中央道の渋滞のボトルネックとなる小仏トンネル!抜け道や回避方法など渋滞対策を紹介!!

中央道の渋滞のボトルネックとなる小仏トンネル!抜け道や回避方法など渋滞対策を紹介!!
     
   

出典元:http://stampmichi.sakura.ne.jp/expway-cyuou.htm

お盆のラッシュで心配となる小仏トンネル

出典元:https://4travel.jp/travelogue/11137331

お盆に中央道を利用する方にとって、不安となるのは小仏トンネルではないでしょうか。お盆のラッシュの際には、毎年必ずといっていいほど渋滞のボトルネックとなってしまうポイントですよね。

毎年この小仏トンネルで渋滞に巻き込まれてしまい、今年こそなんとかしたい!と考えている方も多いと思います。

そんな方のために、こちらでは小仏トンネルでの渋滞を回避する方法などについてご紹介していきます。スムーズな規制・Uターンのために、ぜひ参考にしてくださいね。

「ボトルネック」ってなに?

ボトルネックとは「渋滞の原因となっている場所」のことを指した言葉です。直訳すると「瓶の首」なのですが、ラムネ瓶などの瓶って首の部分が少し細くなっていますよね。

あの部分によって液体の流れが遅くなるのですが、その流れの悪さに例えて渋滞の原因となる場所をボトルネックと呼んでいるわけです。

中央道の小仏トンネルはなぜボトルネックになるのか?

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=ZekenyfIFD8

そもそもなぜ小仏トンネルはボトルネックとなってしまうことが多いのでしょうか?その原因と考えられているポイントについて、まずは解説していきます。

トンネルの中間まで、長くゆるやかな上り坂になっている

小仏トンネルの手前、相模湖ICからトンネルの中間部までは実は上り坂になっています。急な上り坂であればほとんどの方は意識してアクセルを踏み込むのですが、あいにくゆるやかな上り坂になっているんですよね。

そのため気付かずにアクセルを踏み込めず気づけばスピードが落ち、流れが悪くなってしまいやすいことがまず1つの原因とされています。

「サグ部」による速度低下

小仏トンネルにはサグ部もあり、これも渋滞の原因とされています。サグ部とは下り坂から上り坂へと変わる、V字になっている部分のこと。凹部とも呼ばれていますね。

サグ部も意識していないと気づきにくいもので、下り坂だと思い込むので上り坂になるとスピードが落ちてしまいやすいんです。

そのため後続車はそれに合わせてブレーキを踏み込むことになってしまいます。そしてそのブレーキを見た後続車もブレーキを……といったようにスピードの低下が連鎖して渋滞になることが多いのです。

上りの場合、3車線から2車線へと車線が減少する

中央道上りの場合、小仏トンネル手前の上野原IC付近で車線が3車線から2車線へと減少します。そのため車線変更したい車が相次ぎ、そうした車に合わせてブレーキを踏むことになることも多いのです。

こうした負の3連鎖ともいえる3つの要因によって、小仏トンネル付近での渋滞が巻き起こされてしまうのですね。

中央道の小仏トンネルの渋滞を回避する方法は?

出典元:http://morishita-1910.jp/blog/2018/05/%E6%B8%8B%E6%BB%9E%E8%A6%9A%E6%82%9F%E3%81%A7%E6%9D%B1%E5%90%8D%E3%81%B8/

それではここから、そんな小仏トンネルの渋滞を回避するいくつかの方法をご紹介していきます。以下の方法を試してみて、スムーズな移動を心がけてみましょう。

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事