What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

ホンダ・フィットがいよいよマイナーチェンジ!気になるその全貌を徹底解説

2017.06.30
フィット マイナーチェンジ
photo by 本田技研工業株式会社
[PR by Honda Cars IBARAKI]

2017年6月30日、ホンダが新型フィット、フィットハイブリッドモデルを発売しました。フィットといえば、一時は新車販売台数で3年連続台数1位を誇っていたトヨタのカローラを追い抜くほどの勢いを見せたコンパクトカーです。

フィットは現行モデルの発売からマイナーチェンジが遅れておりましたが、今回ようやくマイナーチェンジを果たし、各方面から注目が集まっています。満を持してマイナーチェンジをするフィット、いったいどのような仕上がりになっているのでしょうか。これまでの歴代シリーズやライバル車の動向も徹底解説します。

歴代フィットのモデル解説

初代フィット(GD型)

初代フィットは2001年6月に、ホンダの小型乗用車である、ロゴの後継者として発売されました。それまでのホンダの乗用車の中では、全長3,830mm、全幅1,675mm、全高1,525mmと、軽自動車を除いて最も小型であり、かつ1.3ℓ直4エンジンによる低燃費と走行性能、また荷室の広さを兼ね備え、人気を博しました。

その勢いはとどまることを知らず、2002年の日本国内での新車販売台数においては、それまで33年間トップを守り続けていたカローラを破り、見事1位の座を手に。トヨタのヴィッツ、日産のマーチと並び、「コンパクトカー御三家」と称されるほどでした。2007年6月末には世界累計販売台数200万台を達成するなど、コンパクトカーの大ベストセラーになりました。

次ページ 2代目フィット(GE型)

2代目フィット(GE型)

2007年の10月18日には、2代目へのフルモデルチェンジが発表されました。ボディーサイズは全長3,900mm、全幅1,695mm、全高1,525mmと一回り大きくなりました。エンジンサイズは従来通りの1.3ℓ直4エンジン、1.5ℓ直4エンジンの組み合わせでしたが、両エンジンともに、改良が加えられ、i-VTEC仕様になりました。

2代目フィットで特筆すべきは、2007年の独立法人自動車事故対策機構(NASVA)の自動車アセスメントにおいて、衝突安全性能総合評価トップレベルの評価を受けたことでしょう。これにより、小型自動車においてユーザーの不安だった安全への疑念も払拭され、販売台数はさらに躍進を遂げることとなりました。前モデル同様、売れ行きは非常に好調で、2008年の新車販売台数でも、1位を獲得しています。

次ページ 3代目フィット(GK型)

3代目フィット(GK型)

3代目フィットは2013年9月5日にフルモデルチェンジが発表されました。プラットフォームも新設計となり、ボディーサイズも全長3,955mm、全幅1,695mm、全高1,525mmと、さらに一回り大きくなりましたが、全幅は先代と同じサイズを保ち、5ナンバーのサイズに収まりました。また、パワートレーンに関しても刷新され、すべてのエンジンがSOHCからDOHCに切り替えられました。また、アイドリングストップの採用により、燃費も改善されました。

また、セットオプションで「あんしんパッケージ」も設定され、のちに一部車種には標準装備となるなど、安全性に関しても、強化が図られました。

しかし、現行型は、リコールの問題も尾を引き苦戦。そんな中でいよいよマイナーチェンジを迎えることとなります。

次ページ 待望のフィット・マイナーチェンジでどこが変わるの?

待望のフィット・マイナーチェンジでどこが変わるの?

photo by 本田技研工業株式会社

いよいよ正式にマイナーチェンジが発表され、発売が開始された新型フィット。デザインや機能、安全装備はどのように変わるのでしょうか。一つ一つ見ていきましょう。

photo by 本田技研工業株式会社

エクステリアに関しては、よりワイドアンドロ―のデザインとなりスポーティーなデザインに進化しています。フロントリアのライトもLEDライトを設定することでよりシャープで先進的な印象を演出しています。上級モデルとなるHYBRID・S Honda SENSINGとRS・Honda SENSINGではフロントリアのスポーティーバンパーや新色の16インチアルミホイールを採用し、精悍なデザインとなっています。

