fbpx

ネモフィラにチューリップ、スイセンも!春を味わうために「ひたち海浜公園」までドライブ

ネモフィラにチューリップ、スイセンも!春を味わうために「ひたち海浜公園」までドライブ
     
   

茨城を代表する観光スポットのひとつ「国営ひたち海浜公園(以下、ひたち海浜公園)」。

夏にはフェスが開催されたり、秋にはコキアが真っ赤に色づいたり、冬には寒さのなかで花開くアイスチューリップが鑑賞できたり。

一年中楽しめるスポットですが、一番おすすめの季節は…なんといっても春!特に、3月下旬〜5月中旬にかけては「フラワリング」というイベントが開催されていて、ゴールデンシーズンともいえるんです。

3月下旬〜4月上旬が見ごろの「スイセン」、4月中旬〜4月下旬が見ごろの「チューリップ」、4月中旬から5月上旬が見ごろの「ネモフィラ」が、ひたち海浜公園を鮮やかに彩っていますよ。

4月中旬の平日、実際にひたち海浜公園に行ってきたので、レポートしていきます!

<本記事は茨城県のホンダカーズさんにご協力いただいています>

茨城県のホンダカーズは、「県民のみなさんに、すてきなドライブライフを送ってもらいたい」という思いのもとホンダ車を販売。

車を通して茨城県の魅力的なスポットを知ってもらいたいので、本記事でお出かけ場所を提案しています。

車を貸してくれる「ホンダカーズ千波 千波店」へ!

「春の風を感じてドライブしながら行きたいけど、車を持っていないし……」というわたしに、車を貸してくれる親切なホンダカーズさん(ありがとうございます…!)。

どの車を借りようか迷っていると、スタッフさんが「外の音や振動を気にせず、快適にドライブしたいなら、ヴェゼルがおすすめですよ!」とアドバイスしてくれました。

ということで、ヴェゼルを借りることにしました!ヴェゼルは、2014年から3年連続で、SUV新車販売台数が日本の自動車メーカーのなかで1位になったんだとか。

そんな人気車に乗って、早速ドライブに行ってきます〜!

力強くて静か!ヴェゼルで快適にドライブ

「ホンダカーズ千波 千波店」からひたち海浜公園までは、車で20分ほど。水戸南ICから東水戸道路に入り、ひたち海浜公園ICで降りるルートで行きました。

東京や宇都宮方面から行く場合は「北関東自動車道~常陸那珂有料道路」を、いわきや仙台方面から行く場合は「常磐自動車道」を利用しましょう!

力強い走りが特徴のヴェゼル。加速しやすく、アクセスを軽く踏むだけで進むため、高速道路の運転もラクでした!「ホンダカーズ千波 千波店」のスタッフさんが言っていた通り、振動が少ないうえ、外の音もあまり気になりません。

ヴェゼルをはじめとしたSUVの特徴は、車高が高いこと。視線が高くなるので、運転席からの視界が広く、運転しやすいのもうれしいポイントでした。運転が苦手な人にもおすすめです!

そして、後部座席がゆったりとして広いため、子どもを連れた家族でのお出かけにもぴったり。

ひたち海浜公園に到着!まずは約25万本のチューリップのもとへ

快適な車の旅を楽しんでいたら、ひたち海浜公園に到着。

この日はあいにくの空模様だったのですが…。くもり空を吹き飛ばすくらいに楽しむぞ!ということで、まず最初に向かったのは「たまごの森 フラワーガーデン」。

このエリアには、赤や黄色、ピンクなど、約230品種・約25万本のチューリップが咲いています。

品種ごとにくわしい説明が書いてあるため、勉強にもなります。「ホワイトプリンス」「プリティーウーマン」、ネーミングがかわいらしい…!

