フェラーリ・488のスペシャルモデル、ピスタにスパイダーが登場!360から458までのV8フェラーリスペチアーレのスペックの進化を振り返る!

フェラーリ・488のスペシャルモデル、ピスタにスパイダーが登場!360から458までのV8フェラーリスペチアーレのスペックの進化を振り返る!
     
   

出典元:https://auto.ferrari.com/ja_jp/sports-cars-models/car-range/ferrari-488-pista-spider/

フェラーリ・488ピスタ スパイダーの特徴は?ノーマルのフェラーリ・488スパイダーとはどこが違う?

出典元:https://auto.ferrari.com/ja_jp/sports-cars-models/car-range/ferrari-488-pista-spider/

V8モデル過去最強スペックとなる720馬力のターボエンジン搭載

今年2018年の3月にジュネーブモーターショーでワールドプレミアされた488ピスタの興奮も冷めやらぬうちに、フェラーリがビッグサプライズを行いました。

なんと、フェラーリのV8史上最強となるエンジンを搭載した488ピスタ スパイダーを8月に急遽公開。アメリカ、特に西海岸では高性能なスパイダーが好まれることからアメリカで開催されたペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018での公開となりました。

ミッドシップに搭載されたエンジンは最高出力720㎰、最高トルク770Nmを叩き出すフェラーリのV8エンジン史上最もパワフルな最強エンジンとなっています。やはりフェラーリ、ただのスパイダーなわけがありませんね。

0-100㎞/h加速は2.85秒、0-200㎞/h加速は8.0秒、最高速度は340㎞/hという驚異のスペックを誇ります。

徹底的な軽量化とエアロダイナミクスの改善

ベースとなる488スパイダーのエアロダイナミクスを20%も大幅に改善し、サーキットにおけるラップタイムを短縮を実現しました。

フェラーリのデザイナーは「エアロダイナミクス効率」を徹底して追及するとともに「完成度の高いフォルム」、そしてフェラーリには必ず求められるといっても過言ではない「レーシングスピリット」の3つの要素を高いレベルで実現することを目指したそうです。

徹底した軽量化も図られ、重量は1,380㎏にまで抑えました。488スパイダーからは40㎏も軽くなっています。

カーボンとアルカンターラのスパルタンな内装

出典元:https://auto.ferrari.com/ja_jp/sports-cars-models/car-range/ferrari-488-pista-spider/

インテリアにも軽量化の為かカーボン、アルカンターラが多用され、さながらレースカーのような雰囲気に。フロアカーペットはなくなり、より軽量なアルミ製のフットプレートに変更されました。

ドライバー側のドアハンドルもストラップに変更と、かなりシビアに軽量化したことが見受けられます。オープン化に伴う車体重量のアップに対応するためかもしれませんね。

随所に施されたホワイトのラインがアクセントになっています。

カーボンホイールなどのスペシャルオプション

ホイールにはダイヤモンド仕上げの20インチの鍛造合金10本スポーク・ホイールを装備しています。これは新型デザインとなり、星を思わせるようなデザイン性の高いホイールとなっています。

さらにオプションとして用意されているのが、カーボンファイバーを使用したホイール。これは標準仕様の合金ホイールよりも20%軽量化されたものです。デザイン面のみならず性能面でもランクアップさせたい場合には欠かせないオプションといえるでしょう。

フェラーリ・488ピスタ スパイダーに至る歴代V8スペチアーレモデルのスペックの進化

360チャレンジストラダーレ

新車情報カテゴリの最新記事