【車購入の基礎知識】クルマのヘッドライトにはどんな種類がある?キセノン、LED、レーザーなどどれが最も明るい?

【車購入の基礎知識】クルマのヘッドライトにはどんな種類がある?キセノン、LED、レーザーなどどれが最も明るい?

出典元:https://www.photo-ac.com

クルマのヘッドライトの構造はどうなっている?

ロービームとハイビーム

ヘッドライトには、ハイビームとロービームという2つのモードがあります。

ハイビームは100m先の障害物、ロービームは40m先の障害物を照らすことができるように規定されています。

この数値から考えると夜間の走行にはハイビームの使用が向いてますが、実際にはほぼロービームをつけっぱなし、というドライバーが多いといいます。

道路交通法では対向車とのすれ違いや先行車のすぐ後ろを走行する際の消灯、もしくは減灯=ロービームへの切り替えることが義務付けられています。

ロービームはすれ違い用前照灯、ハイビームは走行用前照灯と道路交通法で定められています。

ロービームは必要な時のみ使用し、夜間は基本的にハイビームを使用しましょう。

HI/LO切り換え式ヘッドライトとは?

出典元:https://www.photo-ac.com

2灯式、主にH4型バルブの場合は一つのバルブでロービーム、ハイビームを切り替えています。

キセノンやLEDにヘッドライトを交換する場合、従来はロービームしか使用できず問題がありましたが、近年ではその欠点を補うHI/LO切り換え式ヘッドライトが登場しているようです。

バルブの光点をスライドさせるスライドタイプ、光源を2つもつタイプなどがあります。

プロジェクターライトとは?

従来のライト(リフレクターライト)は光源の後ろに反射板を設置して光を反射させ、ライトを照射させています。

レンズに光を集めて配光するので、暗闇との境目がはっきりし、無駄な部分に光を漏らしません。

リフレクターライトよりも小型化し、現在では多くの車に取り入れられています。

H4、H3などバルブの規格とは?

メーカーや車種によってヘッドライトのバルブは様々な形状があり、H4やH3などはその種類を表しています。

かなりの種類があり、ヘッドランプの交換を考える際にはまずこのバルブの種類を確認することから始まります。

同じメーカーだから同じ規格、というわけではなく、それぞれの車種やグレードによっても異なるので注意してください。

ヘッドライトにはどんな種類がある?各バルブのメリット・デメリットとは?

出典元:https://www.photo-ac.com

ハロゲンヘッドライトのメリット・デメリット

一番最初に登用したのがこのハロゲンタイプ。フィラメントに通電して発光させています。

柔らかく優しい光が特徴で、赤みを帯びた色合いです。

家庭用の照明でもLEDが主流になりつつありますが、この色合いを好み、あえてハロゲンを使用するという方もいるそうです。

LED照明の電球色、というものもそういう一定のニーズから生まれたのでしょう。

他のタイプに比べて熱を持ちやすく、ヘッドライトに雪が積もりにくいというメリットがあります。

carteacher

カスタム&パーツカテゴリの最新記事