What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

東京モーターショー直前!会場へ行く前に今年注目のモデルをおさらいしよう【国産車編】

2017.10.23

10月27日から始まる東京モーターショーに向けて、各自動車メーカーは次々と出典情報を発表しています。その中から、これだけは押さえておきたい注目すべきモデルを紹介しましょう。

東京、有明の東京ビッグサイトで行われ「第45回東京モーターショー2017」は、「世界を、ここから動かそうBEYOND THE MOTOR」をテーマとして、2017年10月27日(金)から11月5日(日)までの10日間(一般公開は10月28日(土)から)開催されます。

モーターショーといえば、未来の可能性を秘めたコンパクトカーが多く出品されるのが通例ですが、このところの世界のモーターショー流れはEVと自動運転に集約されており、これ以外の未来はないという状況になっています。そして、
その指し示す未来は非常に近い物になっているということから、コンセプトカーと発売予定車の境が曖昧になっているのも特徴として挙げられています。

そこで、「東京モーターショー2017」に出展が決まっている各メーカーの、注目すべきモデルを選んでみました。

トヨタ:VANとSUVを融合させた「 Tj CRUISER」と「クラウンコンセプト」

トヨタのコンセプトカー一押しは「Tj CRUISER」。生産が中止された「FJクルーザー」の後継のコンセプトモデルとみられ、VANのようなユーティリティの高さを感じられるスクエアなキャビンに、SUVらしい大径タイヤによるしっかりとした足回りと、力強いフロントビューを融合。VANとSUVそれぞれの良さを両立させた新ジャンルです。

次世代のTNGAプラットフォームを想定し、パワーユニットは、2.0Lクラスのエンジン+ハイブリッドシステムというのも手堅く、完成度の高さから市販車も近いものになると予想されます。

トヨタでは他に2018年に発売が決定している「新型センチュリー」も出展され、話題を集めそうですが、注目するのはやはり「新型クラウン」。クラウンシリーズは2018年夏に15代目へとフルモデルチェンジされることが濃厚であり、「CROWN Concept(クラウンコンセプト)」は、コンセプトといっても、ほぼ最終の市販車バージョンが披露されます。

エクステリアを見ると、クラウン初の6ライトのガラス形状がこれまでのイメージと大幅に変わり、プレミアム感のある「メルセデス」風から、スポーツサルーンである「アウディ」風に宗旨替えしたように思えます。これは「マークX」に変わり、スポーツセダンとしての役割を担うことが要因と見られ、フロントグリルの「RS」バッチもそのことを物語っています。

次ページ ホンダ:Honda Sports EV Concept

ホンダ:Honda Sports EV Concept

EV 開発では出遅れている印象のあるホンダも、電動化時代に向けてコンセプトカーを出展。「Honda Sports EV Concept」は、EV専用プラットフォームを採用し、コンパクトなボディーに電動パワーユニットを搭載。モーターならではの力強く滑らかな加速と静粛性、低重心による優れた運動性能を実現します。

またデザインにおいては、ロー&ワイドのスポーツカーらしいフォルムを継承しながら、一目で心に残るカタチや、多彩なライフスタイルに自然と溶け込む親しみやすいフロントフェイス、豊かな張りのある面構成などを用いて、所有する喜びと愛着が感じられる、次世代のスポーツカーデザインを目指しています。

次期「CR-Z」はこのスポーツEVがピッタリくると思いませんか?

次ページ マツダ:理想的なコンパクトハッチと次世代デザイン

マツダ:理想的なコンパクトハッチと次世代デザイン

次世代商品コンセプトモデルと、次世代デザインビジョンモデルの2台を公開します。次世代商品コンセプトモデルは、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデルです。ガソリンエンジンの圧縮着火制御技術の実用化に世界初のめどをつけた「SKYACTIV-X」と、次世代車両構造技術「(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー」を採用。マツダが考える理想的なコンパクトハッチバックを目指しています。
この「SKYACTIV-X」は、電動化一色のモーターショーの中で唯一、これからもエンジンは進化するという強いメッセージを放つはずです。

次世代デザインビジョンモデルは、マツダの魂動デザインの表現方法をさらに深化させた、次世代デザインの考え方を具現化したモデルです。

最近のマツダ車のデザインを劇的に変えた鼓動デザインはまだまだ奥が深そうです。

次ページ SUBARU:SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは近未来のWRXか?

SUBARU:SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは近未来のWRXか?

限定車などが多い SUBARUのブースですが、「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」は、将来ビジョンを具現化したスポーツセダンタイプのコンセプトモデルとなっています。自動運転を見据え、アイサイトを核とした高度運転支援技術を、運転を愉しみたくなるスポーツセダンに搭載するというSUBARUらしい試みです。近未来のWRXということでしょうか。

次ページ ダイハツ:ミゼットの使いやすさを継承したDN PRO CARGO

ダイハツ:ミゼットの使いやすさを継承したDN PRO CARGO

今回の東京モーターショーにおいて最も力が入っているメーカーの一つのがダイハツです。「DN PRO CARGO(ディーエヌ プロカーゴ)」は、あの「ミゼット」の使い勝手の良さと高い拡張性を継承し、軽自動車が持つ便利さを徹底的に追求した商用 EV モデルです。

「DN COMPAGNO(ディーエヌ コンパーノ)」は、1963年に発売した「コンパーノ」の スタイリッシュなデザイン思想を継承したコンパクト4ドアクーペで、アクティブなシニアに向けた豊かなセカンドライフを彩るモデルとなっています。

次ページ スズキ:スペーシア コンセプトは新スタイルの軽ハイトワゴン

スズキ:スペーシア コンセプトは新スタイルの軽ハイトワゴン

ただのコンセプトモデルではありません。低床で広い室内空間、使い勝手が良い、後席両側スライドドアの軽ハイトワゴン「スペーシア」のコンセプトモデル。スズキのもう一つの軽ハイトワゴンであるウェイクにも似たスタイリングは、打倒N-BOXを目指す「スペーシア」の本気度が見て取れます。

さらに発売間近とみるコンセプトカーが、小型クロスオーバーワゴン「XBEE(クロスビー)」と「XBEE OUTDOOR ADVENTURE(クロスビー アウトドア アドベンチャー)」です。見ての通り、軽トールワゴンの「ハスラー」をモチーフとしたSUVです。発売されれば「ハスラー」のように大ヒットする可能性があります。

次ページ 三菱:MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT

三菱:MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT

三菱はコンセプトカー「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露します。三菱が得意とするEV技術と四輪制御技術に、AI(人工知能)技術を搭載する新しいSUVです。ビッグトルクを生み出す小型・高性能モーターと大容量の駆動用バッテリーを搭載したEVでもあります。

(Visited 473 times, 315 visits today)

文:イキクル編集部


あなたが車内でよく聞く音楽のジャンルは次のうちどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter