fbpx

ダイハツ コペン GRスポーツ~コペンシリーズを振り返る

ダイハツ コペン GRスポーツ~コペンシリーズを振り返る
     
   

GRスポーツは、トヨタのスポーツグレード。トヨタとダイハツが、がっちりタッグを組んで生まれたのがコペン GRスポーツ。GRは、GAZOO Racing の略で、トヨタのモータースポーツを担っている部署です。WRCやWEC(世界耐久選手権)、スーパーGTなどトヨタのあらゆるモータースポーツに関わっています。

ダイハツがトヨタの子会社になったことから生まれたコペン GRスポーツは、会社の垣根を越えた新たな試みです。

 

トヨタとしても、スポーツカーのエントリーカー的なモノがほしく、軽自動車専門会社に転身したダイハツでもフラッグシップモデルのようなグレードがほしいところが合致して生まれました。

 

GRモデルは、GRスポーツ→GR→GRMNの順でチューニング度が上がって行きます。GRスポーツは、エンジンはノーマルで、ボディは強度が増やされ、ノーマルの足回りから見直された社外品のダンパーなど奢られていたりします。ステアリング・シート・ボディなどノーマルよりもスポーティにあらためられています。

GRスポーツはライトチューン中心なので、トヨタでもマークX、アクアやボクシィなど幅広いモデルで展開されています。

 

コペンGRスポーツは、ダイハツとトヨタで販売されています。ほかのダイハツからトヨタにOME供給されているモデルは、普通は車名が変更されていますが、車名が変更されずそのままコペンで販売されています。

アフターパーツもダイハツとTRDからそれぞれ発売となっていて、TRDからOMEとはいえ他社モデルのアフターパーツが売られることは初めてのことです。

 

軽自動車オープンスポーツでは、ライバルとなるホンダS660。ホンダ伝統のSを名のるだけあってガチンコスポーツとなるS660は、運転席後ろにエンジンを積むミッドシップ。そのためトランクが小さく荷物の積載能力はあまりありません。

 

ダイハツコペンは、FFなのでトランクには荷物が積めます。FF駆動なので、路面状況が多少悪くとも問題ありません。

ルーフもコペンはボタン一つで開閉可能な電動式なので簡単にオープンスポーツを楽しめます。普段使いなら断然コペンのほうがS660よりも使いやすいでしょう。ダイハツそしてトヨタとも、もっととスポーティな軽オープンスポーツでないとS660には立ち向かえないことを自覚していることからコペンGRスポーツは生まれたのでしょうね。

ベースとなったのはローブで、前後バンパーはGR専用デザインとなりブッラクアウトされデザインが変更された開口部の印象はかなり凛々しくなりました。モモのステアリングとレガロのシートにはGRのロゴが誇らしげに入ります。ダンパーはKYB製ショックが奢られ、普段使いからサーキットまで難なくこなしてしまうしなやかな乗り心地になっています。

 

ボディの補強には、シャーシ下部にブレースが追加されボディ硬性をアップ。そのため不要な振動が減り走りの質感向上になりました。床下に取り付けたスパッツで、空力を制御して安定した走行を楽しめます。さらに足回りはGRスポーツ専用の16インチBBSのアルミホイールがおごられます。

 

搭載エンジンは、660cc直3ターボエンジン。規制値一杯の64PS。スペックでは、ノーマルのコペンと全く同じです。ホンダのタイプRで行われているようなエンジンのバランス取りをすればストレスなく気持ちよく回るエンジンとなります。是非ともコペンGRスポーツの次期モデルには、バランス取りエンジン搭載を期待したいところですね。

駆動方式は、FFのみ。ミッションは、5速MTとCVTです。5速MTには標準でLSD(リミテッド スリップ デフ)装備され、より高い旋回性能が得られました。CVTは、7速スーパーアクティブシフト付きCVTでパドルシフトが標準で装備。ステアリングから手を放さずマニュアル感覚の操作が楽しめます。

 

モモのステアリング、レガロのシート、BBSのホイールが標準装備となったコペンGRスポーツ。価格は、CVTが238万円で、5速MTが243万5000円(ダイハツ HP 参照)とMT車が高くなっています。

 

2代目コペン(2014年~)

 

初代コペンの生産終了の1年10か月後に、登場した現行コペン。ボタン一つで開閉自在な電動オープントップは、もちろん引き継がれています。

ボディデザインは、ローブ・エクスプレイ・セロの3タイプ。ボディは脱着構造の「Dress-Formation」が採用され、ボンネットフード、トランクフード、バンパー(フロント/リア)、フェンダー(フロント/リア、左右各1個ずつ)等とヘッドランプ・リアコンビランプを脱着交換が可能になりました。交換は、ダイハツのディーラーで行ってもらえます。パーツ代は、約30万円。お手軽にイメチェンできる優れ技ですね。

 

セロは、丸型ヘッドランプに丸型テールランプのデザインで先代モデルをイメージしています。現行モデルで一番売れているモデルです。セロには、限定200台で販売されたクーペボディの希少モデルもあります。

 

コペンは、ダイハツのラインアップで唯一、5速MTが設定されているモデルです。さらに、ダイハツの先進的安全機能「スマートアシスト」も搭載していません。

 

ローブ・エクスプレイ・セロには、足回りを強化し特別装備が施されたSがあります。ビルシュタイン製ショックアブソーバー、モモのステアリング、レガロのシートなどで足回りはかなり硬めでGRスポーツのほうがしなやかに感じられるかもしれません。

 

価格は、188万6500円(ローブ CVT)~217万8000円(セロS 5速)です。

 

2代目コペンの中古車価格は、約80~420万円。平均価格は、約150万円となってます。

 

初代コペン(2002~2012年)

 

コンパーノスパイダーやリーザスパイダーのオープンスポーツの流れを組む、軽オープンスポーツのコペン。

ABC戦争などと軽スポーツが華やかだった90年代からすっかり沈静化した2000年代に突如登場した軽オープンスポーツ。先に登場したスズキ・カプチーノやホンダ・ビートが生産中止となったことから、商機ありとみて軽オープン市場を独占しました。

 

ボタン一つで、収納可能なアクティブトップは初代から装備されています。開閉にかかる時間は、僅か20秒。この快適さは、一度経験したなら忘れることはできないでしょう。手軽にオープンに出来ることからコペンの人気は高まりました。

 

搭載エンジンは、今では消滅してしまった660cc直4DOHCターボ。今ではどこのメーカーも作っていない直列4気筒の軽自動車のエンジンは実に貴重なものです。

スペック的には、現行モデルと同じですが、直3と直4はやはりエンジンフィーリングが違うものです。この直4エンジンが好きで初代コペンを乗り続けている方もいるほど。

 

丸型ヘッドランプに丸型テールそしてボディラインも丸っこい曲線が生かされています。

 

初代コペンの中古車価格は、約10~268万円で、平均価格は約69万円です。

 

貴重な4気筒エンジンの初代コペンを楽しむのをよし、資金に余裕があるなら最新型のコペンGRスポーツを楽しむのもあり。気軽にオープンエアーを楽しめるコペンを手に入れてみませんか。

ニュース・コラムカテゴリの最新記事