【車購入の基礎知識】自動車ローン(オートローン)にはどんな種類がある?リースやレンタカー、カーシェアと比較してどれがお得?

【車購入の基礎知識】自動車ローン(オートローン)にはどんな種類がある?リースやレンタカー、カーシェアと比較してどれがお得?
     
   

出典元:https://auto-car.jp/car-loan

自動車ローン(オートローン)の種類と特徴(メリットとデメリット)

出典元:http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20160316/76/7668306/12/500x371xef968f6e56282eee1fee4f25.jpg

ローンタイプ

憧れの自動車が欲しい! けれど自動車は金額が大きく、家計の負担を考えると一括で購入するのもなかなか大変ですよね。

多くの人の場合、車は家の次に大きな買い物であるともいえます。

家の場合はローンを組むことが一般的だと思いますが、車の場合もローンやリースなど、様々な購入方法があります。

近年ではガソリンスタンドがリースに力を入れていますし、ディーラーなどでは残価設定型ローンなどの取り扱いも普及しています。

今回はそんな自動車の買い方について、解説していきます!

元利固定方式

ローンを組む際によく出てくるワード、元利固定方式

この言葉はいったいどんな方式なのでしょうか。

簡単に言ってしまえば、元利固定方式とは、月々の支払金額が一定になる方式のことを言います。

自動車ローンの場合はほとんどがこの方式になっています。

毎月の返済額が一定になるため、はじめのうちはローン元金の返済率が少ないということも頭に置いておかなければなりません。

元金固定方式

こちらは元利固定方式とは異なり、毎月の返済額が変動します。

しかし、こちらは返済額のうち金利を優先的に返済するため、金利の負担が元利固定方式より少なくなります。

ただしその分はじめのうちは後に比べて返済額が大きくなってしまうため、元利固定方式に比べて初期の支払額は大きくなってしまいます。

こちらは銀行のローンに多い方式です。

通常型ローン

通常型ローンは読んで字のごとく通常ほとんどの方が利用する形態のローンとなります。

月々の支払いが均等、またはボーナス月のみ加算可能で、最もスタンダードなタイプのローンです。

残価設定型ローン

こちらは自動車ディーラーなどが特に力を入れているローンになります。

リースの月々返済額の計算に近い方法を取り入れたローンです。

具体的には、最終回の返済額を据え置き、その残価分以外を均等で割った金額を月々支払うという形をとっています。

最終回はその金額を支払う、再ローン、車の返却、車の乗り換えなどの選択肢があります。

新車情報カテゴリの最新記事