赤×黄色のめずらしいチューリップも!「たまごの森 フラワーガーデン」に来たら、ぜひお気に入りのチューリップを見つけてみてくださいね。

丘一面がブルーに染まる!約450万本のネモフィラ

次に向かったのは「みはらしの丘」。この場所に行くと、約450万本のネモフィラがお出迎えしてくれます。

満開の時期より早くに訪れたため、この日は3分咲き。とはいえ、びっしりと花を咲かせている箇所もあったので、十分に満喫できました!

鮮やかなブルーの花を一生懸命咲かせているネモフィラを見ると、なんだか元気をもらえます。

ホッとひと息、休憩タイム!ネモフィラにちなんだグルメ・ドリンク

たまごの森 フラワーガーデンからみはらしの丘を巡って、少し疲れたので、休憩することに。ひたち海浜公園は、食べ歩きグルメも充実しています。

みはらしの丘のふもとにある「里の家」では、ネモフィラブルーソフト(400円)が食べられます。

ほんのりブルーのソフトクリームです。ネモフィラをイメージした手作りクッキーが添えられています。思わず写真を撮りたくなるくらい、フォルムがかわいらしい!

パクリと食べてみると、爽やかなラムネの風味が口のなかに広がりました。さっぱりしているので、暑い日や疲れているときにイチオシですよ!

たくさん歩いてのどがカラカラになったので「記念の森 レストハウス」へ。ソファ席もある、ほっこりとした落ち着いた空間です。

ネモフィラブルーティー(500円)をチョイスしました。ネモフィラのように鮮やかなブルーのハーブティーです。

カップを口まで運ぶと、レモングラスの柑橘系の香りがフワッと漂ってきます。ブルーのヒミツは、青い花のハーブ「バタフライピー」。すっきりと飲みやすく、あっという間に飲み終えました。

見た目がかわいらしいドリンクを飲みたいなら、ネモフィラブルーラテ(550円)はいかがでしょうか?泡の中心には、ハートマークのラテアートが。バタフライピーを使って、パステルブルーに仕上げています。

味は、バナナミルク。ほんのりとした優しい甘さが広がるため、甘党にもそうでない人にもおすすめです!

最後は、約100万本のスイセンを鑑賞!

最後にやってきたのは「スイセンガーデン」。約550品種・約100万本のスイセンが咲いているスポットです。

スイセンはちょうどピークを迎えていて、ちょうど見ごろでした。

今までスイセンをじっくり見る機会がなかったけど、改めて観察してみると、こんなにきれいだなんて…!凛と花を咲かせているスイセンたちは、美しくもあり、かっこよくもありました。

スイセンガーデンの目の前にある「レイクサイドカフェ」で、1日300杯限定のフラワリングタピオカソーダ(600円)を購入。

4月限定のスイセンイエローをチョイスしましたが、ネモフィラブルーもありました。5月には、チューリップピンクも登場するらしいですよ。

マスカットゼリーのプルプルと、ソーダのシュワシュワが合わさって、口のなかが賑やかに!ライチ味のホワイトタピオカがモチモチで、美味でした。

春の訪れを味わうなら、ひたち海浜公園のフラワリング2019へ!

キュートなチューリップ、丘を彩るネモフィラ、凛々しく咲くスイセン…。ひたち海浜公園で、春の訪れを満喫できた一日でした。食べ歩きグルメもおいしかったし、大満足です!来年の春にも行きたいなあ。

たくさん歩いたので、取材に協力してくれた同行者はお疲れモードに。帰りの車のなかでぐっすり。振動も少なく音も気にならないヴェゼルだったので、快適そうでした!

ひたち海浜公園には「西駐車場」「海浜駐車場(※バーベキュー施設利用者の方優先)」「南駐車場」と3カ所の駐車場があります。入場ゲートに一番近いので、「西駐車場」を利用するのがおすすめです。

ただ春は、一年でもっとも混み合うため、空いていない可能性が。4月27日からは、朝7時30分から入園できるので、早めに向かってみてはいかがでしょうか?

「自分の車を買ってドライブしたい」「車買い換えようと思っている」という方、ぜひお近くのホンダカーズにいらしてくださいね。

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事