What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

ダッシュボードにファー…そろそろイケてる車のインテリアNo.1を決めようじゃないか

2015.10.31

表現の自由が認められている現代において、自分を表現する手段はたくさんあります。

そのうちの1つが、カーインテリア。普通は手の回らないインテリアにこだわることで、自分のあふれ出る個性をクルマにも反映させる時代がきています。

では、いったいどのインテリアが一番「イケてる」のでしょうか?そろそろNo1を決めましょう。

エントリーNo.1 毛足の長いファー

白い毛並みがきれいなファー。色とりどりの香水なんかも置けば、高級感あふれるダッシュボードのできあがりです。あえてファーを長めの毛足にして、香水をチラ見させるのがポイント。

参考価格:1,680円(楽天

エントリーNo.2 青色LED

ヘッドライトやエンブレムなどあらゆる部分を青色LEDに。夜間でも、まるでハウステンボスのような綺麗なイルミネーションを楽しむことができますね。

参考価格:4,480円(楽天

エントリーNo.3 DADステッカー


豊富な品ぞろえで一部若者から絶大な支持を集めるGARSONのDADステッカー。1枚貼るだけで後列車からの煽りがなくなるとのうわさも。オトコの強さの象徴ですね。

参考価格:6,000円(GARSON

エントリーNo.4 UFOキャッチャーの人形

ゲームセンターで取った人形は車に。個性的でがっちりとしたボディと、車内のかわいらしい人形のギャップに萌える女子が多そう。

小ぶりの人形をフロントにずらっと並べることで、より可愛さを引き立てます。

参考価格:100円

エントリーNo.5 ぎらついた灰皿


カーインテリアは細かいところまでこだわるのが一番です。普段何気なく使っている灰皿も、ラインストーンで固めてあげれば存在感のある灰皿に早変わり。運転中でも思わずたばこが進みます。

参考価格:8,500円(GARSON

エントリーNo.6 ヘビ皮ティッシュカバー

灰皿同様、細かいところまでこだわるのが粋。高級感あふれるヘビ皮にすることでティッシュカバーもワンランクアップします。
そんなヘビ皮ティッシュカバー、通はドンキで選ぶようです。

参考価格:4,104円(楽天

エントリーNo.7 高級車エンブレム

本能の赴くままに力を見せつけること、普通はなかなか勇気がでませんよね。そんな一般人との差をつけるには、思い切ってエンブレムバッジを高級車に変えてしまうのが一番!

あえて普通自動車に高級車のエンブレムバッジが付いているところが、個性的なポイントです。

参考価格:4,050円(楽天

エントリーNo.8 白のハンドルカバー

 

kazuyukiさん(@yuki_wagon_227)が投稿した写真


白い皮のハンドルカバーは、見た目の華やかさはもちろん、滑り止め変わりにもなる優れもの。ハンドルは意外と外からも見えるので、個性をアピールすることのできるパーツです。

参考価格:1,980円(楽天

エントリーNo.9 バックミラーにドリームキャッチャー

7527657108_be170c8bb4_z
Photo By Frances Cacnio

クモの巣のような網を、悪い夢は通り抜け、良い夢は引っかかると言われるドリームキャッチャー。バックミラーで揺れるドリームキャッチャーはどこか幻想的なインテリアです。少し長めの紐でぶら下げます。

参考価格:1,400円(楽天

エントリーNo.10 スピーカーを入れる


音楽は生活の一部です。スピーカーを入れて、高音質、大音量の音楽を楽しみましょう。音楽を他の人とも共有しようと、車の外まで響かせるサービス精神が素晴らしいです。

参考価格:3,780円(Amazon

ここまでの合計金額は約35,984円。手が込んでいるようで安く済むというのもインテリア選びのコツです。

さらなる高みへ~エクステリア編~

さて、インテリアだけで終わらせないのがオトコの中のオトコ。イケてるエクステリアも決めましょう。

エントリーNo.11 ローダウンに改造する


地面すれすれまで車高を低くする改造は、インテリアにこだわるオトコ達の定番中の定番。車体が路面に近づくほどよりワイルドで男らしいです。

参考価格:20,000円(寺本自動車商会)※車種によって値段は異なります。

エントリーNo.12 タイヤをハの字にする

タイヤを内側に向けて、ハの字にする改造。内股で走っているみたいとディスられがちですが、タイヤを内側にすることで、通常よりも大きなタイヤを使うことができます。

角度があればあるほど、一般車離れしてきてかっこいいですね。

エントリNo.13 インチアップ


本来のタイヤよりもサイズをアップさせます。インチアップによって、よりシャープでスタイリッシュな印象になります。ローダウンとセットで行うのが定番です。

参考価格:10,500円(ヤフオク
※20インチホイールの値段です
※車種によって値段は異なります

エントリーNo.14 フルエアロ

 

#Japan#classiccar #toyota#soarer #gz20 #mz20 #クラッシックカー#トヨタ#ソアラ#フルエアロ

yamachanさん(@powered.by.yamachan8)が投稿した写真 –


インパクト、費用、満足度すべてにおいてトップを行くのがフルエアロ。自分好みにカスタマイズしたエアロパーツで走る車は周りからの視線も独り占めすること間違いなしです。

ダウンフォース効果もあるので、燃費効率も良くなるかも?

参考価格:57,000円(昭栄自動車株式会社
※フロント、サイドスポイラー、ウイングの合計費用です

エントリーNo.15 クリアテールランプ

 

YTK58さん(@ytkskywave.48)が投稿した写真


通常赤のテールランプを白、もしくは透明にする改造。後列車に対して人とは違う個性を発揮できるアイテムの1つです。
参考価格:25,000円(ヤフオク

まとめ

以上、エクステリア合計※約112,500円(※ハの字の値段は含まれていません)。インテリアと合わせても、約148,484円です。

予算15万円ほどで、世界に一つだけの個性あふれる車が作れそうです!

(Visited 56,697 times, 19 visits today)