首都高速やアクアラインの制限速度は何キロ?意外と知られていない高速道路・有料道路の制限速度

首都高速やアクアラインの制限速度は何キロ?意外と知られていない高速道路・有料道路の制限速度
     
   

出典元:https://pixabay.com

道路の制限速度のおさらい!規制速度と法定速度、高速自動車国道の最高速度とは?

出典元:https://pixabay.com

 安全運転の最低限の基本のひとつとしてスピードを出し過ぎない運転が挙げられます。もちろん、追突事故や接触事故には安全運転をしていても発生してしまう事故も多いです。

しかし、ほとんどの事故において速度超過が原因で起きてしまったというパターンが多いといえるでしょう。

安全運転はドライバー自身の最低限の責務!

「スピードさえ出していなければ回避できたのに…」と思っても後の祭り。取り返しのつかない交通事故を起こさないための心構えは、ドライバーとして最低限の責務と考えることはもはや当たり前のことなのです。

教習所の講習で、耳にタコができるほどレクチャーされた「制限速度の厳守」というのをあらためて考え直し、自ら徹底するように心がけましょう!

制限速度の標識が無い場所はどうすれば良い?

ほとんどの道路には最高速度を示す道路標識が設置されており、ドライバーはそれを見れば何キロで走れば良いかが理解できるようになっています。

出典元:http://yunphoto.net

 ただ、道路標識の無い道路というのも存在するため、その場合一体何キロで走ればよいのかわからなくなってしまう場面も多いのではないでしょうか?

今回は、それぞれの道路の最高速度についていろいろと検証してみました。ぜひ、みなさまの安全運転への参考となれば幸いです。

「法定速度」「指定速度」「規制速度」の意味や違いとは?

出典元:https://ja.wikipedia.org

初めに「速度の種類」に関して説明しておきましょう。

なお、道路交通法に記載されている文章ではアタマがウニになってしまうので、できるだけ簡単な表現のみで記載してみました。

法定速度とは?

法定速度とは、道路交通法で定められている最高速度や最低速度のことです。(正確には道路交通法のスピンオフ的な存在である道路交通法施行令で記述されています。)

道路標識や道路標示に関係なく、まずはこの速度を守らなければならないというところから始まると考えて下さい。

車種により規定があり、普通自動車の場合は一般道60km/h高速道路では100km/hが最高速度となります。ちなみに最低速度高速道路では50km/hとなり、一般道では特に制限はありません

ちょっとややこしいので表にしてみました。

単位;km/h

車種 一般道路 自動車専用道路 高速道路
最高速度 最低速度 最高速度 最低速度 最高速度 最低速度
普通の自動車 60 指定無し 60 指定無し 100 50
バス、大型トラック
大型・中型バイク(126cc~)
牽引自動車(大型トレーラー、キャンピングカー等) 80
大型特殊(ブルトーザーやクレーン車等)
小型バイク(51cc~125cc) 走行不能
原動機付自転車(50cc以下) 30
小型特殊(トラクター等) 15
緊急自動車(救急車、パトカー等)※追跡時以外 80 80 指定なし 100 指定なし

ちなみに、道路が対面通行(片側1車線)の場合、この法定速度は当てはまりません。その場合は道路標識により速度が指定されていると考えて良いです。(後述)

出典元:https://pixabay.com

尚、緊急自動車に関しては、高速道路において100km/hが最高速度ですが、パトカーの場合、スピード違反取締や容疑者追跡時はこの限りではありません。

「100km以上で逃げれば捕まらねーよ!」ということは一切ありませんので勘違いしないこと!周囲にも危険が伴うので絶対にやってはいけません。

指定速度とは?

出典元:https://illpop.com

指定速度とは、早い話が道路標識道路標示で示されている制限速度のことです。法定速度は道路交通法により決められていますが、指定速度各都道府県公安委員会により決まります。

当然、法定速度よりもこの指定速度の標識・標示の方が優先です。

出典元:http://yunphoto.net

高速道路で電光標示タイプの標識を見たことはありませんか?あれは、例えば天候などにより影響を受けやすい道(カーブが多い場所等)に設けられることが多く、その時の状況により最高速度が変わります

また、同じく高速道路において、片側一車線となる道路では必ず標識によって指定速度が設けられています。

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事