さらにはルージュアメジスト・メタリック、スカイライドブルー・メタリック、プレミアムアガットブラウン・パールの新色を含む全12色をラインアップし、豊富なカラーバリエーションとなりました。

photo by 本田技研工業株式会社

インテリアも今までになかったようなプレミアムブラウン・インテリアなどをはじめとする、高級感のある内装で、今までのフィットのイメージを一新するかのようなデザインとなっています。

パワートレインも1.3L、1.5L、1.5Lハイブリッドの三種類のエンジンを用意。ハイブリッドモデルに関しては驚きの燃費、JC08モードで37.2km/Lを叩き出しています。業界におけるフィットのハイブリッドモデルの評価は非常に高いようです。

また何よりも注目すべきなのが先進の安全支援システム「Honda SENSING」の搭載です。Honda SENSINGでは8つの安全支援装置を標準設定しています。ミリ波レーダーと単眼カメラを用いて車両や歩行者を検知する衝突軽減ブレーキ、アクセルペダルの誤操作による急発進を防止する誤発進抑制装置、歩行者にぶつかりそうになった際にステアリングも制御して回避操作を支援してくれる歩行者事故低減ステアリング。

車線を逸脱しそうになるとステアリングを制御してくれる踏外逸脱抑制機能、先行車と適切な距離を取って走行してくれるアダプティブ・クルーズ・コントロール、単眼カメラを用いて中高速域で走行中に車線の維持をアシストしてくれる車線維持支援システム。先行車の発信をお知らせしてくれる先行車発進お知らせ機能、走行中に道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示してくれる標識認識機能の8つです。

これらの先進装備は他メーカーの安全装置のパッケージングをはるかに上回る充実ぶりで、これからのホンダの安全技術に期待を抱かせるようなパッケージングとなっております。

値段帯も車両本体価格で142万8840円から236万7630円と、かなりバランスのとれた値段となっています。

次ページ ライバル・トヨタ・マツダコンパクトカーの動向

ライバル・トヨタ・マツダコンパクトカーの動向

トヨタ・ヴィッツ

photo by トヨタ自動車株式会社

コンパクトカーのカテゴリにおいて、大きなライバルとなりうるのはやはりトヨタのヴィッツでしょう。ハイブリッド車も追加された今、より争いは熾烈を極めています。比較するのであれば、荷室の広さや安全装置に関しては、フィットに軍配が上がるといえるでしょう。歩行者事故低減ステアリングは「Toyota Safety Sense C」にはない機能ですから、やはり安全装置においても、フィットが一歩リードといえるかもしれません。

マツダ・デミオ

photo by マツダ株式会社

こちらも強敵です。デミオはハイブリッドではなく、ディーゼルエンジンの設定があり、現行モデルでJC08モード燃費が22.8km/L~30.0km/Lと低燃費を実現しています。また、こちらも2017年にはマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を搭載するとのうわさもあります。ますますデミオの動向も見逃せないものとなるでしょう。

次ページ フィットマイナーチェンジ「Honda SENSING」搭載と質感向上に期待!

「Honda SENSING」搭載と質感向上に期待!

今回のホンダ・フィットのマイナーチェンジでは、エクステリア、インテリアの質感向上はもとより、やはり先進安全パッケージ「Honda SENSING」の搭載によって、他社の競合車種よりも一歩リードした存在感を醸し出しています。また、従来のフィットから継承されている、荷室の広さにも、他のコンパクトカーには太刀打ちできないところです。

2015年のフィットのマイナーチェンジの際はあまり変化が少なかったこともあり、あまり反応は芳しくなかったようですが、今回のマイナーチェンジでは燃費もかなり良く、質感も向上していますので、大きな販売台数を稼ぐことになるのではないでしょうか。

新型フィットのカタログの申し込みは画像をクリック!

(Visited 4,942 times, 253 visits today)

文:イキクル編集部


あなたが車内でよく聞く音楽のジャンルは次のうちどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter