ルノー=日産アライアンスが世界販売台数で初の首位を獲得。これまでの名車を振り返る

ルノー=日産アライアンスが世界販売台数で初の首位を獲得。これまでの名車を振り返る
     
   

7月末、自動車大手の2017年上期(1~6月)における世界販売台数が出そろい、ルノー=日産アライアンスがこの期間の首位を獲得しました。その内訳はルノーの187.9万台(前年同期比+10.4%)、日産の289.4万台(同+5.6%)、そして日産の傘下に入った三菱自動車の49.4万台(+2.4%)というもので、グローバルでは526.8万台(同+7%)を販売したことになります。そこで今回はこれを記念して、日産の名車たち20台を厳選して特集。時代を超えて、今なお愛されるクルマたちの歴史を振り返ってみましょう。なお、ここではプリンス自動車工業時代から存在するクルマも日産車として記述しています。

日産の先進技術ショールーム的存在、スカイライン

日産のクルマの代名詞といえば、スカイラインという方も多いと思います。このクルマは元々プリンス自動車工業のクルマで、1957年に初代が登場しました。常に時代の最先端技術を積極的に導入、日本のモータリゼーション発展に大きく貢献します。スポーティなイメージが付くようになったのは、1965年に発表されたS54型からでしょう。その後1968年にはGT-Rが登場、サーキットで猛威を振るいます。現行型ではGT-Rが独立、スカイラインはスポーツセダンとして初代から受け継いだ高いGT性能を、ダイレクトアダプティブステアリングやハイブリッドという先進のメカニズムでさらに昇華しているのです。

ワインディングに舞う貴婦人、フェアレディZ

日産オリジナルのスポーツカーとして、今もなお多くのファンを持つクルマがフェアレディZです。オープンスポーツであったダットサン・フェアレディの後継車として開発され、対米輸出も考慮に入れられた点が特徴です。初代が目指したのは「MGの価格で、ジャガーの性能」。このコンセプトは大当たりし、北米では「Z(ズィー)カー」と呼ばれ親しまれます。代を追うごとに高性能化&GT化していき、4代目のZ32型はその象徴といわれています。2002年に発売された5代目であるZ33型は原点に立ち返り、2シーターのコンパクトなスポーツモデルとしてチューニングベースとしても好評を博しました。

常に時代をリードした高級車、セドリック/グロリア

photo by Ypy31(CC0) 

1990年代までの日産の高級車といえば、セドリックやグロリアが挙げられます。セドリックは日産から1960年に、グロリアはプリンスより1959年に発売されました。いずれもトヨタ・クラウンを多分に意識した設計が特徴で、当時のアメリカ車に似たスタイリングも共通していました。セドリックは2代目ではピニンファリーナデザインの流麗なボディをまとい、グロリアは2代目もアメリカンスタイルを貫き通した点が興味深いところです。そんな両車は1971年に車台や車体が共通化され、兄弟車となります。常に時代のニーズに応えながら進化していったセドリック/グロリアですが、フーガの登場により消滅しました。

新しい高級を市場に提案したローレル

photo by Mi-ta’smetro(CC 表示-継承 3.0)

1960年代当時、高級車と呼ばれていたクルマたちにはセダンのみならす、バンやタクシー仕様が用意されていました。この流れには乗らず、オーナーグレードのみで勝負したクルマがローレルです。こういったことからローレルは、日本初のハイオーナーカーとして人々に記憶されています。ブルーバードとセドリックの中間に位置し、その絶妙なポジショニングから注目を集めました。2代目ハードトップは「ブタケツ」の愛称を持ち、中古車市場や旧車イベントでは今でも高い人気を誇ります。そして6代目はスタイリッシュな外観とスポーティなメカニズムから、ドリフト走行をするユーザーにも引っ張りだこでした。

日本の自動車社会を支え続けたブルーバード

戦前から続くダットサンブランドのセダンの血筋を受け継いで、1959年に誕生したクルマがブルーバードです。日本初のエステートタイプのワゴンや女性仕様車なども話題となり、日産のクルマの中心的な存在へと成長していきました。中でも語り継がれることが多いのは、1967年に登場した510型でしょう。直線的でシャープなデザインと信頼性の高いエンジンや足回りは、当時のクルマ好きを虜にしました。ライバルのトヨタ・コロナとの販売競争も熾烈を極め、これは「BC戦争」と呼ばれています。その後もユーザーの声に真摯に耳を傾け、時代に沿った真面目なクルマづくりを行って日本のクルマ社会を支えたのです。

日本の自動車黎明期を支えたサニー

1960年代の日本、それはオリンピック景気に湧いて高速道路が雨後の筍のごとくつくられ、モータリゼーションがひとつの転換期を迎えた時代でした。そんな時に生まれたクルマが、サニーです。細部に至るまで合理的な設計は、当時のヨーロッパの小型車の影響を受けてのもの。その後は時代の流れを映すかのようにデラックス化が進み、1985年に発売された6代目(いわゆる「トラッド・サニー」)でひとつの頂点を迎えます。1990年から販売された7代目は日本国外でも高い人気を誇り、メキシコでは「ツル」という名前で2017年まで生産されました。モータースポーツでも活躍し、多くのドライバーを輩出したことで有名です。

名車の実質的後継車としてデビューしたバイオレット

photo by 天然ガス(CC 表示-継承 3.0)

名車510型ブルーバードのあとを継いで登場した610型ブルーバードUは、高級志向が強すぎて510型ユーザーが乗り換えを躊躇する事態が起こっていました。そこで日産はサニーとブルーバードUの間を埋めるべく、新しい車種を企画します。これが、バイオレットです。当時流行していた複雑なラインを取り入れた曲線基調のスタイリングは斬新でしたが、後方視界が悪いなど実用性に欠ける一面も見られました。この声に応え、モデル途中で大幅なスタイリング変更を行うことになります。その一方、ラリーやレースといったモータースポーツでも幅広く活躍し、510型の後継車としての役割をしっかりと果たしたのです。

コアな旧車ファンに人気の高いプレジデント

photo by Ypy31(CC0)

日産を代表するプレステージセダンとして存在していたのが、プレジデントです。戦後初の3ナンバー乗用車であったセドリックスペシャルの後継車として、1965年に誕生しました。「最高の地位に立つ者」というその名にふさわしく、4リッターV8と3リッター直6のエンジンが用意され、車体サイズも当時の国産車の枠を超えるクルマでした。初代はボディの基本構造をほぼ変えることなく、フェイスリフトやエンジンの変更などを行いながら1990年まで生産が続けられました。1990年には、インフィニティ・Q45をベースにしてモデルチェンジ。その後2003年にはシーマをベースに変更され、2010年まで生産されました。

走り好きな若者に愛されたシルビア/ガゼール/180SX

ニュース・コラムカテゴリの最新記事