とおろそかにしていてはいけません。紫外線を浴びすぎると単に日焼けするだけでなく、皮膚や目に悪影響を及ぼすこともあるのです。

ここではドライブ中の紫外線対策についてご紹介します。レジャーや旅行に出かける前は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

紫外線の種類と影響を知ろう

そもそも紫外線とは、太陽光線のうち目に見えない不可視光線に分類されます。オゾン層を通過して私たちのもとに届くのは、ほとんどがUV-AUV-Bの2種類。

UV-Aは紫外線の中で最も波長が長く、シワやたるみを引き起こします。UV-Bは肌が赤くなったり、シミの原因になります。皮膚がんを引き起こすのもUV-Bのしわざなのだそう。UV-Aが肌の内部から影響していくのに対し、UV-Bは肌の表面に作用するといったイメージですね。

日差しが強く、日照時間の長い夏に日焼けをしがちですが、実は紫外線は年間を通して降り注いでいるのです。日焼けするほどでなくても、紫外線を浴び続けていればそれだけ悪影響が出てきます。老化やがんの原因にもなるので、老若男女を問わず対策が必要になってくるのです!

iStock_000069268485_Small

日焼け止めの選びかた

まずは肌の紫外線対策から。多くの方が日焼け止めをイメージすることと思いますが、しっかり用途にあわせて選ぶことが大切です。その基準となるのが、パッケージに表記されている「PA」「SPF」という数値。

「PA」は前述のUV-Aに対する防御効果を表しており、「+」が多いほど効果が高いという意味です。四段階まで表示されていますが、日常生活で「++++」をつける必要はあまりないでしょう。

「SPF」はUV-Bに対する防御効果です。実はこのUV-B、浴びてから影響が出るまでには約20分ほどかかると言われています。SPFは、その影響が出始める時間を遅らせるという意味があります。例えばSPF30の日焼け止めなら、20分×30=600分。約10時間、日焼けを防げるわけですね。

ただし、日焼け止めは効果が強ければ強いほどよいわけではありません。強すぎる日焼け止めは、かえって肌荒れの原因になることも。子どもや肌の弱い人向けの日焼け止めも売られているので、目的地や肌の状態をよく考えて選びましょう。

塗るときはムラのないようたっぷりとのばし、数時間おきに塗りなおすと効果が高まります。

iStock_000025589785_Small

お役立ちグッズで肌を守ろう

日焼け止めに加えてこんなグッズも準備しておくと、さらに防止効果はアップ!

UVカットフィルム

最近のクルマは最初から窓ガラスにUVカット加工が施されているものも多いようです。しかし、自分のクルマがそうでない場合はUVカットフィルムを貼りましょう。断熱効果があるものなら、冷暖房の効率も上がります。

なお、法律ではフィルムを貼った状態で可視光線透過率が70%以上でなければならないと定められています。真っ黒なガラスでは、前が見えなくて危ないですから当然ですよね。クリアできていないと車検に引っかかることもあるので、不安な方は貼り付けを専門店にお願いするのがよさそうです。

アームカバー、長袖のはおりもの

半袖の服で長時間運転していたら、片方の腕だけが真っ赤になってしまった…そんな経験のある人もいることでしょう。そうならないためには、アームカバーや長袖のはおりもので腕をガードするのがおすすめ。UVカットのカーディガンやパーカーなら夏用に作られているので、風通しもよいですよ。

ストール、大きめのタオル

半ズボンやミニスカートなど足を露出しているときに、大判のストールやタオルがあると役に立ちます。やはり直接日に当たるのと、一枚布をかけているのでは、感じる暑さも全く変わってくるもの。クーラーで冷えたときにも活躍してくれます。

目の紫外線対策も忘れずに!

紫外線を浴び続けると、目にも悪影響が。角膜炎や白内障といった病気の原因になることもあるのだそう。また、目からの紫外線が原因でメラニンが生成され、シミなど肌にも影響が出ます。

目の紫外線対策といえば、やはりサングラス。メガネ屋さんで紫外線カット効果のあるものを選びましょう。レンズが大きいものもおしゃれですが、ドライブ用にはなるべく顔にフィットしたサングラスを。隙間が大きいと、そこから紫外線が入ってきてしまいます。

また、単にレンズの色が濃ければ効果が高いというわけではありません。レンズの色よりもUVカット率を重視して選ぶようにしましょう!

Young man at optician shopping sunglasses

もし日焼けしてしまったら…

日焼けはやけどと同じようなもの。もし日焼けしてしまったら、まずは濡れタオルや保冷剤でよく冷やしましょう。その後で、化粧水やシートマスクでたっぷり保湿し、水分をたくさん採って早く寝るとよいと言われています。

海やアウトドアなどに行くときは、クーラーボックスに多めに保冷剤を入れておいたり、余分にタオルを持っていったりすると、うっかり日焼けしてしまっても安心ですね。

日焼けをしすぎてヒリヒリするのは、あまり気分がいいものではないですよね。しっかりと紫外線対策をしておくことは、単に肌にいいだけでなく、病気を防ぐことにもつながります。これまであまり関心のなかった方も、まずは日焼け止めとサングラス選びから始めてみては?

正しい紫外線対策で、これからの季節のドライブを楽しんでくださいね!

【関連記事】

【デートスポット付】紫外線対策こそ夏モテの極意。女性を「日焼け」をさせずボディタッチも…

【茨城ならハシゴもできる!?】彼女の日焼けも気にならない首都圏のアウトレットモール15選

【まる専用自転車も登場!?】飼主が夏にしてあげられる犬の熱中症対策5選

【5分で5度も上昇】夏の車内は一瞬で熱中症危険レベルに!JAFの実験からわかる5つの事実

(Visited 1,299 times, 2 visits today)


あなたが好きな車種はどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter