fbpx

天皇陛下の愛車、ホンダ・インテグラってどんな車!?

天皇陛下の愛車、ホンダ・インテグラってどんな車!?
     
   

天皇家の御料車といえば、センチュリーを思い浮かべる人が多いでしょうし、マニアックな方ならデイムラー1910リムジンと即答できる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、実は天皇陛下はご自分で運転されることもご趣味でいらっしゃるのです。

一時、ニュースにもなりましたから覚えている方もいらっしゃるかもしれません。天皇陛下がご自分で運転される車というのは、意外にもホンダのインテグラという車なのです。

ホンダ・インテグラ、懐かしく感じる方もいらっしゃるでしょう。今では名前はなくなってしまいましたが、その実質的後継車種であるCR-Zの名前は、皆様もご存知ではないでしょうか。

今回の記事では、天皇陛下もご愛用のホンダ・インテグラ、そしてその後継のCR-Zの2台をについてピックアップ。ホンダの名車に詳しく迫っていきます。

皇族が乗られるクルマ、「御料車」って何?

ホンダ・インテグラの説明の前に、まず御料車について解説しましょう。

photo by Marty B(CC 表示-継承 2.0)

御料車とは、天皇陛下や皇族が乗るためのクルマです。「菊の自動車」とも呼ばれており、ナンバープレートの位置と後部ドアの付近に天皇家を示す菊の御紋が記されているのが特色です。

元々御料車には馬車が使われていましたが、1912年(大正元年)、大正天皇の即位時にイギリスから輸入されたデイムラーが初めて自動車の御料車となりました。以降、6車種が歴代の御料車として採用されており、現在の6代目となる御料車は2006年に導入されたトヨタ・センチュリーロイヤルとなっています。

ホンダ・インテグラってどんな車!?

さて、ここからは今上天皇がご趣味で個人利用されているホンダ・インテグラについて語っていきましょう。

ホンダ・インテグラはそれまであったクイントという車種が1985年にフルモデルチェンジしたところが起源となります。もともとクイントはアコードとシビックの中間的存在として位置づけられ、ワゴン風5ドアハッチバックとして人気を博しました。

当時はイギリスのローバー社と提携していたこともあり、ローバー・クイントとして販売されていた時期もありました。

そして、その後継として発売されたインテグラですが、全車DOHC搭載車としてスポーティーなイメージを持った車種としての発売でした。3ドアハッチバック、5ドアハッチバックセダン、4ドアノッチバックセダンの3種類のラインナップでした。

また、アメリカにおける高級ブランドチャネル・アキュラにおいてもアキュラ・インテグラとしてレジェンドに次ぐアキュラブランド第二弾として発売されました。リトラクタブルヘッドライトをこの車種でも採用したことが、当時のホンダ車ならではの風格を醸し出しています。

天皇陛下が現在ご愛用である二代目ホンダ・インテグラは1989年にフルモデルチェンジしました。このモデルから始めて単独名であるインテグラとなります。天皇陛下は主にこのインテグラを皇居内を移動する際に使用しており、4ドアハードトップのセダンモデルに乗車しているようです。

天皇陛下が乗車されているモデルは1991年式、1.6L、5速MTのモデルであるとされています。毎回の車検や三年ごとの免許の更新講習を経ながらも、現在でも乗り継いでいらっしゃるようです。

インテグラの後継!ホンダ・CR-Z!

天皇陛下も現在でも乗られている車の実質的後継車種であるといわれているのが2010年に発売されたホンダ・CR-Zです。

CR-Zは惜しくも2017年に生産を終了してしまいましたが、中古車市場では今でも根強い人気を誇る車種のうちの一つとして君臨しています。インテグラのスポーティさを継承しながらも、環境に配慮する現代の状況に合わせてハイブリッドカーとしての性能も併せ持っています。

その特徴は1.5Lエンジンとモーターの組み合わせで実質2.0L相当のパワーを生み出すハイブリッドシステムを持ち、ライトウェイトスポーツとして、非常に楽しいドライビングができることです。

また、ハイブリッド車でありながらも、マニュアル車の設定があることが車好きには嬉しい限りです。スポーツドライビングを楽しみながらも、環境に配慮したライトウェイトスポーツカーとして、非常に個性的な一台となっています。

インテグラの魅力

いかがでしたでしょうか。天皇陛下も愛用されているインテグラの魅力は、その当時先進的であったボディスタイルやエンジンのスポーティさにあります。そして、その命脈は後継であるCR-Zにも受け継がれています。

スポーツ復興が自動車業界においても叫ばれる昨今、皆様もインテグラやCR-Zに乗ってそのドライビングプレジャーを感じてみてはいかがでしょうか。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事