茨城県民ってこんな人たち! 茨城県のドライブが楽しくなる小ネタ集

茨城県民ってこんな人たち! 茨城県のドライブが楽しくなる小ネタ集
     
   

茨城県と聞いて、あなたは何を想像しますか?納豆や鬼怒川、偕楽園、つくばエクスプレス……。いろいろな魅力がありますが、そこに住んでいる茨城県民のことは案外よく知らないもの。

そこで、今回は茨城県の県民性に迫ってみました!知っているだけで、茨城県へのドライブがちょっと楽しくなるかもしれません。

短気で飽きっぽい?

現在の茨城県にあたるエリアの半分近くは、かつて徳川御三家である水戸藩が所有していた土地。水戸藩の人々は「水戸の3ぽい」と呼ばれ、「怒りっぽい・理屈っぽい・骨っぽい」性格の人が多かったそう。なお「骨っぽい」とは、簡単に人に媚びずに筋を通すといった意味です。

「水戸の3ぽい」が影響したのか、現在では「茨城の3ぽい」という言葉も。「怒りっぽい・忘れっぽい・飽きっぽい」のが茨城の県民性、なんて説もあります。

しかし、ものは考えよう。信念を強く持ち真面目な茨城県民は、時として他人と衝突しやすく、そのため「怒りっぽい・理屈っぽい」などのマイナスイメージを持たれたとも考えられます。また、義理堅く正義感の強いところもあり、上述の「骨っぽい」が良い形で受け継がれていると言えるでしょう。

親しくなるまでは少々ぶっきらぼうかもしれませんが、一度認めた相手には裏表なく真面目に接する。そんな茨城県民の実直な性格が浮かび上がってきますね。

何と言われようと郷土愛が強い

茨城県がまとめた平成28年度の県政世論調査によれば、回答者の約8割が県に愛着を持ち、約7割が誇りを持っているのだそう。その理由には、「住みやすさ」「海・湖・川・山などの自然」といった回答が多く寄せられました。

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事